Entries

婦人科の勉強会を企画しました。

「自分で守ろう、自分のカラダ~ライフサイクルの中での女性の健康づくり~」
9月29日(土)午後2時~4時
石神井公園区民交流センター2階 会議室2・3
講師:吉野一枝先生(よしの女性診療所 院長)

*男性の方もぜひご参加ください。


先生のプロフィールなど、詳細のチラシはこちらからご覧ください。



私自身ががんになった体験談は、このブログでもご紹介しました。(詳しくはこちらをご覧ください。)


結果的に今のところ完治してますけれど、がんだと言われた時には治療にどのくらいの時間と費用がかかるのかも、子宮を残すことができるのか全部とっちゃうかも分からなかったし、今はすっかり元気とはいえ、これからもいつ再発するか分からないわけです。

病気のことを知りたいと思っても、情報は、断片的なお医者さんの話を聞いたり(しかもその時によって微妙に言うことが違ったりして・・・)、正しいのか誤っているのか分からないインターネットの情報を調べるくらいしかありませんでした。


そこで、福祉施設などでも女性に対して性について、健康についての正しい知識を教える講演をしてくださっているというお医者さんを知り合いから紹介してもらい、勉強会を企画しました。

本当は、和室の部屋を取ることができたら子ども連れでも参加しやすいかなあと、頑張ったのですが、残念ながら抽選の闘いに敗れました・・・(+_+)

なので、ふつうの会議室だし保育もついていませんが、できれば若いお母さんにも聞いて欲しいです。それから男性にも。


以下は私が企画した「思い」なので、お時間があったらお読みください。

病気は本当に突然、襲ってきます。他人の病気の話は、落ち着いてから打ち明けられるので、整理した状態で説明されますが、自分の病気は治るか治らないかさえもわからない先の見通しの立たない混とん状態に突然放り込まれるようなものです。

一方で、子どもが小さいお母さんたちは、自分の体のことは後回しにしがち。でも、少なくとも年に1回の検診に行く時間はとるべきだと思います。病気を早期に治すことは、結果的にはお子さんのためにもなるわけですから。そのためにも、自分の体の何を気をつけておけばいいのか、基本的なことを知る機会は必要だと思います。


子宮頸がんワクチンを子どもに接種させるべきか否かで悩んでいる方もいるかもしれません。
ちなみに私は、20歳を過ぎたら年に1回の検診を受けるということとあわせてワクチンは接種すべきだと思います。
なぜかというと、一般的には子宮頸がんは定期的に検診を受けていればがん化する前に発見できると言われますが、私は2年に1回検診を受けていたのにもかかわらず、がんになるまで見つからなかったからです。

それは私のがんのタイプが珍しいものだったからで、もちろん、そういうことは割合としてはごくわずかですが、そういうものも予防できる可能性があるなら予防した方が良いじゃないかと私は思います。
ただし私の意見は一当事者の意見ですから、これも、お医者さんの専門的な意見を聞いて、皆さんが判断すべきことかと思います。


あと、今回の経験を機に改めて考えましたが、女性が子どもを産むか産まないかという選択、あるいは女性が婦人科の病気になるという経験が、その女性一個人の個人的な問題と突き放されることが多いように思います。
子どもを産み育てるのは女性だけの責任ではないし、女性が病気になることは家族や社会にとっての問題でもあります。
でも、男性はなおさら、こうしたことについて学び考える機会が少ないのだと思います。
ですので、ご家族の健康について考えていただくためにも、男性にも参加していただきたいと思います。


女性は自分の体のしくみを知った上で、自分はどんな人生を送りたいのか、主体的に考える機会を作る必要もあると思います。
思いがけず妊娠してしまった、思いがけず妊娠できなかった、こどもができれば幸せになれるかと思ったらそうではなかった―そういった、女性の人生に起こり得る様々な課題についても考える必要があると思います。

ぜひご参加ください。
スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

過去ログ