Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域包括支援センターの本所の委託

6月27日の医療・高齢者等特別委員会で地域包括支援センター本所の委託についての報告がありました。

そもそも「地域包括支援センター」というのは、高齢者や介護の必要な方、介護について心配されている方などが自分の住む地域で生活に関することどんなことでも包括的に相談できるようにということで設置されているセンターで、介護保険法に位置づけられています。

介護保険法に書かれた事業内容を要約すると、(第115条の44)
・要介護状態の予防のための事業
・介護保険被保険者の実情把握、情報提供、関係機関との連絡調整
・虐待防止、早期発見、被保険者の権利擁護
・サービス計画の検証、サービス利用状況の定期的な協議などを通じた日常生活の支援

などを行うというものです。

上記のような事業を実施するために、センターには必ず、主任ケアマネ(ケアマネの経験を5年以上積んで研修を受け、他のケアマネの調整などの役割を果たす)、保健師、社会福祉士の3つの専門職は置かなければいけないと、「介護保険法施行規則」に定められています。

練馬区では、福祉事務所に併設している4つの「本所」を行政直営で運営し、また地域の中にある施設併設の24か所の「支所」を民間委託で設置してきました。
地域包括支援センターに関する練馬区による説明はこちらからご覧いただけます。

今回、直営で運営してきた4つの「本所」のうち、練馬だけを直営で残してあとの3つは民間に委託するという方針を出してきたのです。

6月27日の委員会での説明によれば、直営のセンターを持っているのは23区の中では練馬を含めて6区で、必ずしも多くはないのですが、直営を残してきた意義としては虐待対応や様々な事情で困難なケースについての対応、また介護事業所などが直面したそうした事例への助言などをする役割を行政が責任を持って担うという意味があります。

ただ、地域包括支援センターでは、3つの専門職の確保が難しいという課題がある。

支所では保健師の確保が難しく、代替として実務経験のある看護師が対応している場合もあるが、それでも人手が足りずに一時的にいない状態になっている支所が現在は5か所あるとのこと。

また本所では独自に主任ケアマネの確保が難しく、民間団体に所属している主任ケアマネに来てもらっていた時期もあったが、それは雇用の形態として問題があるということで現在では「任期付採用」という5年の期限を上限とした任期付きの行政職員という位置づけで働いてもらっている。
任期は5年を超えることができず、今年度で任期が終了の予定なので、今後の方針を決めなければならない。
担当者に聞くところによれば、正規の公務員として採用するのもルール上なかなか難しく、また、現在いる公務員の中から新たに主任ケアマネを育てるのも難しい(今、行政はほとんど介護の現場を持っていませんから、実務経験を積める場が限られています)ので、行政が直接主任ケアマネの雇用を確保するのは現実的には難しく、業務を委託して、委託先の民間事業者に人材確保してもらうのが現実的であると整理したようです。

練馬区役所内だけは直営として残し、光が丘、大泉、石神井の本所を委託することになるのですが、委託した場合の業務内容は以下のようなものになります。(委員会資料より抜粋)

・総合相談事業(決定事務、介護保険認定調査事務の一部を除く。)
・権利擁護事業(行政専管事項等を除く)
・包括的・継続的ケアマネジメント事業
・在宅医療・介護連携施策の推進事業(新規)
・認知症施策の推進事業(新規)
・介護予防支援事業(新規)
・地域包括支援ネットワークの構築

「新規」とあるのは、介護保険法改正によって来年度から新しく始まる事業です。
先に書いたように人材不足により3職種の確保が可能かどうかという懸念もある上に、来年度法改正があって新規の事業が始まるというわけです。今回の法改正は特に要支援が介護給付から外されて地域支援事業に移行するという大きな転換がある時期でなので、事業者の負担感が重くなることも懸念されます。

高齢者虐待の通報があった場合に立ち入り調査をしたり、措置で施設に入所させるといった大きな権限の発生するものについては委託できないので引き続き直営で行うということなのですが、虐待に関しても以下のような内容は委託できると法に定められているため、練馬区でも今後、民間事業者が行うことになります。(高齢者虐待防止法17条)

・虐待防止・虐待を受けた高齢者の保護に関する相談、指導、助言。
・虐待の通報に関すること、通報の届け出の受理、高齢者の安全確認、事実確認、養護者の負担軽減のための措置

法律上は虐待に関する大きな部分を委託できることになっているのです。
ちなみに練馬区ではこどもの虐待に関しては、委託の子ども家庭支援センターではなく練馬と石神井の直営の部署で行うことになっているので、こども分野と比較すると高齢者の虐待問題はかなり民間にゆだねられることになってしまうというのも大きな課題ではないでしょうか。虐待に関することは高齢者の命、人権、個人情報に大きくかかわる問題なので、民間に任せるのは慎重であるべきです。

本所で扱う業務がこれだけ重いものになるので、働く人は単に専門資格を持っているだけではなくその道の実務経験がある人が求められます。

今後、本所の委託をおこなうにあたって、支所の運営実績のある法人に加点する形で評価したいという説明もありました。また、支所で働いて経験を積んだ人に研修を受けてもらって本所に配置転換するということ、本所の主任ケアマネは2名体制にして拡充することなども説明がありました。

しかし、前に書いたようにすでに人材不足が起こる中で、今支所にいる職員を本所に配置転換したら、支所の業務が成り立たなくなることも懸念されるのではないでしょうか。

しかし今まで書いてきたように直営で運営してきた地域包括支援センター本所の業務を民間に任せることにはたくさんの懸念材料があります。
主任ケアマネの任期付き採用を始めた段階で5年の期限があることはわかっていたわけで、もっと早い段階でより良い工夫を考えるべきだったと思うし、「直営のセンターを持つ他区に関しても主任ケアマネの確保の難しさから今後直営を維持するのは大変だと聞いている」という答弁もありましたから、行政が責任を持って業務を実施するのに制度上の課題があるということについては国に対しても意見を言っていくべきなのではないでしょうか。

委員会の議論の中で、担当課長が折にふれて、「これまで行政が地域包括支援センターの業務で高齢者にかかわってきたのは、区も介護予防支援事業者としての立場にあったからだ」と答弁していました。法的には事業者としての位置づけを持ってかかわっているといえるでしょうが、その前に高齢者福祉の向上に責任を持つ行政であること、介護保険の保険者でもあることについての意識でもって地域包括支援にかかわっていかなければならないという課題のとらえ方はしていないのだろうか、という点も疑問に感じたところです。

高齢者が安心して地域で暮らすためのしくみのなかでの大きな転換であり、まだまだ大きな課題を残している分野です。
スポンサーサイト

福島の動物シェルターSORAに行ってきました。

6月13日(金)、議会の仕事が終わった後に東京を出発し、福島にある動物のシェルターSORAに向かいました。
14日と15日の2日間、SORAでボランティアをさせていただくためです。

今回出かけるきっかけになったのは、2月に私が企画した「東日本大震災のドキュメンタリー映画上映会」です。2週ににわたって、飯田基晴さんの作った東日本大震災関連のドキュメンタリー映画の上映をしたのでした。

そのうちの1つが、「犬と猫と人間と2」。
私が上映会をした時の様子は以前、こちらのブログに書きましたのでご覧ください。

震災では人間だけでなく動物たちも被災をし、飼い主と離れ離れになるなど過酷な生活を強いられてきました。
犬や猫と接していると感じることですが、動物は言葉は話せなくても人間と同じように感情を持っています。でも、人間のようにはその命を大切にされないことは日常の中にも多くあると思います。(たとえば殺処分)
災害時には、行政などの支援が人間のようにはない中で、ボランティアの力頼りでその命を支えている部分が大きいと思います。

映画にはこうした動物たちを保護しているシェルターがいくつか登場しますが、そのうちのひとつであるSORAに今回お邪魔したのでした。
それは、SORAに定期的にボランティアに行っている方が、私の上映会に参加してくれたというご縁があったからです。
上映会にご参加くださった方の中から「実際に自分もボランティアをしてみたい」というご意見もありましたので、できれば私も皆さんをお誘いする企画ができないかと、上映会をした時から考えていました。
そのためにはまずは自分が経験してみなくては…ということで、今回は上映会の準備などをきっかけに知り合った仲間5人で行ってきました。

SORAは猫も10数匹いますが、犬が30匹近くいて、その犬達のお部屋の掃除やお散歩が活動の中心です。
ちなみに、今いるワンちゃんたちが保護された場所はこちらからご覧いただけます。

10374933_652177024872044_7329058071170191120_n.jpg
午前中、犬たちが外に出たら、夜間の時間帯を過ごしている室内のお掃除。

1012603_652176951538718_2173051932806417736_n.jpg
毎日、1匹ずつのケージの中もきれいに拭いているので、室内はとても清潔です。お掃除に使うものや動物たちのえさなど消耗するものはたくさん必要ですから、なかなか現地にボランティアに行かれないという方も、こうした物資の協力をする方法もあるかと思います。ちなみにこちらのページから、寄付や物資の送り先、送ってほしい物資の内容が分かります。

10380881_652176724872074_2440274391492642760_n.jpg
平日はボランティアさんがあまり来られず、少ないスタッフがこの子たちのお世話をしているそうですが、私がうかがった土日はボランティアさんも多く、昼間は少しゆったりとワンちゃんたちと交流できました。

10401911_652176414872105_8649807507150486495_n.jpg
午後はお散歩に出かけます。数匹いっぺんに散歩させることはできないので、1匹ずつ順番に。これも人手が少ないと大変ですね。

写真 (3)
猫舎は犬がいる場所から少し離れた所にあって、基本的に猫たちが1部屋に自由に過ごしていますが、猫舎の周辺の草刈りをしたり猫と交流するなど、しばらく猫舎にもお邪魔しました。

10371903_878545065496087_3285486467775508218_n.jpg
外で草刈りをする人間を観察する猫たち

10450804_652177158205364_7530940280785613670_n.jpg
活動の終わりに、この日かかわったスタッフ・ボランティアさん全員で撮影。

犬たちも猫たちも、とても落ち着いた様子で生活している、良いシェルターでした。またボランティアに行きたいなと思いましたし、関心のある皆さんもぜひご一緒していただきたいです。
人間同士でもそうですが、やはり直接会うからこそ感じられるもの―犬や猫といった一般名詞ではなくて、固有名詞としてその子のことが思い浮かべられること―があると思いました。

SORAではスタッフの方がすごく丁寧に、お世話の仕方などを教えてくれて、活動の終わりにはそれぞれのワンちゃんたちの最近の気になることなどもボランティアも一緒に共有させてもらえるので、その場の全体像が見えたのも、初めて行ったボランティアとしては安心できました。

とはいえ、人手の少ない平日は大変であることは想像できますし、東京にいる私たちができることを引き続き考えていきたいなと思っています。

具体的には…
まず、上映会に参加した人たちにお声かけをしたいとは思っていますが、それ以外の方でもSORAのボランティアに行ってみたい、という人はぜひお声掛けください。一緒に出かけるツアーをぜひ考えましょう。

また、2月の上映会は平日夜間におこなったので参加できなかった人も多く、土日の昼間などに改めてやるのもいいかもしれない、ということも考えています。

今後の活動予定

★6月22日(日)午後2時~4時 区政報告会(勤労福祉会館音楽室)
昨日6月2日から議会が始まり、20日まで行われる予定です。
22日の報告会、前半1時間は今行われている議会の報告、後半1時間はジャズのミニ演奏をする予定です。

★7月11日(金)午後6時30分~ ジャズコンサート(練馬文化センター小ホール)チケット代3500円
大泉学園町在住の山田英二さんが率いるビッグバンド「フライングハーツオーケストラ」の演奏と歌です。
映画音楽、ジャズスタンダードなど、みなさんに身近な音楽を演奏してくれる予定です。
上記の6月の報告会の時も、山田さんがミニ演奏をしてくれる予定。ジャズがあまり身近でない方は、まずは6月の報告会に様子を見に来てください♪

報告会は当日参加可能。
ジャズコンサートは当日券もありますが、できれば事前にお申し込みください。
ご連絡は加藤木まで。
(sakurako_happy_society@yahoo.co.jp)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。