Entries

水俣病の講演会を聴いて

5月6日に、「水俣病記念講演会」を聞くために有楽町に行ってきました。詳細はこちら

私は水俣には2009年に行っていて、詳しいことは過去のブログに書いてありますのでこちらをご覧ください。水俣の海の写真なども載っています。


今回の講演では、水俣病の当事者である杉本雄さん、作家の高橋源一郎さん、法政大学教授の田中優子さんがお話をされました。
長年患者さんを診てきた、お医者さんの原田正純さんも講演する予定だったのですが、ご病気のため欠席でした。直接お話を聞けず、残念。

どなたのお話も良かったです。まず当事者である杉本さんのお話。
もっと早い時期に、病気の原因を明らかにしていれば、水俣病にならずに済んだ人も多かっただろう、と。
おそらく魚だろうということは早い時期からみんな感じていたけれど、「食べているうちにもし具合が悪くなったらしばらく食べなければ治るだろう」という感覚があったのではないかということでした。
病気の原因と予後について、早くに説明があれば、きっぱりと魚を食べないということができたはずなのに、それが遅れたのはやはりチッソという会社と国のせいである。

その後、「水俣を教訓にして」ということがずっと言われたのにもかかわらず、結局福島の原発事故では同じ問題が繰り返されている。

・・・そういう指摘が、杉本さんからはありました。


一連の講演のなかで私が特に共感したのは、田中優子さんのお話でした。
田中さんはいま62歳。高度経済成長を見ながら育ってきた世代で、「高度経済成長の中で、何かを失っていくような感覚」がしていたという話をしてくださいました。

田中さんは、小さな子どもだった頃、長屋形式の家に住んでいたそうです。優子さん兄弟が大きくなるにつれ、平屋の家が狭くなり、隣の空き地に2階の1戸建てを建てることになった。
戸建てを建てれば、子どもの勉強部屋ができます。子どもたちに勉強して大学に行って良い就職、良い家庭を作ってほしい・・・高度経済成長時代に夢に描いたものを実現するための象徴が、戸建ての住まいだった。

でも、家を建てる空き地には、小さかった優子さんがいつも親しんでいた「いちじくの木」があったのだそうです。木登りをし、季節にはいちじくの実をとって食べていた大切な木を切ってしまわなければ、新しい家は建ちません。

木が切られていく様を見て、小さな優子さんは、「この木を無くしてしまって、私はいったい何を得られるというんだろう」という感覚を持ったのだそうです。

今まで長年ずっと大事にしていたものを切り捨てていく。高度経済成長時代に新たに得たものは、今まで大事にしてきた何かを切り捨てることによって成り立っているんだという感覚を、この「いちじくの木」以来、心のどこかに持ち続けてきたという話でした。


田中さんが水俣病にはじめて関心を持ったのは18歳、大学生になった年だそうです。
石牟礼道子さんの「苦海浄土」を知り、「胎児性水俣病になった人たちは自分と同年代。生まれる場所は選べないのだから、自分がその立場になっていたとしてもおかしくはなかったのだ」という思いから、強い関心を持つようになったそうです。

そこで田中さんは、苦海浄土の一文を読み上げて聞かせてくださいました。

内容としては・・・
水俣では、お金を出さなくても、目の前の海に糸をたらせば魚がとれる。海水で炊いたお米はとてもおいしい。
東京では、まずい死んだ魚をお金で買っているらしい。東京の生活は大変なんだなあ・・・。

水俣の人たちはそうやって暮らしてきたのに、この生活が、工場排水による海の汚染によって奪われてしまったのです。


田中優子さんの話を聞いていると、いちじくの木も、水俣の海も、目の前に広がっているような気持ちになりました。

目の前の豊かな海や土地から、とれたばかりの魚などをとって、金銭によって動いている都会とはまったく別の豊かさと幸せを持って暮らしていた地域。
その生活が突然に奪われる。
しかも、それは、ここに住む人とはまったく関係のない、都会の生活の便利さが原因なのです。

これはまったく、福島と同じ状態です。

自然の豊かさへの感動と、それを台無しにした絶望感を感じます。

水俣にも、また足を運びたいという気持ちになりました。
スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

過去ログ