Entries

朝の駅での出会い

今日、石神井公園駅北口の駅頭で、今年最後の朝の挨拶をしました。

今日がこの冬一番寒いというから、だるまのように着込んだので、意外と大丈夫でしたが(^^;

朝の駅でチラシ配りを始めたのが、選挙に出る前の年の夏でしたから、かれこれ2年半になります。

毎週毎週駅に立っていると、顔見知りも増えてくるので、ちょっとした「出会いと別れ」を感じることもよくあります。

いつもチラシを受け取ってくださってた方、最近見かけないなあと思っていると、仕事の時間が変わったんだよ、とか、退職したから朝の駅にはもうあまり行かないんだよ、などなどの近況が聞こえてくることもあります。

引越しされる方もいるでしょうしね。

だから当然のことながら季節ごとに少しずつ顔ぶれも変わっていきます。見慣れた顔を見かけなくなるのは寂しいことです。


体調が悪くなって仕事を休んでいるために、「駅では会えなくなりました」とおっしゃった方がいらっしゃいました。
ずーっと気になっていたのですが、その方に、今朝の駅で再会!
「ご無沙汰しました。仕事に出られるようになったんです。」とのこと。

改札に向かって人が流れる中での会話だから、「お元気になったんですね」としか言えなかったけれど、再会できて嬉しかった。

出会いもあり、別れもあり、そして再会もある。
駅に立って挨拶するのは、だから楽しいんです。


そして、体調が悪かった方が無事戻ってこられた姿を見て、6月の「あしがらさん」上映会のときに北村年子さんがおっしゃっていた言葉を思い出しながら、駅に立っていました。


「誰もが完全でなくて、弱点も欠点もあり、遅いこと、小さいこと、間違うことがあること、そういう不完全さを許しあえる、優しさや共感性を育むことができる社会だったらいいのになあと思います。」


朝の駅での挨拶は、来年は1月5日から再開する予定です。

※かとうぎ桜子を育てる会のHPはこちら
スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ