Entries

光が丘第四保育園の説明会

私の母は介護保険が始まる年の冬に亡くなったので、今年でもう8年になりますが、最近すっかりお墓参りが遠のいていまして。
当選してからまだ一度も墓参りをしていない(^^;
いや、選挙に出ると決めてから行ってないんだから、もう2年近くになるのかもしれません。

選挙の時に気にかけてくれていた元都議会議員の中山幹雄さんが、選挙が終わった時に「お世話になったAさんのところには挨拶に行ったかい?Bさんのところには行った?」と色々と気を回してくださっていて。さらには「お母さんのお墓参りには行ったの?」ということまで気にかけてくださったので、いやはやそんなところまで気にしてくれるとは、中山さんは良い人だね、と思いつつ、「いいや、墓参りには行っておりません」と答えたものです。

良い言い方をすれば、母に対する気持ちを、墓参りの代わりに今生きている人たちの方に向けている、と思っているのですが、まあでもとにかく行ってないのです(笑)

1月末が命日なので、さすがにたまには行くかなあ、と思って、身内の何人かと約束をして、今日行くことになっていました。

ところが、光が丘第四保育園の民間委託に関連する説明会が今日行われるということを数日前に聞いて、ありゃありゃ、どうしましょうと思いました。
民間委託のことはすごく気になるし、でも身内と墓参りの約束もしちゃったし・・・。

ううむ。。
と悩んでいたら、なんと雪が降りまして、墓に行けなくなった。
お墓は鎌倉の山の中にあるので、絶対無理でしょうということで。

うむうむ、これはきっと私の母が「お墓に来ないで光が丘に行きなさい」と言ってくれたに違いない、と、信心深いような深くないような一人合点をして、今日一日の活動を開始しました。


しかしすごい雪でしたね。

そんな中で、説明会には保護者の方々が20人強、傍聴者が20人くらい集まりました。


光が丘第四保育園は、12月に民間委託の事業者募集が始まったところです。
12月に行われた説明会がかなりもめて、部長が「私は事務屋です」と言ったりしたところです(^^;

事業者募集を始める段階で、保護者の主張としては、「良い形での選定をするために、もっとじっくり話し合って、もう少し先に余裕を持った事業者募集をしてほしい」というものでした。
でも結局それが聞き入れられないままに募集が始まってしまった。
そのときに「募集を始めた後には、保護者の意見を取り入れますから」ということを、区側は言っていた。

2月に事業者の募集が締め切られたら、選定委員が選定を始めるんだけれど、その委員には保護者が選んだ人を入れてほしい、と保護者は思っていた。だって、保護者の意見を取り入れてくれるって約束したじゃない、と思って、「誰が良いかな」と準備していた。
保護者の方々も、きっと、保護者の意見全体をきちんと取り入れて反映させてくれるバランス感覚のある人を探さなくては、と一生懸命だったでしょう。

ところが、その話し合いのテーブルに着く前に、区の方が「選定委員を7名決めました。これでいきます」と言ってきた。おやおや、保護者の意見を取り入れてくれるんじゃなかったのかい、ということで、保護者は区側にさらに不信感を募らせた。

そんな中で今日の説明会が開かれたのでした。
14時過ぎに始まりまして、終了したのは20時過ぎでした・・・。

これだけの時間とエネルギーを費やしても、なんらポジティブな話し合いに至らないのが残念ですね。もっとお互いの意見を聞き合おうという姿勢が区側にあれば、これだけの時間を割けばもっと良いものができるはずなのに。


区の担当者の説明では、今回は保護者代表は選定委員に入れないという。どうしても入れられないという。それは、「公平性を考えないといけないから」という。
保護者側は、「7名を決めてしまったのなら、そこにあと2人、保護者側を入れても問題ないんじゃないか」という。
これで延々平行線。

私は、区の担当者が「公平性」という言葉を連呼していたときにふと、先日のブログで書いた早瀬昇さんの言ったことを思い出していました。
行政は、公平で平等にすることが仕事だ、ということ。
つまり行政側が言っているのは、「なぜこの選定委員会にこの人を入れたかということを客観的に説明できる立場の人でなければ入れられない」ということなのかなあと。多分、保護者の考えが偏っていると言いたいのではなくて、なぜ保護者を入れるのかを区として他の人に説明しにくい、ということなのかなと。保育園というものを見ているんじゃなくて、区全体を見たときの公平性、という言葉なのかな、と。

でもね、その言葉を保護者にぶつけてしまったら、保護者としては「じゃあ保護者が公平に物事を見られないと、馬鹿にしているのか」という気持ちになってしまうんだと思うのです。

日本語として同じ「公平」という言葉を使っていても、誰を対象にして使っているかが、区側と保護者でずれているから噛み合っていないのだと思いました。言葉というのは難しいものです。

鳥の目と虫の目のバランス、ですかね。
区の職員は区の全体を見ようとして鳥の目線でしゃべっているのでしょうが、それは、庁内で話すときには良いけど、区民と話すときにはもう少し考えないといけないのではないでしょうか。
保護者は保育園の心配をしているわけです。子どもが安全に健全に育ってほしいということを願っているわけです。その人たちの不安な気持ちに目線を合わせて話さないと、信頼関係は築けないでしょう。そんな時に鳥の目線で物事を言われたら、腹が立つばかりで噛み合わないわけです。


課長さんなんかは、課長さんの立場で言える最大限のことを頑張って言おうとされてた感じはしましたが。

でも、12月の光が丘第四保育園の募集開始の経緯や、1月に豊玉第二保育園のことがバタバタしたりだとか、そういう中でとても素直に行政の言う言葉を聞けない保護者の気持ちもあるわけです。

どこかでこの負の連鎖を断ち切れると良いですけどね・・・。


・・・12月のブログで、事務屋と自称した部長のことについてブログでブツブツ文句を書いたら、あらゆる人から「部長のことが嫌いなんだって?」だとか、「ブログに色々書きすぎじゃない?」と声をかけられたので、今日は控えめに書いてみました。ははん。
最後まで頑張って抑えておいたのに、最後に来て種明かしをしたら何の意味もないですけどね。ははん。

ま、明後日には健康福祉委員会もあることだし、また数日を経たらもう少し色々書けるかと思いますが。

※かとうぎ桜子を育てる会のホームページは
こちら

2件のコメント

[C163] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008-02-04
  • 投稿者 :
  • 編集

[C164] コメントいただきました

いただいたコメント、私しか見られないもので残念です。とても勉強になるご意見をいただきました。
どなたが書いてくださったのか特定できないので、ここに、ブログの補足を兼ねて私が思ったことを書きます。

練馬区の子育ての中で、保育事業とそれ以外とのバランスはどうあるべきか、などを考える場合は、「鳥の目」でやるべきだと思います。保育事業を残して、そこに地域の子育て支援センター機能を付加するという選択肢もあったのではないかと私は思いますが。

とにかく、民間委託という選択肢で行くことを決めたならば、あとは個別の園の保護者や当事者とのかかわりになるわけで、ここで鳥は地上に降りてこないといけないはずだと思います。

保護者の選んだ人が選定委員になると、保護者が「ぜひここに!」と思う事業者に優遇する得点をつけるかもしれないから、それは公平性に欠くので委員に入れられない、という考えが昨日示されましたが、保護者が「ここが良い!」と思うところを優遇して何が悪いのかしら、と思った。
納得できる事業者が選定されれば万々歳ではないですかね。
それは、建物を建てる入札とは違う、人と人のかかわりなんだから起きて当然のことだと思うのですが。
そこを無視して公平性を目指そうとするのは、かえって不公平性になると私は思いました。

それに、どうせ「鳥の目」になるならば、今、あちこちの自治体が民間委託をしていて、良心的な事業者にお願いするのはかなり困難な状態にある、ということだとか、練馬区のやり方は他の自治体と比べてもかなり恥ずかしいやり方だとか、他の自治体との比較の中でどういう位置づけにあるのか、というところまで見られる高さで飛んでいてほしいですね。
中途半端な低空飛行の鳥の目で見ているように思っています。
  • 2008-02-04
  • 投稿者 : かとうぎ桜子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/173-e318e80e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ