Entries

今日の私

★今日と明日は、大泉学園の北口にある北野神社のお祭りです。


夏の、学園町のお祭りのときにも思ったけれど、おみこしは、迫力がありますね。


ぽかん、と口を開いて眺めてきました。


なんでもそうだけれど、音と匂いも大切ですね。きっと文字だけでは伝わらないものがある。


どーんと響く太鼓の音、大泉街道まで流れてくるイカ焼きの匂い。


明日、お時間ある方はぜひ北野神社、覗いてみてください。


★今、進んでいる区立保育園の民間委託。


光が丘第四保育園の保護者の方が、民間委託のあり方についての勉強会をするということで、午後、出かけてきました。自民、公明、共産、生活者ネットからも1名ずつ参加されてました。


私は、民間委託を絶対反対とは思いません。民間で働いている福祉関係者に素晴らしい人をたくさん知っているから、民間になるからって悪くなるとは思わない。ただ、どんな形であれ、今そこにいる子ども達にとって安心できる保育であること、それが保護者の方たちが納得している形であることを最優先にして物事を進めていかなくてはならないと思っています。


行政改革が進む中で、保育園も例外ではないから進めなくてはいけない、という説明では、そこにいる当事者である子どもの存在がすっぽりと抜け落ちてしまう。


行政改革は進めなくてはいけないという立場であるためにどちらかというと「どうしてなの?」と言われてしまいがちな自民党の方がちゃんと来て、自分の考えについて説明されていたのは、良かったなと思いました。


どんな物事を進めるにも、いろんな意見がある。異なる意見もぶつけ合ってみることで、思いがけない良い結果が生まれるかもしれない。自分達では考えつかなかったものが思い浮かぶかもしれない。


せっかくみんなが集まって議論しても、やっぱり自民党の人も来て一緒に話し合ってくれないと、現実的に先に進まないと思うのです。だから、良かったな、と。


行政に足りないのは、その部分じゃないかと思うのです。どうせ、反対されるから、話し合っても仕方ないと思っているのではないでしょうか・・・。


本当に反対なのかどうか、どういう考えなのか、まずは相手の意見を聞いてみないと分からないのに。


以前、議場の野次は下品だと書きました。それは、相手が何か意見を言おうとしているものに耳を傾けずにかき消して自分の意見をぶつけるからです。ホームレスの施設のときもそうでしたけど、行政のやり方は、ちょっとその野次のやり方に似てると思います。相手の声を聞かずにかき消して自分の意見を言う。


異なる意見を持つ相手の言葉こそ、まずは耳を傾けてみることが必要ではないでしょうか。


★以下は、どうでも良い話。


私は9歳の時から中島みゆきが好きなのです。


全曲の歌詞を覚えているほど。


でも、18年もファンだと、だんだん熱烈ぶりが衰えてきて、新しいCDが出ていたと今日になって気づいて買ってきました。


18年するとだんだん関心がなくなってくる。決して嫌いになったわけじゃないのだけれど・・・結婚生活もこんな感じなのかしら(笑)


9歳から中島みゆきのファンで、趣味は飲酒と福祉の勉強をすること。だから、福祉関係の旧友とお酒を飲んで酔っ払っても、話してる内容はなんと、健康福祉委員会で話し合われているような内容(笑) 日本酒を片手に「これからの地域社会」とか「今の生活保護は・・・」とか言っているのです。それが趣味。


私の趣味はなんかちょっとおかしいな。こんなだから、私は27歳になった今も独身なんだろうか、と時々ふと疑問が頭をもたげることがありますが、あんまり深く考えると悲しくなりそうなので、考えないようにしています263


でも、酔っ払っても私と一緒になって地域社会について語り合ってくれる友達が何十人もいるのには、ありがたいことです。類は友を呼ぶんですね・・・。


かとうぎ桜子を育てる会

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/122-a0a75466
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ