Entries

中学高校の思い出

私は桐朋女子という、中学高校が一貫の私立の学校に通っていたのですが、中1と高3で担任をしてもらったT先生がご病気で亡くなってしまい、今朝、告別式に行ってきました。

数年前から闘病されているとは伺っていたんですが、54歳ですって。若いですね・・・。

私はいくつかある母校の中でも一番郷愁を感じるというか、好きだなと思うのがこの中学高校なのです。
かといって当時はすごい反抗期だったから先生と仲が良かったわけでもないし、人付き合いが上手なわけでもないから友達が多かったわけでもないし(笑)、たまに同窓会などに行っても、仲間たちとわーと手を取り合って再会を喜ぶほどでもないんですけど(^^;

大人になったって10代のころと頭の中身がそれほど変わるわけでもないけれど、今は「ちぇっ、あの人嫌い」と思っても口にも顔にも出さない程度には大人になったし(笑)、まあほどほどの人付き合いもできるようになりましたが、桐朋に通っていたころはもっと思うままにとげとげしながら生きてたものです。

たとえばホームから電車に乗るときに、おじさんたちが先を争って人を押しのけて自分が座る席を確保しているのを見て、「自分のために人を押しのけるなんて、なんて恥ずかしい大人がいるものかしら」とわざと大声で言ったりとか・・・
間違った行動を指摘すること自体は悪いことではないかもしれないけど、今だったらもっと別な声かけのしかたを考えるだろうと思います。ダメな行動をしている人に批判の言葉を浴びせるだけでは、自分がせいせいするだけで、相手も不愉快な気分になるだけで反省もしないだろうし、全体の課題は解決しないですからね。

まあ、一事が万事で10代の頃はすべてのことになんだか腹を立てて反抗してたなあと思います。学校の先生にも親にも。

あとで思えば「あちゃー・・・」と思うような状態だけど、でもそんな私でも排除されることもなく、なんとなく自然に受け入れてもらえていたような学校の雰囲気が好きだったなあと思い出します。


今回亡くなったT先生にもいつも「プンッ」としてた記憶しかないし・・・。


桐朋女子には学年色というものがあって、入学から卒業まで同じ色がついてまわります。6色が循環している・・・干支みたいなものです。
日常の呼び名も「何年生の人」ではなくて「何色の人」と呼ぶ。部活で後輩が先輩を呼ぶ時も「何色のかた」と呼ぶ。
私の学年色は紫だったので、後輩には「紫のかた」と呼ばれて、なんだか高貴な人のようだなと思った記憶があります。

亡くなった先生は最後は赤の学年にいたそうで、夏休み中だからでしょう、現役の生徒たちも告別式に来ていました。

私は高校時代の友人と待ち合わせていたので、参列者の生徒たちを眺めて、「ここにいる人はだいたいみんな赤なのかなあ」と友人に話しかけました。・・・桐朋の学年色のしくみを知らない人が聞いたら、いったいどういうことだと思う会話ですねぇ(^^;

葬儀の手伝いをしていた人の中に、中3のときの担任のK先生を見つけたので、「先生、紫の卒業生の加藤木です」と話しかけます。

K先生、「僕も、亡くなったT先生にはお世話になったんだよ・・・子どもたちを連れて合宿に行って、子ども達が僕によじ登ってきたために僕が怪我をしてしまったことがあったんだ。その時にT先生は代わりに僕の荷物を持ってくれた。
それに、子どもたちを連れて山登りに行ったら体調を崩した子が出たときにも、T先生にその子を背負って降りてもらったり・・・。」

なんだ、担いでもらった記憶ばかりだなあ、と思って聞いていると、

「君たちは独身なのか。そうかやっぱり。うちの卒業生は独身が多いねぇ。結婚しても離婚したりねぇ・・・」としみじみK先生。

うーむ、ずいぶんユニークな先生に囲まれて中高時代を過ごしていたんだなあと再認識して帰ってきました。


桐朋に最後に行ったのは教育実習をしに行ったときなので、もう10年くらい前。

気になりながら会えなかった人に再会できて、昔を思い出すことができたけど、それがお葬式の場というのは残念。

桐朋に通っていたころに毎日の生活の様子を話していた私の母もすでに亡くなってしまったし、「T先生が亡くなっちゃったよ」「K先生に会ってきたよ」と報告してわかってもらえる人もいないんだなあとしみじみ。(反抗期だったので当時は父とは口をきいておらず、父は先生の名前くらいしか知らないので。)

毎年のように親しい人の中から誰か亡くなってしまうし、だんだん、親しい人もいなくなってしまうんだなあと思うと、淋しいですね。

スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ