Entries

ホームヘルパー2級の話から

浜松からとんぼ帰りをしてきました。

昨日のブログだとちょっと分かりにくかったみたいなので、補足説明。

ホームヘルパー2級という資格がありましてね。
特に試験があるわけではなくて、一定の講義と実習を受けさえすれば取れる資格なんです。

講義が60時間、実技が42時間、実習が30時間、というきまりだとかで。

講義というのは、「バリアフリーを最初に言い始めたのはデンマークの人なのよ」とか、「介護保険ってこういう制度なのよ」とかを、座学で学ぶわけですね。

実技というのは、シーツの敷き方、オムツのつけ方、しびんのあて方、体位交換(→寝返りを打たせること)のしかた、ベッドから車椅子への移乗のしかたなどを、実際に習うことです。

で、実習は、実際に施設に行って学ぶこと。

これらをこなすと、ホームヘルパー2級という資格がもらえます。
運転免許のような、確認試験なんかもない。

講座を開いているのは民間の会社なので、内容も受講料も幅があるのですが、だいたい10万円前後で1~3ヶ月で取れる。

卒業試験がありませんから、たとえ介護職としての適性がなくても、学んだことが頭にまったく入っていなくても、資格は取れます。
民間の会社がやっているわけですから、10万くらいの受講料を払った大事なお客さんを落とすわけがない。

介護という、人の命を預かる職種でありながら、あまりにも簡単に取れすぎるということに、昔から腹が立っています。それだけ、介護の仕事が軽く低く見られてきた証でしょう。
せめて人の命に関わるという点で、仮免許と最終に、合格するまでは認めない運転免許証と同程度の厳しさはあるべきだと思います。

実習だって、30時間ということは、5日間で終わるんですよ。一方で、教員免許を取る際に必修の「介護等体験」は7日間。教員の介護体験より短いって、どういうことだ・・・。

今はヘルパーはなくして、介護福祉士へと一本化する方向に向かっているようですが、そうすべきだと思います。


とまあ、これだけ言うのは、私がこのホームヘルパー2級をもっているからなんですねぇ。
大学4年の夏休みに取りました。

今回、浜松で結婚したのは、この講習を一緒に受けていた仲間だったというわけです。
今から7年ほど前、3ヶ月くらいの時間を一緒に過ごした仲間です。

講習を受けていた人は、30代で転職をしたいという人と、あとは50代が多かったような記憶。50代の人は、親の介護に生かしたいという人が多かったですね。

20人強のクラスで、結構仲良くしていましたが、今でも連絡を取れるのは5人くらい。

結婚式で再会したら、「加藤木さんももう30歳近いのか。あの頃はまだ大学生だったのに、ずいぶん大きくなったねえ」と言われましたが

そんなわけで、今では会うのも何年かに1回になっちゃっていますが、数年ぶりに会うと気づくことが色々とあります。

今でも介護の仕事をしている人がほとんどなのですが、ちょっとした言葉の端々に「利用者がわがままで困っちゃう」とか、「上司は地域との交流事業をやりたがっているけど、業務が忙しいのに・・・」というような言葉がふっと出てきて、私なんぞはビックリしてしまうのです。

一緒に学んだ頃には、そういう価値観を持ってる人だったっけ・・・?と。

違和感を感じつつも、でも、私は今では介護の仕事からはほとんど離れてしまっているから、頭ごなしに「その考えはおかしいよ」というのでは何も解決しないとも思って、悩んでしまいます。

これは、ひとつには、冒頭で説明したホームヘルパー2級の養成課程の問題もあると思うし、それから介護職自身が自らの生理的欲求を満たすことができないほど忙しいために、他者への思いやりを持つ余裕がないこともあるかなと思います。トイレに行きたくても我慢して走り回ったり、睡眠時間や休息を取れない状態では、誰だって周りへの気遣いは難しくなりますよね。

だから、介護の事業所や施設が、利用者の人権に配慮し、地域に開かれたものになっていくためには、とても長い道のりがあると思います。

トップが頑張るだけでは、現場の職員までに広がるにはとても時間がかかるし、ずれがある場合もある。


ここで練馬区に戻って考えてみると、介護保険運営協議会などで介護の事業所の代表に話を聞く場はあっても、現場の職員一人ひとりから話を聞く場はないと思います。そうすると、現場の人が何を考え、どこに壁を感じているかということが、制度に生かされないのではないかと思う。

ヘルパーには、上記に書いたようにヘルパー独特な問題点もあると思いますが、それだけではなくて、実際に現場に関わっている多くの人に話を聞かないと、制度は机上のものになるという問題点も見てくると思います。

つまりこれは介護に限らず、保育でも、教育でも同じではないかと。
それから、子どもの保護者から話を聞くときも〔保護者代表〕に聞く場合が多いでしょう。光が丘の学校の統廃合の時も、「統合準備会で保護者からの意見を聞いています」というんだけれど、その会に入っている保護者はほんの数人なわけです。
それでは、一定程度の現状の反映はできても、もっと混沌とした、多様な現場の声を聞き取ることはできないのではないかと思うのです。

具体的な方法は、そのつど探っていくしかないとは思うのですが、代表者からの意見だけを聞いて「区民の意見を反映しました」というシステムからは脱却していかないと、真の住民自治には近づけないように思います。

※かとうぎ桜子のHPはこちら
スポンサーサイト



浜松より、ジャズコンサートのお知らせと、足尾の思い出の報告

★一般質問もなんとか無事終わりましたが、これから連休に入ってしまうし、今日中に終わらせておきたい仕事がいっぱいあって、またまたひいひいでした。連休前のひいひいはきっと、お仕事をされている皆さん同じですよね。

土曜日は、浜松に住んでいる友達の結婚式に行くのです。
ひどいことに(!?)、朝から結婚式をするというもんだから、自宅から間に合うように行くためには、5時半くらいに出なくてはいけない・・・これでは式の途中に寝てしまうに違いないと思って、金曜の夜のうちに浜松に移動してきました。

仕事がなかなか終わらなくて、8時半くらいまで区役所にいて、夜中にようやく浜松に到着。まちは真っ暗でした・・・しくしく。

浜松で朝から結婚するなんてひどいやひどいや・・・と心の中で友人に八つ当たり。

まあ、呼んでくれる友達がいるというのは嬉しいことなんですけどね。。

ちなみに彼女は、ヘルパー講習のときの友達で、実家のある浜松に帰って、特養で働いているのです。

友人の結婚式に呼ばれるのは今年3件目。。みんな私より年上だから、まだ大丈夫・・・(^^;
しかし、だんだん独身の友達が減ってきたなあ・・・んー・・・

★ようやく「へのへのもへじ」のような地図入りチラシが完成しました。

事務所のボランティアスタッフさんに「パソコンソフトを使用したとは思えない、まるで手書きのような地図ですね」と絶賛(?)されました・・・(--;)
機会があれば、見てやってください・・・。

ブログでもイベントの詳細をお知らせしませう。ぜひお申し込みくださいませ。そしてご友人をお誘いくださいませ。

Jazz Night in Nerima~ジャズを聴く会
12月19日(土)午後6時30分~8時30分@練馬区役所 地下多目的会議室
2000円(ワンドリンク、おつまみ付き)

出演
○米木 康志(Bass)
 1952年生まれ。大学在学中、演奏活動を始める。現在は大石学トリオ、本田竹広トリオ、大口純一郎トリオ等で演奏する。

○原 大力(Drums)
 1959年生まれ。高校3年のときにドラムを始める。大学在学中に本格的にドラムを学び、活躍する。1981年、ミッキー吉野等と知り合い、プロ入り。アメリカ、カナダ等でも活躍。

○池田 篤(Alto Saxophone)
 1963年生まれ。国立音楽大学在学中よりライブハウスで演奏を始める。山下洋輔のグループなどに参加し、85年、山野ビッグバンド・コンテストで優秀ソリスト賞受賞。90年に渡米し、活躍。

○かとうぎ桜子(司会)
 私。


・・・司会って、英語でなんて言うんですかね。
どうせなら、「司会」も横文字にしたかったですね。
他の3人はかっこよさげなのに、私のところだけ、テーマソングは「笑点のテーマ」が流れてそうで。

★さて、ようやく足尾銅山のことを書けます。
8月末に、知り合いの大学の先生に連れて行ってもらって、足尾銅山を見てきました。

大泉から車で3時間弱。市町村合併で、今は日光市になっています。

でも、日光とは山をひとつ隔てていて、足尾は周りを山で囲まれているような場所。
DSCN3281.jpg


銅を掘り出していた古河という会社で働く人が住んだ家が並んでいる。

1棟に5、6世帯が住んだ長屋も、今はこの一帯全部あわせて十数世帯しか住んでいないとか。
DSCN3275.jpg


古河の工場はすでに閉じられていて、跡施設は残るものの、いつ取り壊されるか分からない状態だとか。
DSCN3288.jpg


掘り出した後の穴が観光地として整備されていて、そこにも連れていってもらいました。


今回は、限界集落化したまちを見ることが主たる目的だったのと、あまり時間もなかったのでまあしかたはないのですが、このまちに住んでいる人が鉱毒事件をどう捉え、そしてこれからこのまちをどうしていきたいと思っているのかをあまり聞けなかったのが心残りでした。

それから以前、水俣の人からお話を聞いたときにも思ったのですが、公害問題の難しさは、加害者と被害者が同じまちの住人であること。そして、加害企業に雇われている人も、公害の被害者でもあるということ。

その歴史を正面から見つめるのは、地域全体が痛みを感じてしまうのかもしれない…

でも、過去の歴史を直視し、負の遺産であってもそのまちにしかない、残すべき大事なものだと認識して初めて、そのまちの個性ある将来を築くことができるのではないかと私は思いましたが…よそ者の言い分かも知れませんが。


足尾は、3時間くらいで行けます。
もう一度、公害問題と地域という視点で見るために、出かけたいなと思います。
古河の工場がつぶされないうちに、来年あたり、区民の皆さんに呼びかけてミニツアーみたいなのも良いかも、とも思いついたところです。

★ブログを書いたり、テレビの「タモリ倶楽部」を見てニヤニヤ笑っていたら、真夜中になってしまいました・・・浜松まで来て、結婚式に寝坊したら大変ですな・・・。

ではまた、連休中にでも、一般質問の報告をしたいと思います。皆様、よい連休を。

※かとうぎ桜子のHPはこちら

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

過去ログ