Entries

それぞれ成長速度は異なる

朝の駅でのチラシを見て、感想をメールでくださった方が、「福祉の仕事をしていたってこと、HPで知りました」と書いてくださいました。


あー、そうなんだーとしみじみ。私の中では、議員であることよりも前に社会福祉士で、ヘルパーの仕事をしてました、と名乗る方がしっくりくるので、当然皆さんそう認識しているんだろうと思っていたのですが。でも選挙が終わった後に私を知った人にとっては、私はただ「議員」なんですねえ・・・。そう考えると、チラシには必ず経歴と主張を書いておかなくては区民の皆さんには分かりにくいんだな、ということにふと気づきました。


・・・以上、いただいたご意見によって得た私の感想です。ですのでとりあえずここで一言・・・私は社会福祉士で4年間ヘルパーをやっていて、その結果議員になりました。


 


今日は、以前からの友人の紹介で、子育て支援の勉強会に渋谷へ行ってきました。


自閉症とかADHD、LDなど、最近結構話題になりますが、支援の必要な子ども達に対する子育てについて、お母さんからの体験談、保育士さんやお医者さんからの意見が聞けるシンポジウムでした。


社会的にはだいぶ理解が進んできたものの、いざ自分の身近なところに障害のある子がいるとなると、なかなか理解してもらいづらい・・・そんなことを感じました。


私が福祉の学校に行っている時から子育て支援というと必ずお名前を聞いていた、三鷹市の職員の佐伯さんがお話をされていた。障害を持った子の親同士が話している中でさえも「うちの子はあの子よりは障害が軽いからまだ幸せだわ」という会話を聞いてショックを受けたと。それで、「そういう考えは持たないでほしい」と話したとおっしゃいました。「どの子も、成長の速度は違っていて、その子なりに成長しているんです。それを認めてあげてね」と。


今の社会の中で子育ての大変さは、障害があってもなくても同じくらい大変なんだと思います。それって、「子育てが大変」なんではなくて、さらには「大人が生きるのも大変な社会」ということなんだと思います。


上のような会話って、大人同士でもありますから。


私がデイサービスで働いていた時、軽度の認知症の人が重度の認知症の人を見て「あんな風になってまで生きたくないわ」という場面にしょっちゅう出くわしました。そんなこと言われても、私はどう答えて良いんだろうかと思った。なんでそんなことを言うんだろうと腹も立った。


今大泉で起きているホームレスの施設の問題の中で区民の方から「ホームレスなんて怠け者がなるんだから、一生懸命働いてきた自分達と同じような生活をするために税金が使われるなんて許せない」という人が、残念ながらいます。さすがにこれは「はい、そうですか」というわけにはいきませんから「それは違いますよ」とちょっとは説明していますが、結構その意見を聞いたときに私の心の中は腹が立っています(苦笑)


 


上のような例をいくつか挙げた理由は、差別する側も差別される側も、両方とも生きる権利を持っている、という難しさを感じるからです。


例えば保育園で障害児を差別する人たちも保育園の利用者だし、障害児も利用者。デイサービスの中では軽度でも重度でも利用者。私にとってはホームレスの権利も区民の権利も同じように大事。


そんな関係にも関わらず、差別・被差別になってしまう難しさ、息苦しさ。


それにどう対処すれば良いのか。特に福祉職や、行政や、私のような議員といった、公平・中立であるべき立場の人は・・・。


それに対して、講師の皆さんが「それは、障害があるかないかに関わらず、人の成長の速度はそれぞれ違うんだから、みんなそれぞれ頑張ってるんだよ、って理解し合うことではないか」とおっしゃっていました。


最近よく言われる、「みんな違っても良いじゃないか」ということ、言葉だけがしょっちゅう言われて意味そのものが浸透しないうちに陳腐になってしまっている感じがしますが、そのことなんだろうなと思います。


成長は一生涯続くものだとしたら、一生の速度は人によってそれぞれ異なるということにもなりますからね。


当たり前だけど見失いやすい、「みんな違うけれど、みんなそれぞれ個性的で、頑張っていて、だから認め合って支えあうことが必要だね」ということを、常に訴えていかなくてはならないと思いました。


 


かとうぎ桜子を育てる会

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/104-a0b282bf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

過去ログ