Entries

大泉の桜

随分前にもブログで書いたことがある、大泉子ども家庭支援センター・障害者地域生活支援センターと桜の問題がありますが、(詳しいことはリンクを貼ってある、前のブログを見てください。)2月20日(金)の環境まちづくり委員会で、これに関わる陳情の審査がありました。

もともとこの場所には桜があって、この桜を守ることが第一にあり、それに加えて比較的敷地があるから施設も作るということだったんですね。

ただ、ここにできる施設は子どもと障害者の施設ですから、桜を守るのと同じくらいに、バリアフリーや施設の使いやすさ、そして近隣との交流スペースの確保のことも重視しなくてはなりませんよね。

で、桜は道路に近いところに生えていますから、この管理をどうしようか、となったときに、「歩道として整備しよう」ということになったらしいのです。

つまり、今まではひとつの敷地内に建物と桜の木があったのに、今度は桜の部分だけを道路にします。道路も施設も区の持ち物になるわけですが、でも担当する部署が異なることになる。

練馬区の基準では、施設を作る場合、敷地の3割を緑にしないといけないきまりがあります。
桜部分を施設の敷地内ではなくて道路にしてしまうと、桜の分は施設の緑被率に入らなくなってしまいますから、その分だけ敷地内にはもっと緑を増やすための場所を確保しなくてはならないのですね。そうなると、施設の敷地内が人間にとって余裕のない状態になるのではないかと心配になります。もともとみどりが少ないならば、みどりの確保はもちろん大事ですが、でも、すぐとなりに桜が生えているんだから、なんだか釈然としないでしょう。

それから、私はあんまり建物には詳しくないですけど、でも建ぺい率や容積率のことを考えれば敷地の大きさによって建物の条件が変わってくるだろうということも予想できますよね。

また、桜の季節に子どもや障害者のお花見やお祭りをしようと思っても、道路扱いの場合には警察の許可が必要になりますね。


ここの桜はとても立派で、根っこがぼこぼことしています。
この根っこを傷めずに守るために、植木鉢状に囲うわけですが、根っこが大きい分だけその「囲い」も大きくなって、「歩道」の大半を桜の「囲い」が占めることになります。
歩行空間を1.5メートルは取れるようにしたと、委員会では説明されていましたが、でも場所によっては1.5メートルも取れていない場所もある様子。

バリアフリー新法を見ると、車椅子のために歩道は2メートル以上取るようにと書いてあります。
どうしても事情がある場合には例外ということもあるのでしょうが、でも、ここは障害者の施設ですからね。例外と位置づけるのではなく、ベストな状態にする必要があるでしょう。


委員会では、一部の桜がもともと道路線に入ってしまっているから、今回整備しなおす際に道路として位置づけてしまった方が一体的な管理ができるんだというような説明もありました。

出てきた図面には正確な数字は書いてなくて、敷地内の配置についてはまだこれから詳細を詰めていくんだという説明もありました。

緑化のきまりのことを考えると、図面の中で敷地内の隙間のあるスペースは植栽等が入るのではないのかしらと思ったんですが、どうなんでしょうね。

敷地内の植栽と桜の「囲い」の間を、車椅子の障害者やベビーカーを押す親御さんが小さくなりながら通っていかなくてはならないような施設ができた日には、ずいぶんと本末転倒な感じがしませんか・・・。新しくできる福祉施設の周辺がバリアフリーではなくてバリアフルだったら、なんともまあ、お恥ずかしい事態ですものね。

近隣を対象にした説明会が3月6日にあるということでした。
詳細はまだ確定しているわけではないというし、まちづくりの部署と福祉の部署はきちんと連携してやっていき、近隣向けの説明会も1回だけで打ち切るつもりはないという答弁もあったので、今後の経過をきちんと見て行きたいなと思います。

※かとうぎ桜子を育てる会のHPはこちら
スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

過去ログ