Entries

最近言われたり思ったりすること

★梅雨が明けていよいよ毎日暑いですね。今年も暑いんだなぁ・・・。
日差しが肌にぐさっと刺さるような暑さですよね。。
夜、駅の近くで買って来たビールを、学園町の我が家に持ち帰った頃にはぬるくなっているというほど、暑いです。。

★連休明けの昨日から金曜日までの4日間は、大学院の集中講義で、16時30分~21時40分まで授業を受けています。今日は2日目。ちょっと、お尻と腰が痛くなってきた・・・。
「評価」についての授業です。一通り理解したら、練馬区の事業評価にも当てはめて勉強しようっと思っているところです。だから勉強できたらまた報告します

★私が通っている大学院は夜間なので、若い子は学部卒の22,3歳の子から、上は5,60代まで幅が広い。これは、以前通っていた上智の社会福祉専門学校も同じでしたが。
そうそう、上智の時は私も学部卒すぐだったから最年少だったのに、今回は最年少じゃないんだなぁ

今年から、知り合う人は、初めて会う段階で「議員としての私」なんですよね。なんか不思議な感じ。昨年までは、議員じゃない私も知ってる知人がほとんどだったのに。

だから、今年から知り合う人には一様に、「なんで議員になったの?」から始まって、「加藤木さんが最年少なの?」とか「女性は何人いるの?」とか、大体共通の質問をいくつかされます。

ただ、20代の人からの質問は、30代以上の質問とはちょっと違ってユニークで面白い。
「加藤木さんって、議員さんなんですね?議員さんって、選挙に出てなるやつですか?」という質問(笑)
しかも、2人から同じ質問をされました。

「そうなんですよ、こんな私ですけど、一応出たんですよねぇ・・・」なんて返事をしていますが。

そう、普段はぼそぼそブツブツしゃべるから想像がつかないだろうけど、選挙の時は看板のついた車に乗ってマイクを持って知らない人に手を振っていたんですよねー(笑)
あんなことができるなら普段からもう少してきぱきしゃべれたら良いのに・・・しみじみ、火事場の馬鹿力ってあるんだなぁと、1年半前を思い出して目を細めたりしています。

20代の人からは、「加藤木さんって、28歳なんですか?私と1,2歳しか違わないんですね。もっとずーっと年上かと思ってました」とも言われました(T_T)
高齢者のヘルパーをやっていても議員をやっていても、相対的に若いので、学校卒業して以来いつも「若いねえ」と言われ続けていたもので、「ずっと年上」と言われたのはショックでした。。そうか、やっぱり美容に興味がないと老けるのも早いんだろうかと急に心配になってきて、「ほんとに、ずーっと年上だと思ってたんですか?」と、3度くらい聞きなおしてしまいました
笑顔で、「ハイ」とお返事いただきましたが

★最近、時々言われるもう一つの言葉は「加藤木さんは議員としてどう行動するのか?」とか、「議員としてどう考えているのか?」ということ。
たまに突如として言われると、「??」となってしまって、うまく答える言葉が見つからずにいるのですが。

議員になって最初の3,4ヶ月は、「今まで『ヘルパーをやってます』と言ってたのが『議員をやってます』というようになるのが、なんとなく気恥ずかしいな・・・」と思って、「特別職の公務員です」とか名乗っていたこともありましたが(苦笑)

でも、特にはじめての一般質問を終えて以降、色々考えて、腹が立つこともあったり、勉強することもあったり、たーくさんいろんなことがある中で、苦悩しながらも自分自身が今、議員というものを仕事にしていることには誇りを持てるようになってきたと思っています。

私が選挙に出た時に言っていたのは、大まかに言うと、地域の拠点を作りたいということと、情報が分かりやすいような仕組みを作りたいということと、市民参加を進めたいということと、行政が縦割りになっているのを変えたいということだったのですが、実際議員になってみて特に気になるのは、今まで行政が主体となってやってきたことについての情報の出し方とそれに関する市民参加だと思っています。

おかしいじゃないかと腹が立つことがあって、でも腹を立ててるだけではどうしようもないから大学院に入って・・・という具合に、ほとんどの行動は「議員としてどうあるべきか」を考えるための行動だと、私は思っています。

お酒を飲むときだって、区民の皆さんや、何らかの専門性を持った人からの意見を聞く、情報収集の役割が半分以上ですしね。新たな視点を得られるのが楽しいから、お酒を飲む場に行くんだと思うし。

あと3年間は、間違いなく議員でいられるわけだから、その間にやっていることはほとんど、議員として考えてやっていることだと、思うんですけどね。

完全に、議員であるということと関係なく何かをしていることがあるとすれば、道端で猫に話しかけているときくらいじゃないかと思っているんですが。。

だから、「議員として何を行動するのか」「何を思うのか」と改めて聞かれても、「今まで話したこと全部が、議員として考えて言ったことなんだけどなぁ・・・」と思ってしまって、答えようが無いのです。

「議員として」という質問の裏には、もっと深い意味があるんでしょうかね。何か別の視点からの見方がありましたら、ぜひ教えてください。

※かとうぎ桜子を育てる会のホームページはこちら
スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ