Entries

気仙沼への旅2013.3 ③


気仙沼の報告の最終回です。

私たちは今回、気仙沼で一景閣というホテルに宿泊しました。一景閣は3月23日にグランドオープンしました。私たちが泊まった3月16日にはまだ一部が工事中の状態でした。

kesen8.jpg

一景閣の周辺はかなり津波の被害に遭ってしまっています。

kesen9.jpg
これがホテル周辺の景色。


この日は朝から参加者みんなでタクシーに乗って、気仙沼市内と陸前高田を案内していただきました。

kesen10.jpg
陸前高田は奇跡の一本松が腐食してしまったのでいったん切って、加工して戻している最中でした。
高額の費用をかけているため、地元では賛否両論あるようでした。


kesen14.jpg
松は1本だけ残ったけれど、7万本あったほかの松はみんな流され、根本がわずかに残っています。

陸前高田は海から平地として広がっている場所が多く、津波から逃れるのも困難だったであろうことが想像できます。


kesen11.jpg
この写真はタクシーの中から撮ったものですが、ここはもとは商店街のあった場所だそうです。歩道の端に点々と、柱の跡のようなものがありますが、これは商店街のアーケードの柱の跡なのだそうです。説明を受けなければまったくわからないほどの大きな被害。


kesen13.jpg
これは陸前高田の写真集に載っている震災前の商店街の写真。ひとつ上の写真と同じ場所です。



陸前高田を見終えた後、気仙沼に戻りました。

kesen12.jpg

大きな船が残っているこの場所は気仙沼駅の隣の「鹿折唐桑駅」という駅があった場所ですが、地域一帯が火災となり、線路も焼けて、現在は電車は走っていません。

上の写真にうつっているベンチの前の白く四角くなったところがおそらく駅舎だったと思われます。

--------

東京に帰ってきて、気仙沼のことを考えながらふと思い出したことがあります。ボランティアなど「支援する人」と「支援される側」との関係についてです。


私が大学時代、とあるボランティア活動をしているときに、いつも当事者(「支援される側」にある人)の声をかき消すようにして自分ばかり話をし、当事者に対してすごく偉そうに意見するおじさんがいました。

大学生心にも「ずいぶん不遜な態度の人だなあ」「私は当事者の話を聞きに来たのであって、このおじさんの話を聞きに来たわけではないのにな」と感じていたのですが、「支援される側」にある当事者の人たちは、それでも笑顔でその人の話を聞き、「いつも応援してくれてありがとう」と言っていました。

社会の中で弱い立場に立たされ、それまでほとんど応援してもらえない環境に置かれていた人たちのところに「応援してくれる」という人が現れた場合、当事者の人たちは「来てくれるだけでうれしい」という気持ちになることもあるだろうし、少し嫌な言い方をされたところで言い返すことはできないだろうと思います。こういう関係性は、まったく対等な人間関係とはいえません。

「やってもらう一方」である関係を続けたい人はいないと思いますし、ましてや「やってあげてるじゃないか」という言われ方をされたい人がいるわけがありません。


こういう経験をして、私は、自分がボランティアなど何か行う時に、ともすれば上から目線になりかねないということを常に気を付けなければいけないと考えるようになりました。

これは被災された地域の人たちと東京に住む私たちの関係も同じだと思います。

今、私が大人数で気仙沼に行く場合、事前に何度も気仙沼の人に電話をして、泊まる場所、食べる場所など、いろいろと相談させてもらっています。
たくさん手間をとってもらって、ようやく行ったところでできることは食事や買い物を商店街でするという経済活動くらいしかなく、全然役には立てていないのが現状です。応援しに出かけていると言うのさえ恥ずかしい気持ちになるほどです。

それでも被災した地域の方の中で、外部からの訪問を受け入れてくれている人たちがいるわけです。それはきっと、「この経験を話すことが、ほかの地域の今後の防災対策に役立つに違いない」という思いからなのではないでしょうか。
これだけ大変な思いをしてなお、受け入れようとしてくださっている方々に敬意を表さずにはいられません。


そもそも震災が起きる前から、産業も人間も東京を中心とする都心に一極集中していたことによって、震災が起きた時にも復興が遅れています。そして、都心の便利な生活のために原発を地方に押し付けてきました。
復興の遅れや原発の問題は「東北の問題」ではなくて、日本に住む私たちすべての人が当事者である問題だと思います。

特に東京に暮らす人たちにとって東日本大震災後に起こったこれらのさまざまな問題は、どちらかといえば加害者側に近い当事者としての問題なのだということを忘れてはいけないと思います。
「東北を応援してあげよう」なんておこがましい気持ちを持つことなく、ともに課題解決をめざす友人として、ずっとかかわりを持ち続けたいと思っています。

スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

過去ログ