Entries

昨日今日で考えたいくつかのこと

★ブログの最後に「拍手」っていうのがついているのを知っていますか?共感してくださったらその印をつけられるしくみなんですね。


私が、書きながら一番ドキドキした、社会福祉事業団の天下りの話のときと、オリンピックの決議の話のときだけ、やたらとこの「拍手」を押した人が多い・・・。なんか、曲芸をやっているような気分になります(笑)


★昨日は「練馬まつり」でした。これは昨年も出かけて、かなり大規模なお祭りだったなあという感想を、ブログに書いた覚えがあります。


ヒラ議員は特に式典などは無いということでした。でもまあ福祉関係の知り合いが出店をやってるから「頑張れ」と言いに行こうと思って、かなりヨレヨレした服を着てふにゃふにゃと出かけました。


練馬区独立60周年の記念もあわせて、派手なパレードをやるといって、練馬駅前で準備がされていました。


071021_1257~0001.jpg


馬がいた。


馬が、「ぱちくり」と瞬きをしていました。


おお!目がぱちぱちしている!と、さかんに馬の写真を撮ってきました。


私は以前、猫を飼っていましたが、猫はそんなに瞬きをしないような気がする。私が一生懸命しゃべりかけているときに、「はいよ、わかったよ」と言いたげな時にはぱちりと目を閉じたものですが。


だから、馬は猫と違って、人間みたいに瞬きするんだなあと発見したのでした。


 


それで、あとはおまつりを見て歩きました。


昨年来た時は(当然のことながら)気がつきませんでしたが、結構、区の職員さんや議員さんがいるのですねー。「あ!お疲れ様です!」なんていうやり取りをしながら移動。


「ありゃー、私は、馬鹿みたいにヨレヨレな服を着てフラフラ歩いているのにいろんな人に会ってしまった・・・」と。スコップでも持ってきて、穴を掘って、入ってしまいたいような気分になりながら歩いていました。


一般質問で、ゴミのポイ捨ての啓発について聞いた時に、「確か照姫まつりで何か啓発のイベントをやっていたような気がするんだけど、あれは夢幻だったんだろうか」と思って、はっきりと思い出せずにいたものがありました。


それを練馬まつりでもやっていたので、「あ!これだ!夢じゃなかった!」と分かった。JTの啓発活動でした。http://www.jti.co.jp/JTI/contribution/chiiki/zenkoku/kanto/index.html


希望者に手袋やはさみ、ゴミ袋を渡して「ためしに拾ってみてね」とやっている。


渡されるグッズのグリーンがきれいで、なんとなく試してみたい気分になる。


そうそう、一般質問で言いたかったのは、「いくら、『ゴミのポイ捨てはいけませんよ』って言葉で言っても心には染みないから、もっと、『ゴミを拾ってみたい!』と感情に訴えられるようなことはできないのかな」ということだったのです。


たぶん、どんな良い言葉よりも、人の印象に残るのは視覚的なものじゃないかと思うのですね。


行政がやると、意外とそこが抜け落ちるのかなと。


ゴミのことに限らずどんなことでもですが、行政の試みって、せっかく中身は一生懸命考えたんだろうに事業名のネーミングが変だったり、啓発のためののぼり旗がいまいちだったりするから、もったいないんじゃないのかしらね。・・・練馬まつりにヨレヨレな服で行った私にそんなこと言われたくないと思いますが263


だけど、そういう、斬新なアイデアが必要な部分こそ民間委託すれば良いんじゃないかしら・・・。


★今日はまだ色々と書きたいことがあるのですが、長くなってきたのであと1つにしておきます。


私は、選挙に出ることになってから膨大な数の人と出会いました。


出会いがたくさんあると、それに比例して別れも増えてくるんですね。当選した後だけ考えても、片手では数え切れないだけのショックな話に遭いました。


別れは、何度経験しても、心に寒風が吹きます。


風が寒すぎて文章にすることもできないほど。


 


で、せめて読んでくださっている方に一言です。


体の不調や心の不調を感じたら、ちゃんと病院に行きましょう。できるだけ早く。


そうじゃないと、「病」に負けてしまいます。


今、80歳や90歳まで生きるのが当たり前のようになっている時代です。


だから、ぜひとも、80歳や90歳まで生きてください。


寿命を全うせずに死んでしまって困るのはあなた自身ではなくて、あなたを愛する周囲の人ですよ。あなたが死んじゃったら、あなたの周りの人のことをも殺すことになっちゃうのですよ。


だからちゃんと健康診断を受けて、疲れたら休みましょう。


休むのが怖かったら、「休みたいけど不安で休めない」と声をあげてみましょう。案外、一人ぼっちではない。きっと一緒に悩んでくれる人がそばにいると気づくことができるはずです。


かとうぎ桜子を育てる会

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/131-87f52cdc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ