Entries

今日一日

選挙の時に心配してくださったり、気にかけてくださった人に、活動報告をしなくちゃと思うんだけれど、なかなか回りきれません。本当に申し訳ないのですが。
選挙当時にどれだけ態勢が整っていなかったかがよく分かるよなあ・・・と独り言を言いながら、少しずつ、少しずつやっています。定例会のないときに。

だから、今の時期も少しずつ動き回っているのですが。
今となっては選挙が終わってもう8ヶ月も経つのに、こんなにご無沙汰してようやく伺った私に、皆さんとても優しく対応してくださって、ありがたいです。

「なかなか来られなくてすみませんでした」という私に、「いえいえ、当選おめでとう」と皆さんが言ってくださる。だから、8ヶ月も経っているのになんとなく私の頭の中は当選直後みたいになっていまして(笑)

「いやいや、来られなかったからってそんなに恐縮しなくても良いよ。向こうの加藤さんからも噂を聞いていたし」と温かい声をかけてくれる方。
「そうか~、『向こうの加藤さん』も気にかけていてくださるのか。嬉しいなあ」と思う私。

・・・しかし、『向こうの加藤さん』って・・・。

私の住んでいる大泉地域は、地域一帯が「加藤さん」なのですが。。
むむむ。。


明日は委員会。来週から定例会が始まるので、それに向けて明後日からは会派での勉強が始まる。だから、地域の方に訪ねていけるのも今日が最後だと思って、朝は大泉学園北口でチラシを配って、その後の午前中は残雪につるつるすべりながら大泉地域を動き回っていました。

そしたら、こんな足跡を見つけた。

080204_1007~0001


鳥が雪の上を歩いたみたいですね。
おお!見事な足跡・・・と思って撮ってみました。


午後は、区民の方から個別に受けている相談(ありがたいことに、最近は結構、社会福祉士らしい相談をいただいているのです。福祉の仕事に就いていたときよりも今のほうがむしろ社会福祉士の知識を生かしています ^^;)の対応をしたり、明日の健康福祉委員会の準備をしました。

そして、夜は基本構想に関する区民懇談会の傍聴。
区民懇談会は、福祉、教育、区民生活、環境まちづくり、という分野別の分科会に分かれていますが、前にも書いたけれど分野によって参加する区民の方の雰囲気が違っていて面白い。
ああ、同じ練馬区民でも興味関心の違いでこんなにタイプが違うんだなあと思って。
それに伴って、区の職員さんやコンサルテーション会社の方という事務局側のかかわり方も微妙に違っていて、面白い。

今日は区民生活分野で、たしか私はこの分野は初めて傍聴したんだったと思います。

町会活動を頑張ってきた方だとか、なかなか、強く自分を持った方が集まっていて、「おお!これはまとめ役の人は大変だろうな」と思いながら見ていたのですが。

しかしまあ、この分科会のコンサルテーションの人が素晴らしいまとめ方をしていました。
皆さんが口々に訴える色々なことを、「こういうことですよね」と、的確な一言でまとめていらっしゃった。

おお、すごい、この人は天才だろうか、としばし凝視してきました。
じーっと。
じーっと。
・・・凝視をしすぎて、コンサルさんに怪訝そうな顔をされてしまった(^^;
しまった、じろじろ見すぎた。

いやー、しかし、うまく伝わらないでしょうけど、とにかく上手なとりまとめだったのですよ。

コンサルテーション会社にいれば無条件に才能があるわけではなくて、今日の人に特別才能があるんだろうなあ、とか。
あんな人が行政職員だったら良いのにねえ、だとか。
そういう、なんだか嫌味な言葉が頭の中に浮かんでしまったりはしますが。
・・・なんだか毎回ブログの最後に可愛げのないことを書いてしまうのですが(^^;

※かとうぎ桜子を育てる会のホームページは
こちら

2件のコメント

[C165]

初めておたよりします。

加藤木さんのお書きになることは、心の奥底を見つめている気がして、いつも楽しみにさせていただいております。

2,3日前のブログで加藤木さんが、「生きる権利の保障を求めている人たちに対して、『政権交代したらやります』というのは、本末転倒じゃないかしら」とおっしゃったのを、本当に溜飲のさがる思いで拝見しました。

今日の、コンサルト会社の方の才能についてもおもしろく読ませていただきました。
いるのですよね、相手の言いたいことをすぱっとひと言でつかんでしまう方が。

そうすると訴える相手は、自分の気持ちをわかってもらってもう満足してしまう。そういうのは才能でしょうね。
加藤木さんのお話を聞いてわたしもその場にいたら、その方のお顔をジロジロとながめてしまうでしょうね、うらやましくて。


  • 2008-02-05
  • 投稿者 : スイスイカード
  • URL
  • 編集

[C167] 返事が遅くなりすみません

スイスイカードさん
コメントありがとうございました。
返事が遅くなってすみません。

人と人が関わる仕事というのは、本当に難しいなと思います。数値で示せるわけでもないし、能力のある人を育てて、その力を活かす場所を作るのは難しい。

練馬は、区民懇談会等をやるときに、コンサル会社を使うことが多いようですが、本文にもチラッと書いたように、コンサル会社の人が全員揃って素晴らしいファシリテーションをできるというわけでもなかったりして・・・(^^;
でも、契約を結ぶ段階でどこに頼めば素晴らしいコーディネートをお願いできるかなんて見分けようがないんだからある意味仕方ないのかなとも思いますが。
だからこそ、対人援助サービスの民間委託は慎重でなければならないんだと思うのですが・・・。
  • 2008-02-18
  • 投稿者 : かとうぎ桜子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/174-3e2e8ef5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ