Entries

予算②

私からの予算の質問は、無事昨日で終わりました。
質問するために、色々調べたり、考えたりしているうちに、頭がごちゃごちゃになってきて、毎晩、家に帰ってふと鏡を見ると目が真っ赤になっていたので、そのうち、頭のごちゃごちゃが目から流れ出てくるかと思いましたが(^^;)
なんとか流れ出す前に質問を終えることができてホッとしてます。。


さて、先週やった質問の2つ目についてご報告。

練馬区には、「NPO活動支援センター」というものがあります。
法人を取得しているNPOだけではなくて、「区民活動団体およびボランティア団体」も含まれます。
その活動を、支援するセンターなんですね。

ただ、練馬区のやり方が少し分かりにくいのは、「センター」という場所があるわけではないこと。
相談業務を4つの団体が受託をしていて、それぞれ受託団体の中でやっている。
社会福祉協議会と、3つのNPO。
それぞれの団体の活動場所に、小さく「NPO活動支援センター」という表札が出ている、という感じです。

それってなかなか、区民の方に分かりにくいのではないかと思うのです。どこにあるのかも、何をやっているのかも。

「なぜ、4団体に分割して委託したんですか?」と質問したら、「練馬は広いから、1ヶ所ではできないからです」という答え。
でも、それならば、1ヶ所に委託をして、一括管理をしつつ、支所を作るほうが分かりやすいですよね。
例えば、前回のブログで書いた出張所。その中に置く情報コーナーが、ひとつの拠点となったほうが、区民誰もにつながりやすいんではないかと思ったのです。

そもそも、この支援センターを作ろうという話が始まったとき、区民懇談会を開いて、他自治体の状況を見に行ったり、時間をかけて話し合いがあったのです。そこで出ていた声と、今の分かりにくい状況は、ずいぶんかけ離れているのではないかとも思っています。

今の活動内容を知りたくて、受託団体別の報告をくださいと事前にお願いしたら、なぜかなかなか出てこなかったりして。委託しているのにその報告が出てこないなんて、不思議ねぇ・・・と思いながら、予算の質問の準備をしました。ま、最終的には出てきたんですけどね。。
委託をしている事業については、情報を求められたらすぐに出せるようなシステムに、なってないんですかねえ・・・。


なぜ、「市民活動をどう支援するのか」が見えにくいのか、と考えていくと、「協働」の話に重ねて必ず出てくる「民間委託」の話を思い出してしまう。

「協働」と「委託」は、違うものだと私は思うのですが。

委託は、責任は行政になるんだから(保育園の委託の際に散々言われましたからね)、主体は行政で、民間団体と対等な関係にはなりにくいでしょう。

「協働」については、前にも書いたけれど、練馬区としても「住民と行政の共通の領域において、共通の目的を達成するため、課題解決に向けて、主体性をもって自発的に、かつ互いに対等なものとして尊重し合いながら、協力し合う状態」と定義しているわけで、これは委託とは違うはず。

でも、どうも、「協働の事例を教えてください」というと、委託の例を挙げられることが多い気がしています。


そこが気になって、今回の予算でも、「NPOと区との関係はどういうものだと考えているんですか?」と聞いてみましたが、「今後、協議していきます」との答弁。

先に書いた懇談会で長い時間をかけて協議をした上で、NPO活動支援センターを作ったはずなのに、まだこれからもNPOとの関係について協議していくって。。
永遠に協議していくんでしょうかね・・・。


他の議員さんも、このことについては質問をしていました。


とにかく来年度は今のまま続けて、再来年度には改めてあり方を検討したい、というような答弁がありました。

行政が、市民活動を支援する場合には、市民だけではなかなかつながりが作りにくい部分―例えば町会や民生委員等とネットワークを作っていくとか―を担えるというメリットも、本当はあるはずなんだと思います。

せっかく作ったならば、良い機能を果たしていくべきだと思っています。
今後もこれは見守っていきたいところです。

※かとうぎ桜子を育てる会のホームページは
こちら
スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ