Entries

区民のみなさんとともに、気仙沼、女川へ

報告が遅くなりましたが、11月5日と6日、被災した地である気仙沼と女川に再び出かけてきました。

今回は、区民のみなさんにもお声かけさせていただきました。先方の受け入れのご都合もあるので、そんなに大人数ではなく、総勢11人での旅でした。

8月にお邪魔した気仙沼の猪苗代病院でのボランティア、そして神社の境内にある紫会館に泊めていただきました。

猪苗代病院は改修工事中、気仙沼の復興商店街もまだ建設中で、これらが完成していればまた他にもお手伝いできることがあったかもしれないけど、今は過渡期で、ほんのちょっとした、庭の草刈りのお手伝いを・・・。

20111114122034.jpg

参加者の中に、ふだんは電気の工事の仕事をしている人がいたので、病院内の電気の具合を見てもらう、というような活動もありました。

DSC01002-1.jpg
(猪苗代病院の建物)


お手伝いが終わり、気仙沼の街を歩きました。猪苗代病院、紫会館の近くの商店街は、8月に行った時とまったく変わりませんでした。

DSC01034.jpg
(津波の被害にあって使えなくなった建物も残っている)

DSC01032.jpg
(柵などが崩れかけているのもそのまま残っている)

DSC01044.jpg
(この「男山」と書いてある建物は、もともとは3階建てだったとか。)

DSC01040.jpg
(これは、私の家にいるももちゃんと同じような猫が歩いていたので撮りました・・・)

信号もまだ点灯せずに暗くなったままのところもありました。

気仙沼市のHPを見ると、10月にようやく震災復興計画ができて、これから具体的に動いていくようです。

地盤沈下がおきて、冠水しているので、車道部分は土を盛り上げてありますが、建物のほうはまだ手つかずです。

DSC01045.jpg
この写真では、車道と建物側の段差が見えると思いますが、これだけ土を盛っているということですね。

水道、電気などのライフラインを復活させて、建物を建て直せるだけの整備を進めるには、本当に長くかかるかとは思います。
しかし、それにしても8ヶ月間、津波の被害が生々しく残る建物をそのままにしてあるというのは、住んでいる人にとってはつらいのではないんだろうか・・・と思いました。

「波なんてものではない、街に【海がやってきた】という状態なのね・・・」と参加者のひとりがつぶやきました。


DSC01028.jpg
(久しぶりの紫会館)

DSC01024.jpg
(夜にはさんまをいただきました。)


街が元通りになるには当分の時間がかかりそうだという中で、地域の人たちは仮設の復興商店街づくりを頑張っています。

DSC01050.jpg
6日の朝は雨だったのでちょっと見えにくいですが、建設中の復興商店街。12月中旬にはオープンさせたいと頑張っているところ。


6日は気仙沼から女川に移動し、みずからも被災しながら地域の人たちを励ます活動をしているボランティアグループの人と一緒に炊き出しをやりました。

女川町の津波の被害は本当に大変だったようで、少し小高い丘の上まで津波の被害にあっています。壊さなければならない家もあったし、被害にあったお家を直しながら生活している人もいる。
自宅を直して暮らす人たちは、避難所や仮設住宅に入っている人よりも支援の手や目が届きに行くい、という困難も抱えていると伺いました。
そんな、お家で暮らしている方々の地域で、ご飯を作って交流したのでした。

DSC01089.jpg

DSC01061.jpg

宮城はやはり車では遠くて、1泊で出かけてできることなど、本当に限られたものです。

でも、実際に出かけてその場を見て、そこに住む人と交流することで、参加者が感じるものは大きく、東京にいるときに被災地にはせる思いもとても大きくなります。

普段は平日お仕事をしていて被災地に行くことができていない人や、継続的にボランティアをやる自信はまだないけどでも何かしたいと思っている人たちが訪れる機会も重要ではないかとも思います。

同じ地域の人と、継続的な交流も続けたいなと思います。

私たちにできることは、たまに出かけてお話をしたり、そしてその地にあるものを味わう、購入するなどのことなのかなあ、と改めて感じながら帰ってきました。


完成した復興商店街を見てお祝いもしたいし、今回ご関心がありながらも参加できなかった人も多いので、春になって車で訪ねられる季節になったら、また企画をしたいと考えています。

※かとうぎ桜子のHPはこちら
スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

過去ログ