Entries

総合福祉センターと子育て広場の見学(沖縄視察報告②)

議会の健康福祉委員会で沖縄に視察に行った1日目、那覇市の「総合福祉センター」と子育ての「つどいの広場」の見学に行きました。

DSC00974.jpg
ピンボケしちゃったんですけど、この施設内にはボランティアセンター、高齢者のデイサービス、児童館、老人憩いの家、障害者生活支援センター、ファミリーサポートセンター、社会福祉協議会、民生委員児童委員連合会、母子寡婦福祉会などなど、福祉に関するサービスを提供する場や関連の団体の事務所などが入っています。
平成7年(1995年)にできた施設だそうです。

施設の管理運営は指定管理者制度で社会福祉協議会に任せているとのこと。

DSC00975.jpg

私が健康福祉委員会のメンバーとして視察に行くのは3回目なのですが、見学する場所が複合施設であることは多いなと思います。それだけ、複合施設を作っている自治体が多いということだと思いますが、今回、見学をしながら、「そういえば、私は学生時代に複合施設について調べたことがあった」とふと思い出して、7,8年前に書いた卒業レポートを引っ張り出してみました。以下に、その時調べたことを少し紹介します。


私が学生時代に研究したのは、高齢者と子どもの世代間交流についてだったので、それ以外の分野も入っている今回の見学先とは厳密には異なるかもしれませんが・・・

日本で複合施設が作られ始めたのは1990年代だそうです。少子高齢化の対策を練らなければならないという問題意識が出てきた時期。かといって、土地がたくさんあるわけではない中で、どうやって問題解決に当たるか、ということで、複合施設ができていったようです。(参考文献:草野篤子氏「インタージェネレーションの歴史」)

今回、見学した施設も1995年にできたものです。

複合施設として併設されるものとしては、
(参考文献:林廓子氏「「老人と子ども」統合ケアに関する自治体の取り組み状況調査」。1998年に行った調査)

・老人ホームと保育園
・デイサービスと保育園
・高齢者福祉センターと保育園や児童館

といったケースが多いようです。

ただ、異なるニーズを持つ高齢者、子ども、障害者などがともに交流をして地域で支えあうという理念を実現するためというよりも、限られた土地で効率的にサービス提供をするということを主眼として作られている場合が多いのではないかと私は思います。


ハードの面で集約していることで、日常的に顔の見える関係を作るなど、活かせる部分は存分に活かしたいところですが、「地域で誰もが安心して暮らす」社会を作るためには、むしろハードが集約することよりもソフト面の対応が重要なのではないかと思います。

異なるニーズを持つ人への対応を行う場合、それぞれの特性を十分に理解する必要があります。(たとえば、子どもと高齢者がともにいる機会を作るからといって、高齢者を子ども扱いして良いわけではない。)

また、ケアする側とされる側が分断されるのではなく、ともに不足する分を補い合っていくことに地域福祉の意義があるのではないかと思います。


広井良典さんという人が「ケア学―越境するケアへ」という本の中で、地域で支えあう「コミュニティケア」について次のように書いています。

たんにケアの提供される場所が施設からコミュニティ(地域)に移るということに尽きるのではなく、つまり「コミュニティにおけるケア care in community」ということに尽きるのではなく、より積極的に、「コミュニティ支援としてのケア」あるいは「コミュニティ(づくり)のためのケア care for community」という意味までを包含すると思われるのである。

「在宅ケア」というものは、決してたんに「物理的な意味」での在宅を意味しているのではなく、英語でいう"feel at home" つまり自分がその場所で安心感を得られること、そこに"根をおろしている感じ"がもてること、等々を意味するのであり、だとするとコミュニティの支えというものがきわめて重要な要素となるのではないだろうか。




複合施設の見学が終わった後は、「栄町市場」という商店街の中でやっている子育ての広場を見に行きました。

DSC00978.jpg
(商店街の入り口)


DSC00979.jpg

写真だとあまり伝わりませんが、栄町市場はとても古くからありそうな、使い込まれた雰囲気の商店街でした。


DSC00980.jpg

その中の商店スペースの一角に、小さな子どもと親御さんたちが遊び、過ごすことのできる「ひろば」があります。


DSC00982.jpg

向かいのお肉屋さんが、いつも親子たちを見守ってくれているそうです。


商店街はベビーカーを押すには決して広い道だとはいえないし、「ひろば」の部屋も大きくはない。ハードの面では十分に整ってはいないかもしれないけど、親子に声をかけてくれる人はひろばのスタッフだけではなくてまわりの商店の人も見守っていてくれる。
"feel at home"の空間は、やはり、ハードよりもソフトなんだろうなあと、ここでまた改めて感じて帰ってきました。


※かとうぎ桜子のHPはこちら
スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ