Entries

介護の専門性

前回のブログは前段の話で終わったので、今回のブログで本題に入ります。

金曜日に福祉関係の知人と久々に話をしていたのですが、そこで、「介護の仕事をする人のやりがいの有無は、お給料の問題じゃないだろう」という話になりました。

介護の人材不足は低賃金のためだといわれるけど、そんな単純なものではないだろう、と。
それで、介護職の専門性とは・・・という話をしていたのですが、話を終えて一人で家に帰る道々、思い出したことがありました。

これまた和力の話なのですが。

1月下旬、和力は松戸と練馬を中心にいくつかの公演をしていました。
大きな公演の合間で、先方とタイミングがあったときに、特別養護老人ホームに行って演奏をするということもあります。
今回は松戸・練馬で2ヵ所の特養にお邪魔しました。

私は見に行っていないので、和力事務所から聞いた話なのですが。

1つの特養に行ってお囃子を演奏している最中に、ベッドで横になっていたおばあちゃんがその音に反応したそうです。このおばあちゃん、あと数日が山だろうといわれる状態だったので、部屋で横になっていた。
かなり重い状態だったのに、遠くから聞こえるお囃子の音に反応をした。

それは、このおばあちゃんの生まれが下町で、小さい時からお祭りの笛太鼓を聴いて育ったからだったのでした。
命の終わりが近づく中でも、この音がおばあちゃんの心に響いたのでしょう。

そのかすかな反応に気づいた介護士が、おばあちゃんをベッドごと会場に運び、近くでお囃子を聞かせてあげたとか。


このお話は、後になって介護士さんから和力の加藤木朗さんが聞かされた話だそうです。


死が近づくおばあちゃんの動きを感じ取り、その人の生い立ちにまで思いをはせ、その心の動きにあわせてお囃子の会場まで連れて行く―これは、その人との継続的な関係ができていなければできないことだし、その心の動きを見逃さずに捉えるのは大変なことだと思います。
そして、これが、介護職の専門性なんだろうと思います。


だから、介護職の人材不足というのは単に低賃金なだけではなくて、人手不足等による余裕のなさによって、一人ひとりの利用者の人生に思いをはせてその人が今何を求めているかを想像する時間さえ奪われていることなのではないかと思います。


死の間近に幼い頃の楽しい思い出を心に浮かべることができたおばあちゃんは幸せに思ってくれたかもしれない。
でも、それだけじゃなくて、その話を聞かされた和力の人たちは、音楽がどれだけ人の人生に深く関わっているかを改めて感じて、力を得られたと思います。
そして、その場にいた介護士さんにとっても、死を間近にした人に対して一つでも何かできたということが、これから仕事に向き合う力になったことでしょう。


人は死ぬまで、他人の心にエネルギーを与えることができるんだなあということ。そして、それを支えるのは専門職であり、そこに新しい空気を送り込むのがボランティア等の外からの力なのでしょうね。

※かとうぎ桜子のHPはこちら
スポンサーサイト



心の柔軟体操

音楽を聴くとか芸術に触れるとか、本当に好きだなあと思う人とお話をすると、心にエネルギーをもらえますよね。

心が豊かなときには楽しいものをスッと心が受け入れられるのに、疲れているときには久しぶりに楽しいものを受け入れようとすると心がミシッとします。久々に柔軟体操をして足がつった、みたいな感じ。

24日は練馬で和力をやりましたが、その前日には松戸でやりました。私の叔父をはじめとして、お世話になっている人たちが企画している会だったのでちょっとだけ手伝いに行ったのですが、ここで久々に和力を見たときに、心がミシッとしました。なんか心が硬直してくたびれていたのね…という感じ。
松戸で心の柔軟体操をしたので、練馬公演は豊かに楽しめたのですが。


金曜日に、福祉関係の知人と数ヶ月ぶりにお会いしてお話しました。1,2ヶ月に1度お会いする機会がある人たちですが、お会いするととても元気な気持ちになれるのです。
ここのところタイミングが合わなくてかなり久しぶりにお会いしたのですが、この瞬間も心がミシッとしました。2,3時間でほぐれましたが。

最近は仕事をしていて悪いストレスを感じることなんて全然ないのに、知らず知らずに心のやわらかさが失われていたんだなあ・・・としみじみ思いました。

みなさんも、数ヶ月に1回は好きな友達に会うとか、好きな音楽を聴くとか、意識的にやってみてください。仕事以外のほかのものと触れるのが大事ですね。心が一方向に硬直していたんだなあということに気づいて、パッと視野が広がるものですね。

・・・他に書きたいことがあるんですが、そこにいたる前段の話が長くなりました。
どうも私のブログは長いので、ここで一度切ります。
次のブログをすぐにまた更新するという手法にします。

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去ログ