Entries

名誉区民のこと


更新が遅くなってすみません。

9月17日から第3回定例会が始まりました。
何度かにわたってご報告していた、「名誉区民」の議案についてもこの日結論が出ました。

結局のところ、元区長に関する2つの議案については、民主の会派では私だけが反対せざるを得ませんでした。

名誉区民に関しては、選考委員会が7月8日に開かれていました。「選考委員会があったから、9月の定例会では議案になるだろう」という話がその頃から出ていて、私はその頃から「元区長だとか、練馬区のために働くのが当然の公職にある人が名誉区民に選ばれるようなことがあるとしたら、それには賛成できない」と会派の中で言って、皆さんと議論していました。

議案として出てきたのは9月10日で、ブログで皆さんにお知らせしたのも議案が出た後でしたが、私は会派の中では2ヶ月前の選考委員会の頃から反対の意思は表明していたのでした。

理由は、過去2回のブログ(こちらこちら)で書いたとおりです。


議案が出てからいきなり反対と言ったわけでもなく、ましてや当日になって急にごねたわけでもなく、2ヶ月も前から言っていたのに会派の中では理解を得られなかったのはとても残念なことです。

色々と思うところはあるのですが、軽々に思ったことを書くと火に油を注ぎそうなので(^^;)、まずはご報告のみ。

ただし、私は私なりにプロセスは踏んだ上で反対したつもりだし、その行動に対する責任はきちんと果たしていくつもりでいます。

それは、時間をかけて少しずつ、いろんな形でご報告ができるかと思います。

・・・面白味のないブログですが(^^;

※かとうぎ桜子を育てる会のHPはこちら

スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

過去ログ