Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シチズンシップ教育

11月30日は、知人から紹介してもらって、自分の生活に基づいた活動をしている議員さんに会いに行きました。都外ですが。


その「ツアー」の中で、埼玉ローカルマニフェスト推進ネットワークの事務局をしている聖学院大学にも出かけました。


私の活動拠点は都内の練馬区ですが、私の思うことと共感しあえる人がたまたま埼玉にいたので、出かけていったのです。


埼玉のローカルマニフェストネットワークは、7月に結成記念フォーラムをやりましたので、私はそれにも出かけました。


 


11月30日には色々と感銘を受けた出会いがありましたが、ここではローカルマニフェスト推進ネットワークの中で取り上げられていたシチズンシップ教育について書きたいと思います。


 


7月のフォーラムで言われていたのは、中学生が自分の住んでいるまちについて自分で考え調べる中で、身近に地域の課題を感じ、解決法を探っていけるような教育というものを取り上げていました。


 


私自身が練馬で活動している中で時々感じること。


若者は政治に関心を持ちにくい。


でも、若者よりもさらに若い世代-子どもは意外と見ている。


「桜子さん!」と呼びながらチラシを受け取ってくれた小学生。


「ポスターをよく見ています」と言ってくれた中学生。


「さっきも会ったね」と声をかけてくれた男の子。


 


私自身、子どものころから自分のまちの議員さんにはちょっと関心があった。


16,7の頃には、「もし自分が投票に行くならば」と考えてみることもあった。


 


子どもは色々なことに関心がある。


 


政治のことに限らず。社会のどんなことにも。


 


私は以前、保育園でバイトをしたこともありました。


子どもはやる気に満ちていた。


お手伝いをしたくて仕方ない子もたくさんいた。


でも、私の働いた公立の保育園では多くの場合、怪我をさせないためなのか、お手伝いはしなくてもいい、といって子どもは追い払われていた。


 


子どもが青年になる中で、世の中に関心を持てなくなっているとしたらなぜだろう、としみじみ考える。


 


せっかく持った関心の芽を、大人が摘み取ってしまうからではないか。


 


お手伝いをしようとすれば、「むしろ邪魔だからあっちに行ってなさい」という大人がいる。


子どもなりに政治に関心を持とうとすれば、「子どものくせに」と言われる。


 


「それならば何も考えずにいたほうがいいじゃないか。せっかく考えようと思っていたのに。面倒くさいな。」


そうやって、はじめは輝いていた子どもの目が、だんだん動かなくなって、そして社会の出来事に無関心な若者へと育っていってしまっているように、私には思えます。


 


 


さてここでようやく話を戻してシチズンシップ教育。


自分のまちについて、自分で実際に歩いてみて、課題を実感して、声をあげていく教育。


 


自分の住んでいる地域について学ぶというのは今までも小学校でやってきたと思います。


私は小学校の頃は千葉県の松戸に住んでいたので、小学生の頃の社会科では「のびゆく松戸」とかいう教科書を使って、松戸の勉強をした覚えがあります。「梨ができる」とか。


そしてテストでは、“松戸情報”を丸暗記していた記憶が。


 


私はあちこちを転々として育ったせいもあるかもしれないけど、その頃の私は、子ども心にも、「なぜ松戸のことを勉強しなくちゃならないんだろう。もし、別のところに引っ越したら、この勉強は無意味じゃないか」と思って、あまり好きな教科じゃなかった記憶があります。


 


同じ地域の勉強をするんでも、もし、自分自身でまちを歩いて調べてみて、課題を見つける勉強だったら、もっと楽しめたのではないか。たとえ別の場所に引っ越したとしても、その「地域について調べてみる力と意欲」は生かすことができるし、年齢を重ねるごとに社会の課題に向き合うスキルとして普遍化できたのではないか、と思います。


 


そしてそれは、大人から押し付けられたり否定されたりすることのない、主体性を育てる教育になるのではないかと。


私の今の活動に対して関心を持ってくれる子ども達が、そのままの好奇心でこれから先ももっといろんなことに出会っていけるような教育方法を確立していければと、一応は教員免許も持っている私は考えたりもするのです。

スポンサーサイト

ALS/MND国際シンポジウム

私が現在働いているNPOは、ALSという神経難病の方の支援を中心とした活動をしています。


私も、都内で生活するALSの患者さんのお宅に伺ってヘルパーの仕事をしています。


ALSは、だんだんに体が動かなくなってしまう病気です。私が支援している方もそうですが、気管切開をして人工呼吸器をつけて生活している方もたくさんいらっしゃいます。コミュニケーションは、まばたきでの合図や50音の書いた「文字盤」を目で追うこと、センサーを使ったパソコンの使用等です。


気管切開をして人工呼吸器をつけて生活をしていらっしゃる方は、痰の吸引が必要となるため、24時間の見守りが必要になります。家族だけではかなりの負担になる。だから、在宅で生活を続けている人工呼吸器の使用者のために、24時間の支援体制を確立するべき、というのが私の働くNPOの考えです。


 


ALSの方や神経難病の方のための国際シンポジウムが毎年開かれているのですが、今年は横浜でありました。(ALS/MND国際シンポジウム


私のNPOも調査研究を行い、このシンポジウムで発表しました。


 


東京都23区内で、神経難病により人工呼吸器をつけている方を支援している事業所を探す。(事業所リストをもとに電話をかけて。)


対象者がいる事業所にお願いしてアンケートをやってもらう。


約1000ある障害者対象のヘルパー事業所にこつこつと電話をかける作業を、私もこの春からずっとやっていました。


実際にお邪魔してお話を伺った事業所もいくつか。


現在の国の制度ではうまく行かない部分を補うためにボランティアを養成するためのNPOを立ち上げようとしている団体、障害者支援はヘルパーだけでは足りない、とグループホームを立ち上げようとしている団体のお話も伺いました。


制度にとらわれずに本当にニーズに対応しようと工夫している団体の方の顔は輝いています。そんな方のお話を聞くと、元気をもらうことができました。


でもまだまだ、細かなニーズに対応できる事業所の数は少ない。当事者の方も、自分らしい生活を確立できている人は少ない。


それが、調査をする中での私の実感でした。


 


必要な人が必ず使うことができるように制度を充実させることが必要です。


ただ、一方で、「制度だけじゃとても支えきれない」とボランティア養成を考えている団体というのも、ヒントになると思いました。


私がお話を聞いた団体は、ターミナルの患者さんのための話し相手や、亡くなったあとのご遺体のケアやご遺族のメンタルケアの部分をより充実させていくために、ボランティアさんとのネットワーク作りをしたいという話でした。


生活を継続させる上で必要な最低限のことは当然制度で補うべきだと思いますが、必要最低限のみではなくてプラスアルファの何かがあるから人の生活は潤ったり楽しかったりするのでしょう。プラスアルファの部分の工夫も必要になってくると思います。


 


そんなことを考えつつ、まとめた調査の発表をしたのが、11月29日でした。


場所はパシフィコ横浜。


他にも、人の手を使わずに定期的に機械が吸引してくれる装置を開発している方や先駆的な試みをしている施設の報告、難病の方の性の問題に取り組んでいる人などの発表もありました。


当事者の方も数多く来ていらっしゃいました。


私は参加できなかったのですが、29日の夜には、日本ALS協会の20周年記念の会もあったということで、翌朝のNHKのニュースでも取り上げられていました。日本ALS協会は、今よりもっと支援が足りずに困っていた時代から活動を続けている団体です。当事者の方が会長をしていらっしゃる。


いくつかの新聞では当事者の方についての記事も載っていました。


地道に一歩ずつ頑張る当事者の方やその活動を、きちんと取り上げようとしているマスコミの人がいるということにも、ちょっと感動したのでした。

お久しぶりです


毎年思うことですが、秋から年末にかけての時間の過ぎる速さはとても早いですね・・・


というわけで、1ヶ月近く更新できず、失礼いたしました。


この1ヶ月にあったことを、まとめて何回かで報告していきたいと思います。


 


 


まず今回は、11月18日の小川敏夫参議院議員のバス旅行について。


練馬を中心に活動していらっしゃる参議院の小川さんのバス旅行に同行させていただきました。行き先は江ノ島、横浜。


私は大泉学園に住んでいますので、バスも大泉地域の方とご一緒して楽しい時間を過ごしました。


私の母校の慶應は、日吉に校舎がありますが、これが横浜です。大学時代の友達の多くも横浜に住んでいたので、学生時代は横浜にいることが多かったです。


大学を卒業して夜間の福祉の専門学校に入ったので、時間の余裕もなくなり、横浜に行ったのはとても久しぶりでした。


学生時代には感じることのできなかった、ゆったり流れる時間を感じてきました。


HI350050.jpg  HI350049.jpg


写真は、夕暮れの時間の赤レンガ倉庫。


土曜日とあって行きも帰りも道が混んで大変でしたが、バスの中でゆっくりお話ができた時間も楽しいひと時でした。


 


横浜といえば。行ってみたいけれどもまだ行ったことがない場所があります。


寿町。


長年、日雇い労働者の集まる「ドヤ」街と言われてきたところ。


日雇い労働者の高齢化が進み、街に活気がなくなっていた。


活気を取り戻そうと頑張ったNPOがあって、若い人が泊まることのできる安い宿を作ったんだとか。


日本のあちこちで進む高齢化。その中でも楽しくいきいき生きていくためには、発想の転換も必要なのではないかと、寿町のNPOの話を聞いて思っています。


近いうちに寿町に出かけてみたいと思っています。


ゆったりと時間の流れる素敵な街である横浜と、一人ひとりの人が生活をしている空間である横浜。私自身学生時代をすごした場所でもあるから、もう少し知っていきたいと思う今日この頃です。

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。