Entries

私の事務所と自宅を結ぶ大泉学園通りは、桜並木なのだそうです。
…私は、桜が終わった時期に移り住んできたので、まだ見たことがないのですが。

行き帰りの道にいつも、「この木々に、桜が咲くのかなあ」と見ています。

私の名前にもついている「桜」ですが。

日本では昔は「花」というと「梅」を意味していたのが、平安時代くらいから「桜」に変わったんだそうです。

西行という歌人が桜を愛したのは有名な話。

願わくは 花のもとにて 春死なむ
そのきさらぎの 望月のころ  


―できることなら桜の下で、春に死にたい。
2月の満月の頃に。
(2月は旧暦の2月です。)


私が大学で専攻したのは近現代の国文学だったんですが、近現代の桜というと、私は梶井基次郎を思い浮かべます。

「桜の樹の下には」(青空文庫に原文が載ってますのでこちらで見てください。

桜があんなにきれいなのも、だけど見ていてなぜか不安に感じるのも、桜の木の下に死体が埋まっているからではないか、というお話です。

初めて読んだ高校生の頃は、随分気持ちの悪い話だと思っていましたが、なんとなく分かるようになった気がします。

なぜ、西行も梶井基次郎も、桜と死を並べて話しているのか。


私も、桜を見ていると不安な気持ちになります。

散っていく、散っていく、散っていく・・・
ひら
ひら
ひら

というリズムに合わせて私の心の中も何かぞわぞわっとするような。


梅の花が「静」の美しさなら、桜は「動」の美しさなのか。


生きていると、時間は必ず流れていく。
出会った人とはいつか必ず別れる日が来る。
生まれたものは必ずいつか死ぬ。
始まるときがあれば時間は流れ、いつか必ず終わりの時が来る。

桜が満開で輝き、容赦なく散っていく姿は、そんな時間の流れを早回しにしているような気もして。

でも「終わり」は消極的なものではない。
終わりの瞬間まで、人の心を奪っていく強さを持つことができる。
それは、輝く瞬間を持っているからこその「終わり」の強さかもしれない。

時間の長さではなくて、すべての人が輝く瞬間を持って生きられる世の中を、作っていけたらいいなあ。

今度の桜は、いつ頃咲くかな。
私の誕生日、4月10日にも、桜が残っていると嬉しいなあと思いつつ、今は緑の葉の茂る桜の木々を見る毎日です。

(★かとうぎ桜子を育てる会ホームページ

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/22-b3b92e12
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去ログ