Entries

日曜日の出来事その② 和力

私の従兄弟が和力という団体をやっています。


和太鼓だけではなく、独楽や獅子舞など、日本の伝統芸能をやる団体です。


伝統芸能をやる団体…大切だなあとは思うけれど、わざわざ見に行きますか???


それは福祉も同じ。大切なものだってことは多くの人に分かるけれど、でもあえて関わりたいと思いますか?


私がもし福祉とは関係ない会社に就職してたら、気になりつつも少し距離を置いて眺めるんじゃないかなあと思います。


和力の加藤木朗さん―私の従兄弟ですが―からは、いつも、「すべての人に楽しんでもらうためにどうしたらいいか」という思いを感じます。


少し距離を置いている人に、少しでも近づいてもらうために何ができるか。


私が今練馬でやろうとしている活動も同じ。ただ一部の人ではなく、すべての人が幸せになるために、今まで関心のなかった人も含めて地域みんなで良くしていくために何ができるか―


私はいつもそのヒントを、和力からもらっている気がしています。


和力の舞台は本当に素敵です。従兄弟であることに関係なく、とても素敵です。


うーん・・・語彙の限界(笑)


いつか練馬でも企画しますからぜひおいでください。百聞は一見に如かず。


 


29日の公演は、吉祥寺で行われました。私は前回日記に書いた同窓会を抜け出して、若干遅刻して参加。


今回は、横山茂さんという歌い手さんと合同のコンサート。


横山さんはシベリアに抑留されていた方です。現在80歳。


捕虜になっているときに、そばにいるひとたちを励ましたいとの想いから歌い始めた人です。


その後、戦後仕事を探す人々を励ますために職安の前でも歌うなどの活動を重ねた後、秋田に移り「わらび座」という団体を作りました。


わらび座をやめた後、神奈川に移り住み、薬屋をやりながら時折コンサートを開く活動を続けてきたそうです。


そんなわらび座で活動をしていたのが、私の叔父でした。


その中で生まれ育ったのが私の従兄弟・加藤木朗。


 


横山茂さんは現在、アルツハイマーを患い、介護保険の分類である要介護4になっています。


要介護4…私はヘルパーの仕事をしてますが、かなり重いです。


 


日常会話もままならない中、歌い続けています。


 


私が和力に関わり始めたのは昨年から。親戚関係は今まで薄く、親戚とは「法事で会う人」だと思っていました。


でも和力を知って、活動のみならず、その根底に流れている理念に、私は心を奪われました。


そんなつながりから知り合った横山茂さん。


今回のコンサートを聞いて、初めてお会いした1年前よりも格段に記憶力が落ちている横山さんを感じ、なんともいえない切なさも感じました。昨年初めてお会いしたときには、日常会話がままならないなんて分からないくらいに完璧な歌を披露していただいたのに、お会いするたびに増えていく「歌詞が分からない部分」というのが、切なかった。


私は横山さんの歌の中で「鶴」という歌に一目ぼれ?一声ぼれ?をしました。


改めて歌詞を読んでみて、たぶん横山さんの声で聞くと何倍も素敵なのに、と思いました。


横山さんのCDも出るそうです。ぜひ聞いてみてください。


 


戦争を前提とした歌ですね。横山さんの伴奏をしている安達さんのお話によると「ロシアでは、人は亡くなった後も鶴としてよみがえるという言い伝えがある」とか。


でも、戦争ということだけではなく、人と人との間に生まれる情感すべてに共通する思いを、「鶴」という歌を聴くたびに感じます。


 



空を飛ぶ鶴の群れの中に あなたはきっといる


きっと この私を 待っている


激しいたたかいの日も 空に群れて飛ぶ


美しい鶴の群れ あなたはそこにいる


 


いくさにいのち捨てても 死んではいない


あなたは きっといるきっと生きている


この私を待っている


激しいたたかいの日も 空に群れて飛ぶ


美しい鶴の群れ あなたはそこにいる

スポンサーサイト



日曜日の出来事 その① 桐朋同窓会

29日の日曜日には、いろんな人との出会いがもりだくさんでした。


今日はまず、一つ目の「桐朋同窓会」について書きます。


私は、調布市にある桐朋女子中学校、高校を出ました。


私は大学を出た後にさらに専門学校にも行っているし、よっぽど学校好きなのかというほどたくさんの学校に行っていますが、桐朋は特別に「帰属意識」を感じる学校です。6年間も通っていたせいでしょうか…。


非常にユニークな学校でした。


まず入試が2日間あり、ほとんど面接で成り立っていた。


私の入試…ああ、かれこれ15年も前ですが!


一つの物語を読んで、最後に主人公が何ていったのか、それぞれ自分で考える、というような問題でした。それを、面接で先生に説明するの。


答えがあるわけではない。その物語を読んで、何を感じたのか自分の言葉で説明できるかどうか、を見られていたんだろうと思います。


理科系の問題でも、雲ができるのは、気温の関係だというようなことを聞いた後に、では部屋の外と中で温度差ができることで窓に水滴がつく仕組みについてどう考える?というような質問を、されたような…。


今までに基礎知識があったかどうかではなくて、今聞いたことの中で自分はどう判断するか、考えるかを問われる内容で、受験といえども楽しんで2日間を過ごした記憶があります。


桐朋の6年間はすべてがそうだったと思います。


周りがどう考えるかではなくて、自分は何をしたいのか。自分で考えてやった行動については、お互いに認め合うような空気もあったと思います。誰かがやってるからやるのでもなく、誰かに言われたからやるのでもなく、自分の頭で考えて正しいと思ったからやる、ということを学んだ6年間でした。


桐朋にいた間は、どちらかというとおとなしくしていたように思いますが、卒業してからしみじみ、たしかに私は桐朋の卒業生だなあと感じています。


29日は、その桐朋の同窓会でした。


私の学校は調布にあって女子校でしたが、国立に男子校がありまして、そちらとも合同の同窓会。しかも、創立以来のすべての人が対象でした。同窓会設立60周年の会だったとか。


なんでだか、私の学年は私しか来てなかった(ダメじゃないか、55期紫…)んだけど、同い年の男子校の人ともお話ができて、楽しい時間でした。


久しぶり!な先生方ともお会いできたし。


英語の先生に「あらー。加藤木さん、同じ顔のままねえ」としみじみ言われて若干複雑な気分になりましたが。。


 


いろんな人と会えて、とても豊かな気持ちになれました。


桐朋だけじゃなくて、自分がやりたいこと、やるべきことを自分の頭で考えられるような教育が、日本の中に増えていくと良いなと思います。

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ