Entries

ジャズを聴く会、無事終了。

これまた少しご報告が遅くなりましたが、12月4日の夕刻、練馬区役所の地下多目的会議室で、ジャズを聴く会を開催しました。
今回で3回目です。

DSC03498.jpg


2008年から2年間通っていた立教の夜間の大学院でお世話になった、五十嵐先生という恩師が、ジャズがお好きで大学でも時折イベントを企画していると伺ったのがきっかけで、「私もやってみたい!」と思って始めた会です。
最初の時は、立教の同級生がスタッフをしてくれましたし、昨年・一昨年は五十嵐先生からご紹介いただいた方に演奏していただきました。

毎回、参加者の中から「次回は私も手伝うよ。」と声をかけていただき、スタッフが増えてきています。

今回は、スタッフになってくれる区民の方方と、1か月前に事前の打ち合わせを行いました。

そして、2年前の会に参加してくださったIさんの紹介で、今回は練馬区在住の方に演奏をしてただきました。

調理師の資格を持っているKさん、ふだん調理の仕事をしているSさん、Nさんと、高野台にある総合教育センターの料理室を借りて、おいしい料理2品とデザートを作りました。

区役所の会場でもたくさんの方が設営、受付、飲食物の担当をしてくださいました。

DSC03483.jpg
(この写真も、お手伝いくださったひとりであるTさんが撮ってくれました。)


また、初めて参加してくださった方の中に「僕も演奏活動をしているから、次の機会にはぜひ」とご提案くださった方や、「私は司会は得意だよ」と言ってくださる方もいらっしゃいました。

はじめは私の思いだけで始めた会が、だんだん「みんなの会」になっていくことが嬉しいです。
ここで初めて知り合った人たちが仲良くなっていくのも楽しい。

こうして毎年、この手作りの会が成長していくと良いなと思っています。


演奏も素敵でした。
春日町の駅前でお店をやっている八月薫子さん、光が丘在住の木村由紀夫さんのトークも楽しく、みんな温かな気持ちになれた会でした。

DSC03508.jpg

DSC03589.jpg
スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ