Entries

花子ちゃん(仮名)のこと

私が駅頭での挨拶を始めたのは昨年の7月でした。


なんだかうつむきながらぼそぼそしゃべってたねえ、と今も言われますが(^^;)覚えていてくださってありがとうございます・・・


私が立っている駅は、大泉、石神井、保谷なのですが、特に大泉と石神井は練馬の中でも乗降客の多い駅なので、初めて立った時には目が回りました。すごい人数が歩いているので。


だから、地面を見て、ボソボソしゃべっていたのです。元々血圧が低いので、めまいがしそうだったもんで・・・(^^;


で、あんまりボソボソしてるから、特に初期にはいろんな方が心配して手伝いに来てくれてました。私の父も、休みを利用して駅に一緒に立ってくれていました。


 


ちょうど昨年の今頃だったか、雨の多い時期。


降るか降らないか微妙な状態で、暑いんだか寒いんだかも微妙な中、とある駅に立っていました。


不慣れな父がドキドキしながら一生懸命「おはようございます!」を連呼して、8時半に終了。


「今日、小学生に話しかけられたよ」と、(*_*)こんな顔をして戻ってきた。


雨が降っている中、「ああ、雨が降ってもちっとも涼しくならないのね」と言って去っていった小学生がいたと。


赤いランドセルを背負ってるけれど、まるでおばちゃんみたいな挨拶をしていく子だと、あっけにとられていた私の父・・・


 


ふーん、そんな子もいたのね、と思いながら、日々を過ごしていましたが、ある日のこと。


「あなたはかとうぎ桜子さんですか?」と話しかけてくる女の子。


私は、朝の挨拶にだいぶ慣れてきたものの、まだオロオロしながら精一杯話している状態。女の子は、ちょうど私の半分くらいの大きさ。まさか半分の位置から話しかけられるとは思っていなくて、かなり驚きながらその子を見る。


花子ちゃん「こんにちは。あなたはかとうぎ桜子さんですか?私は花子(←ちなみにこれは仮名)といいます。今日は暑いですね。」


私「あ、はい、私はかとうぎ桜子です。あ、どうも、はい、ありがとうございます・・・」


多分、父に話しかけていった子も、この花子ちゃんなんだろうね、ということで、朝の駅では結構いつも楽しみにしています。


「今日は、近隣の学校の先生が授業を見学に来るのでちょっと緊張。」


「私は6年生なんだけど、今日は1年生の子と交流会をします。」


「今日はプールです」


そんな、まるで日記の一文のような一言を残して花子ちゃんは去っていきます。はて、なんと返事をするべきか、と考えているうちに「ではさようなら」と歩いていってしまう。


週に1,2回はこの花子ちゃんに会うので、ああ、今日の花子ちゃんは何を言うかしら、思っています。


 


8月の朝の駅の挨拶、何かひとつ足りないものがあるとしたら、この花子ちゃんの挨拶ですね。花子ちゃんは夏休みだからです。


ちなみに、最後に会った、7月頃の花子ちゃんは、「桜子さん、私のことを覚えてますか?」とまず言いました。


そりゃあ、小学生で話しかけてくる子はほとんどいないから覚えてるよーと思っていると・・・


花子ちゃんは「桜子さん、倉田麗華さんには会いましたか?」と言う。


私「あ、はい、会いました、同じ区議ですから」


花子ちゃん「ふむ。ではさようなら。」


ふむ・・・って・・・


あの、えーと、ご意見も残していっていただけるとさらにありがたいんですが・・・と切なく花子ちゃんのランドセルを見送っています。


さて、9月に入りましたから、きっと明日の朝以降はどこかで花子ちゃんと会えるに違いないと、ちょっと期待をしております。


かとうぎ桜子を育てる会

スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ