Entries

障害のある人の生活に関するミニ集会

山での火おこしのストレスでまだ胃が痛いです 今朝は夢の中でも火をおこしていました・・・。


さて、今日は集会のお知らせです。



障害があっても暮らしやすい練馬」
~あなたの声を聞かせてください~


日時:2010年8月21日(土)午後2時~4時
場所:練馬公民館2階会議室

練馬区議会の任期は来年5月まで。私の1期目の活動も終わりに近づいております。
そこで、(詳細は近日中にHPに載せたいと思っていますが)これまでの総括と次期の活動に向け、「障害」「子育て」「高齢」「雇用・貧困」「人権」「市民参加」の6つを政策としてまとめました。
今回は政策テーマの中でも「障害」について、皆さんと意見交換をしたいと考えております。

講師:山本創 氏
患者の生活・就労をつむぐ会で「制度の谷間」のない総合的な障害者福祉を求めて活動中。自身も重症筋無力症という難病の当事者。障害や病気の種別をこえて、いろいろな当事者の方とともに、生活に困ったこと、制度の紹介や手続き等の相談活動に取り組む。反貧困ネットワークにも参加。貧困・自殺・孤独死対策等、人と人とのつながりを広げる活動を模索中。

※かとうぎ桜子のHPはこちら
スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ