Entries

視察2日目―小樽市

★札幌から小樽への移動はバスでしたが、「右側に座ると海がよく見えますよ」と札幌市の人が教えてくださった。
だから「右側、右側・・・」と呟きながらバスに乗ったにも関わらず、なぜか左側に座ってしまった・・・。なんで言ったそばから忘れるんだろうか・・・。自分で自分の行動にビックリしました。とほほ。

バスが出発する前にハタと気づいたので、無事右側に移動できましたけどね(^^;

空は曇りで、低い位置まで雲が迫っているような中の海を見ました。暗い空と果てしなく続く海を見ていると、どこか違う世界に引っ張り込まれそうな不安を感じてしまうようでした。

★小樽には運河があって、観光地になっている。
たしか私のひいばあちゃんだったか、ひいじいちゃんだったかが小樽の出身なんですが。・・・あれ?祖母だったかもしれない・・・

その景観を保護するための工夫についてのお話を聞いたのですが、私が関心を持ったのは、「小樽運河論争」というものでした。

小樽はかつて札幌と並ぶ大都市だったんだそうです。

それがある時期、急速に衰退し、都市機能はすべて札幌に移行されてしまったんだとか。それで、小樽にはかつての街並みがそのまま取り残されて、時間が止まったような状態になったそうで。

そういえば私が小さい頃に、祖母が「小樽は昔、ニシン御殿というのがあって栄えていたのに寂れてしまって・・・」という話をしていたことがあったなあ・・・と思い出しました。
(ってことはやはり小樽は祖母の出身地か・・・)

戦争で焼けなかったこともあって、古い建物はずっと残っていて・・・だけどその街の良さに、住民はなかなか気づかない。
自分の街の良さなんて、なかなか気づけないもんですよね。

少しでもまちを活性化させるために、すでに使わなくなってしまっている運河を埋めて、道路にするという都市計画が立てられた。

だんだんと工事が進むんだけれど、それでも住民は気づかない。

ところが、あるとき、古くからある倉庫群が取り壊された。そこで、住民が「あれ?これでいいんだろうか」と気づいた。そして、そこで初めて、運河も埋められてしまうということにも気づく。

本当にそれで良いんだろうか・・・ということで市民の運動が始まる。

しかし、すでに都市計画決定がされて工事も進んでいるんだから、容易に変更はきかない。

そんな状況で10年ほどの論争が展開され、全国的にも注目され始めた。
最終的には折衷案として、道路を作りつつも可能な限りの運河を残し、周りの古い建物も残すことに落ち着いたんだとか。

これが小樽の「市民との協働」のはじまりでもあるし、当時関わっていた方が今でも市民活動として小樽のまちづくりに関わっているんだとか。


小樽は古い街並みが残る条件がいくつかあったから、社会全体から注目されたのだとは思いますが、でも、「そこに住む人がそのまちの魅力に気づかないまま、『地域の個性』を失う危機にぶつかる」ということはどの街にもあることではないかと思います。

私は札幌と同様、小樽にも大学生の時に遊びに行ったことがありましたが、こんな運河論争の話を聞くと、ただ観光で見たときには感じられなかった魅力を感じることができました。
個性的な街並みの素敵さだけではなくて、それを守った市民の力を思うと・・・。


小樽ほどまでに個性がはっきりしていることはなくても、その土地その土地の良さは本来はどこでも持っているはずのものなんだと思います。
そこにしかない風景。そこにしかない食べ物。文化。個性のある住民。街ができてきた歴史。

その土地の個性に、まずはそこに住む人自身が気づき、大事にしていくことができたらいいですね。
前回のブログで書いた「グローバリゼーション」とは対極にあるような、地域のあり方であると思いました。

小樽運河論争については、調べてみたら詳細を紹介しているサイトがありましたので、ご紹介。(こちら

とても興味深いので、もう少し調べてまた改めて取り上げたいと思います。
(今、私の事務所には読まなくちゃいけない本がうずたかく積み上げられていますので、しばらく後になるとは思いますが。。)


以上、視察の報告、おしまい。

※かとうぎ桜子を育てる会のHPはこちら
スポンサーサイト



委員会視察―1日目:札幌市

10月30,31日と、環境まちづくり委員会の視察で北海道へ行ってきました。

札幌市の自転車道路と、小樽市の景観計画の話を聞きに。


★初日は札幌。
旧国鉄の電車が走っていた路線が、あるとき廃止になって、新たな線路は少し離れた場所にできたそうです。
それで、古い線路の通っていた場所をどう活用しようか・・・と考えた時に、「幅もそんなに広くないし、自転車と人が歩く道にしよう」ということになったそうで。自転車道路は隣の北広島市にも続いていくらしい。

・・・幅がそんなに広くない、って言ったって、練馬区内には同じくらいの幅で車が両側通行をしている道もあるように思いますが(^^;

081030_1331~0001

自転車だけじゃなくて歩行者も通るから、自転車と歩行者の関係がなかなか難しかったりもする・・・なんていう話もありました。

この道路にはときどき、トンネルがあるのですが、薄暗くて寂しげなトンネルだと、落書きもされるし治安も悪くなる。
そこで、タイルを割って貼り付ける「モザイクアート」を施すという取り組みをしているそうです。

081030_1335~0001

地域の子ども達も参加して、「どんな風にしたらもっと楽しい道にできるか」という知恵を出し合いながら完成させたんだとか。

そんな話を聞いてきました。


★宿泊は、札幌の大通り公園の近く。

宿に戻って少し時間ができたので、周辺を歩いてみました。

081030_1704~0001

081030_1709~0001

札幌・小樽は、7年位前、大学生の時に遊びに行ったことがありました。
だから、埃をかぶった記憶が時々ニョキッと蘇りましたが(^^;

学生時代はあんまり何も考えていなかったけれど、最近はどこか知らない土地に泊まるときには、観光よりも「そこに住んでいる人」を知りたいと思います。

だから観光地でなくて住宅街を見たり、地元の人が買い物に行くような場所を見るのが楽しい。


それにしても、なかなか「この地域の特徴」というのを見つけるのは難しい。ポスターでニッコリ笑っている芸能人は当然同じ人だし、アーケードの商店街があるのも同じ。スーパーで売っているものも同じ。北海道ならスーパーでは鮮魚が豊かであるという違いはありますが。
商店街に軒を連ねる店の看板も、いつも東京で見ているのと同じものばかり。

うーん。

これまた、学生時代はどこでも同じチェーン店のほうがなんとなく安心な気がしていましたが、この数年は、「その地域の、その店にしかいないおばちゃんがやってる小さな店」みたいなのを探すほうが楽しいと思っています。

だから、チェーン店ばかりが軒を連ねているのしか見つけられないと、なんだか宿題を果たせていないような気分になってしまう。

これはどんな街に出かけてもいつも感じるところではありますが、大通り公園周辺は特に顕著でした。

グローバリゼーション・・・。
世界的規模に広がること。政治・経済・文化などが国境を越えて地球規模で拡大することをいう。グローバル化。」(デイリー新語辞典より)

世界全体がつながり合うこと。一方で、どこへ行っても同じで個性がないともいえる。

う~ん、大通公園周辺を見るだけでは、札幌に住む人が日々何を考え、どんな生活をしているのかが見えてこない・・・。残念でした。

かろうじて、ホテルの隣にあるデパートの地下街で、水槽でモゾモゾ動いているカニが売られているのを見て、「ああ、ここは確かに東京ではなくて北海道なんだ」と感じましたが・・・。

地域の特徴って、もっともっと全面に出てくるべきなんじゃないのかな・・・とボソボソ独り言を言いながらホテルに戻りましたが、この呟きに対する答えが、偶然にも翌日の小樽の視察で見えてきました。

長くなりますので、次回に続く。

※かとうぎ桜子を育てる会のHPはこちら

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去ログ