Entries

あしがらさん

いやはや、定例会が終わってもなんやらバタバタで…

今日は一日、あっちやこっちやで、福祉の仕事をしてました。

前回ブログの中の、介護保険のことも詳細を書きたいのですが、今日はちょっと、「あしがらさん」に特化して書きます。

なぜかというと、今日、実物の(?)あしがらさんに会ってきたので…。


19日にゆめりあホールで「あしがらさん」の上映会がありました。
今週からいよいよ、学園町にホームレスの施設ができたこともあって、その啓発ですね。

19日は雨だったけど、結構たくさんの人が来ていました。

学生時代に私は文化祭で「あしがらさん」の上映会をやったので、懐かしく映画を見ました。
私の福祉に向かう原動力の半分近くはこの映画によるものだと思っています。

あしがらさんについては前にブログで熱く(?)語ったことがあるのでこちらを見てください。
あしがらさんは、今は70代後半になる、高齢の元ホームレス。

で、今日、その主人公のあしがらさんに会いに行ったんです。

二年ぶりでした。


私は学生時代に「あしがらさん」の映画に出会い、ホームレス生活から脱出したあしがらさんが通っている介護保険のデイサービスに興味をひかれ、そこに就職したのです。

ゆうゆうというデイサービス。

小さな小さなデイサービスでしたが、そこがこの3月に閉鎖になります。

介護保険の厳しさもあるし、さらには、NPOがミッションとモチベーションを保ち続ける難しさもあったと、私は思っています。

とにかく閉鎖になるなら最後くらいは手伝わなきゃいけないと思って出かけたのです。


以前のブログに書いたように、私とあしがらさんは「婚約者」(笑)。

でも二年ぶりに会うから、覚えててくれるのかドキドキしながら出かけました。

実は何日も前からドキドキ。


お昼に伺うと、昼食の準備中。
あしがらさんもちょこんと座って待っている。

私を見つけてパッと手を取り、私の手に顔をすりすりしている(笑)

うーん、しかし、覚えてるのかなぁ…

知り合いだろうが初対面だろうが、あしがらさんは若い女性が好きだからなぁ…

あしがらさんはホームレスだった頃は、主に精神的な障害があったと思うけど、今はさらに、映画に出てた頃よりも言葉がはっきりしない。

スタッフが「この子のこと、覚えてる?」と聞く。

ウン、ウンと頷くあしがらさん。

ほんとに覚えててくれてるなら嬉しいんだけど…


食事が終わり、あしがらさんが一服してるところに、恐る恐る近づいてみる。

「お久しぶりでした。元気ですか?」と。

「おぅ、とうとう来たな」とあしがらさん。また私の手を握って、顔をすりすり。

「ほんとに、覚えてます?」と確かめる。

「んー」
顔を上げて私の顔を見て、
「んー。良い子になったなぁ」。

あしがらさんに言葉をかけられると、心の中の張り詰めたものがガラガラと溶けていく気がします。

ゆうゆうを辞めて二年間、私は選挙の準備をして、毎日精一杯生きてきたつもり。すべての行動に後悔はないけれど、でも、あしがらさんと一緒にいる時間を手放したことだけが、ものすごく後悔で、それがワーッと胸に迫ってきました。

それでも、あしがらさんはゆうゆうに通っているから、きっといつでも会えると思っていた。

人間って、そんなもんですね。
会わなくても「いつか会える」と安心している。

でもゆうゆうがなくなると決まった今は、あしがらさんは他のデイサービスへ行く。
そしたらもう会えないかも知れない。

もしかしたら今日が最後かも知れない。

それを思うと、会わなかった二年間がとても悔やまれる。

私はいったい何をしていたのだろう。

あしがらさんの手を握りながら、後悔の波がザバーンと襲って来ているときに、あしがらさんがまたふと顔を上げて。そして「平気だよ」と言った。


不思議な人なのです。
声にならない言葉にいつも返事してくれる。

ゆうゆうを辞めるかどうかで悩んでた時、「辞めたらあしがらさんに会えなくなる」と悩んでいた時にも、パッと私の手を取って、「お前が一番良いと思う道を選べば、それが一番良いんだ」みたいなことを言ったことがあった。

なんなのか、不思議で仕方ない。

表面上、会話にはなっていないんだから、あしがらさんの妄想から出る噛み合わない言葉とも考えられるのかも知れないけれど、でも私の心の叫びとは、いつも不思議なほどにかみ合っていた。


あぁ、これが最後ではないように。また再び会えるようにと願いつつ。

※かとうぎ桜子を育てる会のホームページはこちら

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/197-beaf3bd2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ