Entries

「民間活力の活用」のことと「生きる権利を保障する」ということ・・・

今日は暑かったですねえ・・・。溶けるかと思いました。。


練馬区議の池尻さんのブログをフムフムと読んでいたら、突如私の名前が登場して、ビックリしました(笑)
私も時々、他の議員さんや、区の職員さんのことを書きますが、本人はこんなビックリ感を味わっていたのかということが分かりました(^^;

それで、ビックリついでに、この池尻さんのブログに登場した日のことを、私も書かなくてはいけなかったと思い、ちょっと時間が経っちゃいましたが、書きます。


4月19日、区役所の地下のホールで、山彦4事業所記念セレモニーがありました。障害のある人が集まり、働くことのできる作業所を作って30年になるという、記念の会。私は、区議会・健康福祉委員会の委員ということでお招きいただいたので伺いました。

30年の中では、社会福祉法人をとったり、当事者の声を社会に届けるソーシャルアクションの活動をしたり、試行錯誤しながらやってきたという様子を知ることができました。

セレモニーに参加している人たちの顔ぶれを見ると、区内で活動している色々な障害者関係の団体の方がいらっしゃる。長年の活動の成果は、形に見える数字だけではなく、人とのつながりというところにも見えるものなのだろうと感じました。


「制度にまだつながっていないけれども支援が必要な人たち」を地域の中から見つけ出し、新たな活動へとつなげていく。そして、「こんなニーズがあるんだから、きちんと制度化すべきだ」と社会に対し提言していく。そんな、現場の声を社会全体と共有していくための接着剤の役割が、市民や民間団体の持つ力というものでしょう。

ところで、今、行政の側から盛んに言われている「民間活力の活用」というのはどうなんだろうか・・・改めて考えました。民間からの政策提言をもっと取り入れていく、という意味かな?
いや、どうも、そうではなくて、制度で対応しきれないツケを民間に回しているだけのように、私には見えます。そうなると、山彦作業所のような団体が、何十年もかかって「制度外から制度化へ」とやってきたものが、いっきに後戻りするだけのことですよね。
「民間活力の活用」とは具体的に何なのか、これからもチェックしていかなくてはいけないと思います。


それから、もうひとつ気になるのは障害者自立支援法。これまた、自立支援法と言いながら、障害のある当事者や、その周辺の人に責任を押し戻していく、今までの当事者の運動の成果を「無し」にしていくものに思えます。
セレモニーの挨拶では、国会議員の「先生」もいらしていて、「今年度も障害者施策にたくさんの予算をつけてあげました」とおっしゃっていましたが。
多分、以前に私が腹が立ったと書いた「緊急措置」のことなどをおっしゃっているんでしょうけどね・・・。

制度設計自体が、障害のある人の生きる権利の保障という点で、理念的にもおかしいというところをきちんと検証していかないと、ただ「足りないんだったら追加しましょうか」的な発想で、継ぎ足し継ぎ足し、やっていくというのは、本当に違和感があります。

「民間の活力」って何なのかということ、「人が生きる権利を保障する」とはどういうことなのかということ。やはり、この2つが、私の活動の中で追求していくべき大きなテーマだなということを、改めて思いました。

※かとうぎ桜子を育てる会のホームページはこちら

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/215-1bb7da18
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ