Entries

新年

新しい年ですね。2010年。

なんだか今年はいつも以上に、あたふたと日常の忙しさに追われながら年を越してしまったような感じがします。そしてもうあさってには日常が戻ってきますものねえ・・・あさっての朝から配布するレポート作りをしている今日この頃です。

私にとって2010年は、議員としての活動が4年目に入ってこれまでの活動を総括していく時期でもあり、それから30歳代に突入する年でもあります(--;)
10代で、今よりもっと生意気だった頃の私は、「30代になってもまだ若いつもりで物事の責任をとらないような大人にはなりたくないもんだ」と思っていましたので、気を引き締めて頑張っていきたいと思います・・・


大学時代から、お正月には高校の友達と初日の出を見に行っているのですが、今年はとてもきれいでした。目玉焼きの目玉のようでした。

たしか2003年くらいから2006年くらいまで、元旦にばっちり曇って、まったくお日様が見えなかったのです。私個人は、お日様が見えた年のほうが、人として新たな成長を遂げられる出来事が起きているような気がするのですが・・・。

日本の社会全体のことを考えると、むしろ日の出の見えているこの数年のほうが悪くなる一方にも思えます。福祉も、雇用も。
だけど、今、顕在化している問題は、実はもっと前からずっと潜在的にあったように思います。もやもやした曇り空のように。

不安定雇用の問題や貧困の問題も、ずいぶん前から言われていたけど、誰もが意識したのはつい最近。
誰もが意識せざるを得ないほど問題が広がっているのは大変なことですが、でも、社会問題の多くは、「他人事」と感じる人がいることに深刻さがあると思うのです。意識が広がることは、解決のための第一歩になり得るはず。

たとえ自分に直接関係ない問題だったとしても、自分のことのように心を痛め、問題解決をともに考えることのできるつながりを、社会の中で作っていくことができれば、それは暗闇の中の光になるのではないかと。


元旦のお日様のように、今年1年が、多くの人にとって、光の見える1年になるように、私も頑張っていきたいと思います。

そんなわけで私が今年、企画する勉強会は、「人権」の視点から、女性や子ども、地域の問題について考えるミニ講演をやっていきたいと思っています。

今年もよろしくお願いします。

※かとうぎ桜子のHPはこちら
スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去ログ