Entries

「言葉」

今日の朝日新聞の天声人語に次のように書いてありました。
「政治にとって言葉は命。言葉を大事にしないと、政治が貧しくなる」。

私は国文学出身なのですが、「言葉」にはいろんなタイプがあると思います。
文章にすると心に響く言葉、音声にすると輝く言葉。

そして言葉は宝物にも凶器にもなる。

言葉は大事。だけどそこに魂が宿らなければただの記号です。
どんなに耳に心地良い言葉を言っても、情熱のある話し方をしても、そこに信念がなければ空疎な記号です。

どんなにきれいな言葉を普段使っても、そこに行動や信念が伴わなければ、ふとした一言の中にボロが出たりもする。

言葉でだけきれいに繕おうとしても、最後には言葉のどこかが必ずその人の本当の心につながっているのかも知れません。

これまた言葉の面白さであり怖さであるかも知れないですね。
スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ