Entries

昨日の健康福祉委員会

★保育園の民間委託、行政の担当者がまったく心なしにやっているとは思わないのですが、今見る限り平成21、22年度から始まる園のうち少なくとも二つは、本当にひどいです。
福祉の仕事をしてきた感覚としては有り得ない状態です。

光が丘第四保育園はすでに事業者の募集が始まっていて、本当に良い事業者が来るのか、なぜ光四だけこんなに早急なのか、保護者の方はとても不安を感じている。

光四と同じ時期に委託が始まる予定だった豊玉第二保育園は、保育園のハード面の建て替えも時期が重なっているので、建て替え計画にあわせて委託が1年延期されました。
光四の保護者から見ると「豊玉第二は延期されて良いなあ」と思うけれども、豊玉第二は建て替えが重なることにとても不安。

結局、だれも納得してない。安心してない。
誰のための公共サービスなんでしょう。


それが分かっていながら結局今のところ何も変えられていない自分に腹が立ちます。


福祉の当事者の気持ちが置き去りにされている現状は絶対変えなくてはと思ってます。

★17日の健康福祉委員会は、項目が多くてほとんど議論はできなかったので次回持ち越しがたくさんあります。
その資料を改めて読んでいますが。

国レベルで、障害者制度の新たな考えを出したという参考資料がありまして。
区レベルでも影響があるから参考に出したという位置づけらしいですが。
タイトルは「障害者自立支援法の抜本的な見直しに向けた緊急措置」。

初めにひどい制度を作ったのが悪いくせに、制度を作った側がなんで「緊急措置」なんて正義の味方気取りなタイトルなんだ、とまず腹が立ち。

具体的には何が緊急措置かというと、ほとんど収入がない人に対して利用料がやたらと高くなったのを、少し低く抑えたのが「緊急措置」なのだそうで。
表を見るとなんだか、テレホンショッピングみたいに「元はこの価格が、なんと緊急措置でこのお値段!わー!お得!」みたいな表になっているのも腹が立ち。

福祉サービスはショッピングとは違い、生きるために必要なことなのになと思います。

小泉首相が「改革」とカッコ良く言ってましたが、それは本当に無駄遣いな部分の削減よりも、むしろ弱者にしわ寄せが行ってるんだなと、議員になってしみじみ感じています。

※かとうぎ桜子を育てる会のホームページはこちら

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/168-86d1d778
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ