Entries

若年層の健康②(心の健康)

前回のブログの続き。決算特別委員会の「全款補充質疑」の日の質問です。

(以下は未定稿の議事録のうち、一部を要約してまとめたものです。)

----------
(桜子)
健康診査費・30歳代健診に関連して、若年層の健康について伺います。

若い世代の人の生活が色々な面ですごく厳しい状況にあるだろうと感じています。
まず仕事が見つからない。不安定雇用である。ようやく正規の仕事が見つかってもとても忙しい。生活ができるだけの収入が得られない状況にあるか、あるいは人間らしい生活を保つ時間的余裕を持てないか。いずれにしても、健康を保つのには厳しい状況にあるのではないかと思っています。

「ねりまの保健衛生」という冊子の中に、区民の方がお亡くなりになった数とその原因が書いてあります。20代・30代で亡くなる方というのは、ほかの年代から比べると数は少ないわけですけれども、2009年の状況を見ると20歳代で44人、30歳代の方が71人亡くなっています。
その中で、自殺でお亡くなりになっている方が、20歳代では26人―これは20代で亡くなった方のうちの59%です。30歳代の方は24人で、同じく割合でいえば41%になります。
自殺について、数だけ見ると40代から60代のほうが多いわけですけれども、割合でみると若年層が非常に高いと思います。

自殺に至るまでの理由というのは、様々な理由があるとは思いますけれども、20代・30代の健康を考える場合には、生活習慣病の予防というのももちろん大事だけれども、それだけではなくて、心の健康、生きる不安に寄り添う支援ということが非常に緊急で重要だと考えます。
今おこなわれている30歳代健診の中で、心の健康を守るという観点から取り組まれているものがあるか。あるいは問題意識として感じていることがあるか。区としてのお考えをまずお聞かせください。

(課長)
30歳代健診は、一般的な健康診査ということで実施しています。
平成20年度から特定健康診査制度というものが新たに始まりました。主に生活習慣病を防止していくための健診ということで、40歳以上を対象にしています。そこから外れてしまう30歳代は生活習慣病予備軍ということで、一般的な健診をしています。
心の健康については特に対応はしていません。
問題意識としては、先ほどご紹介いただいた自殺が大変大きい社会的なテーマになっています。何らかの対応をしていかなければならない。ただし、健診というやり方が良いのかどうかは、なかなか難しい問題を抱えていると認識しています。

(桜子)
40歳未満の健康診査が他区ではどのように行われているのかという資料をいただきました。
その中で、今年度から板橋区が35歳健診のときにストレスチェックを始めたということを知りました。メンタルの健康の不安を感じても、保健相談所等に相談にいくという最初の一歩はとてもハードルが高いだろうと思います。だから最初の一歩として健診がある。そこから専門的・継続的な相談につながるということはとても重要なことなのではないかと感じました。
板橋区の取り組みだと8項目のチェックリストを作っていて、一定程度該当した場合に保健師の相談につながるということでした。健診そのものでその場でなにか専門的な支援をするというよりも、相談につながる第一歩としてこういう活用の仕方はあるのではないかと思いますけれども、何かお考えがあればお聞かせください。

(課長)
板橋区の例は、23区の中で初めて行われるということで、私どもも注目しているところです。板橋区に確認しましたけれども、予想外に区民の皆様から反響があると伺っています。板橋区の例は今後私どもも注目していきたいと思っています。
今お話がありましたように、心の健康診査と銘打って、おいでくださいといっても、なかなかおいでいただける状況にはないと思います。板橋区の場合は、一般の健康診査の中で心の健康も一緒に取り組んでいるというところが特色だと思います。
板橋区の例を注目し、練馬区についても今後研究していきたいと思っています。

(桜子)
ぜひ状況を見ていただいて、また、ふだんメンタルに関する相談を受けている職員の方々とも意見交換をしながら、検討していっていただければと思います。
それから今、20歳代の健康についてはまったく、健診も行われていないわけですけれども、やはり同様に基本的な健康のチェック、また心の健康の問題というのは何らかの支援をしていくことが必要なのではないかと思いますけれども、何かお考えがありますでしょうか。

(課長)
現在行われている健康診査は、どうしても生活習慣病予防ということで実施しています。そういう観点からしますと、40歳以上というのが国で定めているガイドラインということになります。その予備軍ということで、練馬区は30歳代健診をやっています。20歳代は、生活習慣病予備軍という意味からすれば若干離れていくと思います。
ただし、人によっては20歳代から生活習慣病の予兆もあります。早期発見は大切です。ただこの部分については税金を使ってどこまでやっていくのかという問題があります。
基本的には30歳代健診に力を入れ、20歳代については心の健康といった面も含めて検討していく問題かと思っています。

(桜子)
生活習慣病のことだけではなくて、様々な観点から検討していただきたいと思います。


------------
あわせて自殺予防の取り組みも重要ですので、このあと、自殺予防に関する質問をしました。その詳細は次回のブログで。

※かとうぎ桜子のHPはこちら
※加藤木桜子のツイッターはこちら
スポンサーサイト



若年層の健康①

決算特別委員会で、まず、国民健康保険の加入者である若年層の健康の問題を質問しました。

(以下は未定稿の議事録のうち、一部要約してまとめたものです。)

(桜子)
国民健康保険事業会計繰出金に関連して伺いたいと思います。
2010年4月現在の資料をいただきましたが、20代の国民健康保険の加入者が大体2万4千人強、30代は2万9千人強であるということです。これは不安定雇用の方が増えている、また保険料の支払いもかなり厳しい方もいらっしゃるのではないかということが想像できるわけです。

一方で国民健康保険の健康診断は、生活習慣病の対策という視点で40代以上で行われているわけですが、区が行っている30歳代健診に関しては2009年度の受診者数が7903人です。これは国民健康保険に加入している方の数から比べるだけでも、かなり少ないのではないかと思います。

また、全然対象になっていない20代の健康はどう守るのか。それから若い世代だと生活習慣病より以前に、たとえば精神的な健康の問題であるとか、そういった内容的な問題にも課題があるのではないかと思っています。このことについてはまた別の機会にも質問したいと思っていますけれども、今日まずお聞きしたいのが、国民健康保険に加入されている若い方たちに対して、国民健康保険の観点から、どのように健康に関する働きかけをおこなうことができるのか。区としての考えをお聞かせいただければと思います。

(課長)
まず、平成20年度(2008年度)から特定健診が医療保険者に義務付けられました。
40歳以上の方のうち男性で50%近く、女性で約16%の方がメタボリックシンドロームに該当しています。国民健康保険としては、医療費をおさえて健康に暮らしていただくという観点から、40歳以上の方についての健康づくりに力点を入れていきたいと考えています。
その次の段階で、若年者に対しての健康づくりに取り組んでいきたいと考えています。


ここで時間切れ。

次は、「全款補充質疑」の日に、区としての2,30代への支援について質問した内容を紹介します。

※かとうぎ桜子のHPはこちら
※かとうぎ桜子のツイッターはこちら

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去ログ