Entries

大人に対する人権教育って・・・

6月の「あしがらさん」の上映会の報告書がなかなか完成しなくてですね・・・
ようやく原稿ができたので、あと数週間で参加者のみなさんに発送できると思うのですが。

ホームレス問題の授業作りを課題にしている清野賢司さん、北村年子さんがお話くださった内容で共通していた点は、「子どもは大人の社会から影響を受けて路上生活者に嫌悪感をもってしまうことがある。でも実際に路上生活者に会ってみれば、『自分達と同じ、普通の人間なんだなあ』と気づくことができる。子ども達にそういう機会を作りたい」というところでした。

路上生活者は自分とは関係のない人、自分とは違う世界の人だと思っていると優しさが通わないけれども、「私と同じ人間が、何かのきっかけでたまたま路上に行かざるを得なかったんだね」と思えれば変わる。

そんな話だったと思います。


私はこのシンポジウムでは司会役をやっていて、当日は実のところテンパって半分頭が白くなりかけながらやってたんですが(^^;)、報告書を作るためにテープ起こしをしながら、改めて色々考えました。

たしかに、子どもは、真実を知れば変わるのかもしれない。
恐れは無知によって起こると思うから、知れば怖くなくなるでしょう。怖くなくなれば攻撃しなくなるかもしれない。襲撃はなくなるかもしれない。

でも、そのためには、子どもと同時に大人も変わらないといけない。
これがなかなか、難しい気がする。


今回のシンポジウムに参加してくれていた小学生が、感想文をくれました。「大人は偏見を持つ生き物なんでしょうか」という趣旨のことが書いてあった。


それで思ったんです。子どもは「自分と変わらない人間だね」と分かることで偏見が消えるかもしれないけれど、大人はそうじゃないような気がするのです。


大人は、路上生活者が自分と変わらない普通の人間だということに、本当は気づいているのではないですかね。

だけど、それを認めたくない。認められない。
認めてしまったら、「自分もいつかは路上で生活する身になるかもしれない」ということになるから。それを想像すると心が痛いから。


路上生活以外の例を挙げてみましょうか。

何か悲惨な事件が起きた時。
被害者についても加害者についても、家庭環境だとか、学校時代の話だとか、職業の話だとか、何か特別な特徴を見つけて、週刊誌なんかで報道されたりする。

悲惨な事件の当事者は、自分とはまったく違う何かを持っていたに違いないと思い込もうとするところが、私達の中にはありませんかね?
だって、私達と何も変わらない「普通の人」の身にそんなことが起きたなんて認めるのが辛いから。
そんな心理が、報道による被害を生むのかもしれません。


だから、路上生活の問題を考えるときもそれと同じだと思うのです。
路上生活になってしまう人はきっと自分とは違う何かをもっていたんだろう、と思い込もうとする。
それが、子どもに対して、「努力しないと、ホームレスになってしまうんですよ」と教え込むことに発展するのかもしれない。

北村さんは、「誰でも間違えることはある。ちょっとしたタイミングで、誰でも路上生活になりうる」とおっしゃっていました。それはたしかに間違いないと思う。
でも、大人は、本当はみんなそれを分かっていて、でも心のどこかで、無意識にそこから目を背けているのではないかと。


だから、わざと強く「路上生活者は私とは違う」と言う。

それは、路上生活者を差別したいんじゃなくて、自分を守りたいということなんじゃないかしら。

子どもが偏見を持つ理由と、大人が偏見を持つ理由は、こんな風に、違うような気がしたんです。


大人の人権教育は、まずは、「自分の安全が侵害されそうな恐怖」と向き合うことなのかもしれないなあ、とふと思ったんです。

※かとうぎ桜子を育てる会のHPはこちら
スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ