Entries

①現実逃避 ②予算要望 ③社会福祉事業団

①現実逃避


9月下旬に一般質問をすると内定しているのですが、そのためには9月中旬には内容を決めておかなくてはいけない。皆さんからのご意見を基にして作るので、項目としてはもう決まっているのですが、そこから先がなかなか進まない・・・まるで夏休みの宿題を前にして悩む小学生のような状態です。


「一般質問のためには、知りたいことを区の職員さんに教えてもらえば良い」と先輩からアドバイスはもらっているのですが。でもまずは自分の手で、実践現場の最先端について調べた上で最終的に練馬区の現状の確認をしたいと私は思っているので。でも頭で思うようには実際の能力が追いつかず、なかなか思うようにいかない(^^;


ふと気づくと現実逃避の行動をしています。


議員がいる区役所西庁舎の蛍光灯は、普段は節電モードになっていて、人が近づくと反応してちょっと明るくなる。そんなことに気づいてしまった。


最初は目の錯覚かなと思ったんですが、何度やってみてもやっぱり間違いない。


ちなみにこれが会派控え室の前の通路です。


070904_1754~0001.jpgこの蛍光灯が、近づくと明るい色に変わるのです。


ほほー、さりげなく手の込んだことをしてるんだなあと思いながら、この数日は上を見上げながら歩いています。


で、ふと、一体どうしてこのデンキは私の存在が分かるんだろうかと思いまして。


デンキの不意をついて、突然走り抜けたらついうっかり明るくなるのを忘れたりするんだろうかと思って。


ためしにダーっとこの廊下を走りました。


しかし・・・


私自身が走っているんだから、蛍光灯の微妙な変化なんか見えないではないか。


エレベーターの前まで走って、ふと、我に返りました。この馬鹿な姿、誰にも見られなくて良かった・・・。


②予算要望


今週は区内のいろんな団体の方が、予算要望でいらっしゃっています。


うちの団体はこういう活動をしたいけれど、資金が足りないから、区の仕組みとして支えてください、というもの。


いろんな団体があるんだなあと思いながら話を聞いています。


来ている方は、要望の方式に慣れているのかもしれませんが、自分達の活動の意義、歴史、展望ということを分かりやすくまとめていらっしゃる。決して過度に「区はお金を出してくれ」と言っているわけではないことが多い。本当に、区民生活に必要な活動をするためには、これだけのお金はかかるだろうよねえ、と納得させられる話が多い。


本当はどんどん私から聞きに行くべき内容を、予算要望ということで区民の方のほうが来てくださって聞かせてくださってるんだからありがたいことだと思っています。


そんな声を聞くにあたっての、議員の対応の仕方というのに工夫が必要だと感じています。


一番初めの思いを聞くということ―福祉のほうでは「インテーク」といっていますが―限られた時間の中で、お話している方が一番言いたいことを、適切な質問によって引き出していくことです。


予算要望が必ず実現できるとは限りませんが、でもせめてその声を受け止めて、なんらかの形にしていくことが必要だと思うから、「インテーク」の力は、議員が持つべき専門性の一つなのではないかなと思いました。


「演説」をはじめ、議員はとかく、自分がしゃべるものだと思ってしまうところがあるけれど、本当は聞くことのほうが大切なんじゃないかなと思っています。私は、聞く力をつけていきたいなと思います。(←演説が下手だから言い訳をしているというわけではありません263


③社会福祉事業団


今日は、社会福祉事業団の評議員会がありました。


練馬区社会福祉事業団は、区内で高齢者のデイサービスや特別養護老人ホーム、地域包括支援センターなどをやっている社会福祉法人です。


私は区議会議員になって、その社会福祉事業団の評議員になったので。


先日、区の収入役を引退された方が今度社会福祉事業団の理事になるという話がありました。そして、理事になった暁には理事会で諮って理事長にしたいんだという話。


まず「天下り」という言葉が頭に浮かぶ。


当たり前の感覚からしたら、「なんでついこの前みんなに見送られて退職した区の収入役が、すぐに社会福祉法人の理事長になっちゃうんだろう」と思うのです。


しかし、正直外郭団体の役員の多くは区の関係の人なのも事実でしょう・・・。納得がいかないんだけど、どうやって意見を言えば良いんだろう、とここのところ永らく頭を悩ませていました。(悩んだ挙句に現実逃避で蛍光灯を眺める。)


で、とりあえず現在の役員さんの一覧表をもらってきて眺める。理事11人のうちの2人が区の職員で、あとは医師会とか社会福祉協議会の会長とか。事業団の施設長も1人入っている。


今回の人事がどうかという話の前に、やっぱ役員の中の区の職員の割合は高いよなと思う。だって、他はそれぞれ1人ずつなのに、区の職員だけ2人入ってるんだから。


社会福祉事業団っていう団体のことは、私は福祉の仕事をしている時から「ほとんど公立と同じような団体」と認識していたけれど、そもそも一体何なんだ!?と改めて思う。一応社会福祉法人なんだから民間団体のはずなのに。さらに言えば、評議員になんで区議会議員がいるんだ。私も含めて当て職で7人もの区議会議員が入っているのです。


・・・しかしこうなってくるともはや、「なぜ私はここにいるのだろう」という、哲学的な言葉が頭に浮かび始めて、わけが分からなくなってくる。


んんんー、さてどうするか、と頭をかきむしりながら、評議員会に参加。


今まで、それぞれの施設の施設長は区の職員が多かったんだけど、プロパー(生え抜きの職員)を管理職にしようと努力をして、今はほとんどがプロパーになったんですよ、との説明がまずありました。


で、各施設の事業報告がありましたが、面白かった。施設によっては、就寝前に交流するカフェをやってるんです、というところがあったり。プロパーの人が管理職になると、自分がかつて現場でやってみたいと感じたことを実現させられるようになるのかなと思った。


そう考えたところで、ようやく言うべき意見が固まった。現場の管理職をプロパーにしようと頑張ってるのに、なぜ役員は区の職員が多いんだ、ということ。今、民間委託なんかが進んでいる中で、民間の力を生かそうという声があったり、地域の中の力を生かそうという声があるのに、なぜ役員だけは区の職員なのさ、と。


「今回の理事長は非常勤職員という扱いで、給料も16万でそんなに高いわけでもないし、今まで事業団のために一生懸命やってくれたから来ていただきたいとお願いしたわけなので、天下りではないんだ」という説明。「役員は区の職員といっても2人だけだし、施設長というプロパーも1人入っていますよ」と。


だって、プロパーは1人だけじゃないか、バランスが悪いじゃないか・・・。


それに16万ってお給料、区の職員さんにとっては大した金額じゃないかもしれないけど、福祉の仕事で16万もらうって、結構大した額なんだけどなあ・・・と思いつつ、改めて資料を見てびっくり。


非常勤の出勤日数、月に4日だって。・・・週に4日だと思い込んでいた。


月に4日で16万もらえるのか・・・。


これに気づいたときにはもう会議も終盤になっていて改めて質問できなかったけど、ひそかに衝撃を受けていました。


月に4日か・・・。福祉職の中には、月に4日しか休みを取れない人もいるし、それでも給料が16万なんて人、民間の小規模な事業所で非常勤のホームヘルパーをやっている人にはいると思うけど、そんな中で社会福祉事業団の理事長は月に4日来ると16万もらえて、それで大した額じゃないっていうんだなあ・・・。


会議中は色々と考えすぎて頭が爆発しそうだったのでよく分からなくなってましたが、終わって時間が経ったら、今頃になってだんだん腹が立ってきました(苦笑)


 


そもそも社会福祉事業団の存在そのものがいまいちよく分からないですよね。


もう少し整理して、また改めて書きたいと思います。


 


かとうぎ桜子を育てる会


 

スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ