Entries

バリアフリー勉強会(4回目)

★おととい、ようやく修士論文を提出しました・・・。最後の最後までひいひいでしたが。あとは月末に先生と面接をしておしまい。
しみじみ、もう二度と論文なんて書きたくないと思う今日この頃です
たくさんの方にヒアリングをさせてもらって書いたのですが、突然のお願い、日程の迫ったお願いなどを、皆さん嫌な顔もせずに受けてくださって、本当にありがたかったです。

書いている中で色々思うこともありましたので、追々ご報告していきたいと思います。


★論文提出を終えて半ば呆然としながら、昨日は地域の勉強会をやりました。
「バリアフリーを考える」会の4回目。

TOTOのショールームの見学です。

11月下旬に建築士さんに来ていただいて、バリアフリーの制度的な部分についてお話を伺ったのですが、そこで、TOTOのバリアフリーブックが良いと紹介してもらいました。

そこで調べてみたら、TOTOは随分古くから(1960年代から)障害のある人のための商品の開発をしていて、今はユニバーサルデザイン研究所を作っているとのこと。
区内にショールームがあることが分かったので、お願いをして話を聞かせてもらいました。

障害のある人とかだけではなくて、健康な人でも誰でも使いやすいものが「ユニバーサルデザイン」。

DSCN3493.jpg
たとえばお風呂場で、浴槽に入るときに、あまり意識はしていないけど、浴槽のふちっこを手でつかんで入っている。だから、このふちの幅をつかみやすい幅にして、中にも手すりをつけておくと、入りやすい。
高齢者の方はもちろんだと思いますが、たぶん、私くらいの若い人でも使いやすくなると思います。(ショールームで私がためしに出入りしてみたら、使いやすかったので。)

DSCN3491.jpg

これは、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、シャワーのところ。お湯を出す蛇口が、ひねったりするのではなくて、ぽんと押せば出るようになっている。指を使わないでも、てのひら全体とか肘とかで押しても出る。
これは、細かな指の作業が難しい人(小さい子どもとか、障害のある人とか、高齢者とか)にとっても使いやすいけど、健康な人でもシャンプーなどで泡だらけになっているときには、ポンと押して出るほうが使いやすいですよね。



DSCN3492.jpg

浴室と外の床の段差が5ミリしかないそうです。
段差がある程度なければ、外に水が流れ出てしまいそうなものですが、それが5ミリで大丈夫なしくみになっているとか。
(以前、この浴室を採り入れている福祉施設の人に聞いた話では、浴室のとびらの下の所に小さな排水口があって、外に水が出るのを防いでいるとか。)



DSCN3501.jpg

こういったトイレットペーパーのケース(? ←紙巻機というらしいです。昨日知りました。)をよく見かけると思いますが、この、上の木目調の部分、平らになっているでしょう。これ、手すりがわりに体を支えるのに使えるらしいですよ。
他にも、トイレの中で、脇にちょっとした台のようなものがあるときがあるでしょう。ウォシュレットのリモコンが置いてあって、お店なんかだとちょっとお花とか飾ってあるようなやつ。あれも、手すりがわりに使うためのものなんですって。
なるほど、そのつもりで手を置いてみると、体が安定して楽になります。


帰り道に参加者の皆さんとしみじみお話していたのは、障害があるから、とか高齢だから、ということで特別に配慮をするのではなくて、誰にでも使いやすいものがあるっていうのはとても大事だなあということでした。特別の配慮ではなくてそれが当たり前になれば、わざわざそのためにお金をかけなくてはいけない(お金のある人しか使えない)ということもなくなるし、デザイン性も高いものであれば誰もが採り入れやすいし。

TOTOが研究、開発してきたものが、今の日本の社会の中でバリアフリーのしくみを作るときに参考にされている部分も多いようです。


今回は、いつものバリアフリー勉強会の一環として、2,3時間で行って帰ってこられるような場所にしたので、区内のショールームにお邪魔しましたが、桜新町や茅ヶ崎にはさらにいろんなユニバーサルデザインの商品があるということでした。

1日がかりになりますが、改めて、みんなで出かけるツアーを企画してみても良いなあと思ったところです。

※かとうぎ桜子のHPはこちら
スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去ログ