Entries

被災地④ 雄勝町

8月27日、大川小学校をあとにして、次は雄勝町に行きました。

雄勝町は2005年に市町村合併で石巻市に入りましたが、石巻の駅のあたりまでは車でも40分くらいかかる、少し離れた場所にあります。

硯(すずり)の産地だそうです。
DSC00793.jpg
瓦礫の中から見つかった硯が置いてありました。


ここは、2階の高さを超える津波がきたそうで、2階建ての学校が丸ごと津波に飲まれているし、海沿いの街はすべてなくなってしまっている状態。
DSC00773.jpg


ただ、学校にいた子どもたちはみんな裏の山に登って無事だったそうです。
しかし、普通だったら屋上に登れば大丈夫なのではないかと考えてもおかしくないところ。屋上に避難していたら津波に飲まれてしまったわけですから、本当に無事でよかった。

建物の上にバスが乗っています。
DSC00769.jpg



大切にしていたんだろうなと思うものもたくさん落ちています。


DSC00778.jpg
アンパンマンのおもちゃ。子どものものが落ちているのはつらいですね。


DSC00779.jpg

おみこしも、太鼓も壊れてしまっている。地域のお祭りで使っていたものでしょう。

DSC00780.jpg




DSC00797.jpg

車中だったのでうまく撮れませんでしたが、空っぽになった建物の中にクマのぬいぐるみが座っていました。
3月11日までそこで暮らしていた人のことを感じるとともに、瓦礫を撤去した人たちが、ぬいぐるみなどは丁寧に置きなおしたんだろうなという、その気持ちを感じます。




DSC00781.jpg
学校の裏にたまった瓦礫

DSC00788.jpg
山の木も海水で枯れています。木の上の方に流れてきた服などが引っかかっている。



この地域で支援活動をしている人からお話を聞きました。

お店も流され、自動販売機すら30分行かないとないような状態になって、多くの住民は別な場所に移動してしまっている状況。でも、アンケートをしてみたら、「雄勝に戻ってきたい」という人がたくさんいたから、まずはお店を作り、住まいを作り、街を立て直したいという話をされていました。


漁に使う網の糸を使って、この地域に住む女性たちが「ミサンガ」というアクセサリー(?)を作り始めたそうです。
詳細はこちら

漁業も中断を余儀なくされて、先の生活の見通しが立ちにくい中で、このミサンガを売ることがひとつの生活復興の方法になれば・・・ということですね。


DSC00849.jpg

私もひとつ、買ってきました。考えてみれば、もっとたくさん買ってくればよかった(^^;
またいつか立ち寄りたいところです。


このあと、私たちは女川町を見に行きました。

※かとうぎ桜子のHPはこちら
スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ