Entries

横浜市の「めぐカフェ」視察

ブログの更新がずいぶん間あいてしまいました。

今回のブログでは、7月15日に横浜市の男女共同参画センターで実施している「めぐカフェ」の事業を視察してきた様子をご紹介します。

会派を一緒に組んでいる議員さんと5人で、横浜市の南太田という駅の近くにある施設「男女共同参画センター横浜南(フォーラム南太田)」に伺いました。

megu1.jpg


この施設では、例えばさまざまな講座がおこなわれていたり、依存症やDVの被害体験など様々課題を抱えた人同士の自助グループをおこなうなどの活動がありますが、この施設の1階に喫茶スペース「めぐカフェ」があります。

megu3.jpg
(めぐカフェで紫蘇ジュースをいただきました。)


「めぐカフェ」は2010年にオープンしたカフェで、若い女性のための就労支援の場になっています。

行政が実施している女性への支援はたとえば子育て支援、結婚・出産を機に仕事をやめた女性が復職するための講座などのサポート、DV被害者支援などがありますが、結婚していない若い世代の女性を対象にした事業はあまり考えられてきませんでした。そもそも、困りごとを抱えているかどうかの把握すらおこなわれてこなかったといえます。

そこで横浜市では2008年に若い女性の状況調査をおこないました。そして調査の中で、生活や健康面での課題を抱えて孤立する若い女性が多くいることを把握しました。しかし一方で結婚していない女性の場合「家事手伝い」と位置づけられて、ひきこもっている状態すらも把握されることなく、サポートから外れてしまうのです。若い人のための就労支援策として国は「若者サポートステーション」という事業を実施していて横浜でもやってはいるのですが、女性の参加は少なかった(男女比が7対3)ということもあり、別途、女性のための支援を始めたという経過があったそうです。

 「めぐカフェ」は現在、月曜から木曜の11時30分~16時に営業。就労支援の講座を受講し終えた女性たちが実習生として訓練を受けています。

今まで、困りごとそのものが把握されていなかったことに光を当てていくことはとても大切だと考えます。
練馬区も石神井に男女共同参画センターがあります。そこで取り組むべき課題として提案していきたいと思います。

megu2.jpg
(会派の皆さんと一緒に。)
スポンサーサイト



Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

過去ログ