Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子大でゲストスピーカー

先週から大学院が夏休みになりまして。
授業が休みになっても、なんだかんだで夜も仕事が入ったりするものですが、でも随分と楽になりました・・・なにせ、毎日ブログを更新することができるようになりました・・・(^^;

この数ヶ月、あんまり頻繁にブログも更新できなかったので、「うーん、やっぱり30歳近くなって、20代前半と同じ勢いで動くのは無理なんだろうか」と結構しみじみ思っていたのですが、学校がなければ何とかなりそうです・・・


今日行なったバリアフリー分科会も楽しい会にできましたので報告したいのですが、まずはその前にあった出来事・・・大学でのゲストスピーカー体験を報告します。

22日に、横浜のフェリス女学院大学でしゃべってきました。

議員になってから、年に1回くらいの割合であちこちの大学のゲストスピーカーに呼んでもらう機会があります。
・・・この前のブログに書いたように、しゃべるのは下手なんだってば、という感じですが・・・。

なんで私を呼ぶのですか?と聞くと、たいてい、「若い女性がどうやって仕事を選んだかという体験談が、学生の参考になると思うから」と言われるのですが。
うーん、これまた時々書いているように、私は性別とか年齢をあまり気にしていないので、一体何を話したら良いのやら・・・です。

当選直後に呼ばれてしゃべったときは、選挙について話したりしたんですが、今回は、「そもそも議員の役割とは何なのか」という説明と、なぜ私が議員を目指したのかという話を中心にしました。

仕事については、私はもともと福祉関係で女性が多い職場だったし、議員の仕事も女性だからと差別されることもない恵まれた環境にあると思うけど、でも、どんな仕事につきたいのであれ、「自分が何をやりたいか」を大事にすることが一番ではないかという風に話しました。
もし、自分のやりたい職種が、「男社会」で、思うように働けないならば、新たな価値観で起業をすることもできるわけだし、とにかく自分自身でやれる範囲の壁を作らないことが一番大事ではないかと。


しかし、大学でしゃべるのはこれが3度目で、全部違う大学なんですが、すべての先生がしみじみと「学生はほとんど手を挙げてしゃべらないんだ」とおっしゃっていました。
質問ありますか?と聞いてもほとんど誰も手を挙げない。
でも、課題として、感想を書いておいで、というと、ちゃんとそれはこなしてくる。

んー。大学って、議論をする土壌があまりないのですかねぇ。
一人ひとりがいったい、どんなことを思いながら大学の授業に参加しているのか、というのが、なかなか見えてこない。
「出る杭」にならないようにしているような気配も感じるのですが、もう少しこの壁を揺り動かすことができる力を、私が持つことができたらいいのになぁ、と感じるところです。



女性であることを私が特段に大きく意識せずに生きていられるのは、やはり私が恵まれた環境にあるからだということにもふと気づきました。
私を呼んでくれた先生は、大学では講師でいらっしゃるのですが、もともといろんな社会を見ていて、まだまだ女性が生きるのに壁を感じる状況を知っている。

「女性なんかにはこの仕事はできないだろう」という声を前にした時、女性は自ら女性であることを生かした道に向かわざるを得ないということがあるのかもしれません。
結婚をして仕事を辞めようと思うこと。
性を売る仕事に就くこと。
いずれも、自ら進んで選択するなら個人の自由ですが、他に生きる道がないと思わせる社会環境があるならば問題でしょう。

そして、そういう環境にある女性は今もまだ多いということ。

私はのびのびと生きているけれども、これは決して当たり前のことではないのだということ。だからこそ、「こんなに当たり前のようにのびのび生きている女性もいるから大丈夫だよ~」と、多くの女性に言うことも必要なのかもしれないと、しみじみ感じました。
スポンサーサイト

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去ログ