Entries

コントロールキーのことと、予算の報告最終回

私の仕事用のパソコンは、まだ私がNPOで働いてた、2年ほど前に買ったものです。
・・・自腹ですよ。

持ち運べる大きさのパソコンがほしくて、でもそのころは年収200万くらいだったから高いのは買えなくて、一生懸命安いの探して。

10万弱のをようやく見つけて喜んでいたんだけど。

でもね。
1年くらいでガタが来て。

キーボードのキーが取れ始めた。

ある日仕事をしていたら、突然、コントロールキーがピョンと跳ねて取れた。

ぎゃー

あまりにビックリしてたくさんの友人に、「コントロールキーが外れた」というタイトルをつけたメールを送った。

そしたら「なーんだ、パソコンの話ね。てっきり、ついに桜子ちゃんのコントロールキーが外れたのかと思った」という返事をくれた人がいた・・・

まあね・・・( ̄ー ̄)

そんなパソコンと格闘しつつ今日も仕事をしています。


予算の話、今日が最後。

これはまったく時間切れで言えなかったけど気になっていた話。

昨秋から、総合教育センターの駐車場が有料化されました。

民間と比べてあまりにも安かったら有料化というのは一つの考えでしょう。

でも、公立施設の付属の駐車場はどうだろう。

今、介護保険の中で「介護予防」が行われているけれど、本来予防は、自分の生きがいでやるものだと思います。保険でやるべきものではない。

で、公立施設を活用してるって人の話を聞くと、高齢者で、なんとか自分で外に出られる人が趣味活動に使うという話を聞くことが多い。

そしたら、その「いきがい」に対してどう支援できるかというと、少しでも地域活動に参加しやすい方法を考えるしかないでしょう。

そもそも駐車場使用料は、駐車場が混み合いすぎないように、公平性を確保するという意味なのだから、年齢や利用目的によって負担割合も変えたって良いはず。

誰もが地域活動に参加しやすい、という視点からすると、基準づくりは難しいと思いますが、ぜひ、公立施設がより多くの方の地域参加につながるような見直しをしていくべきだと思います。

※かとうぎ桜子を育てる会のホームページはこちら

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/194-f8916d18
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ