Entries

光が丘のまちあるき

昨日今日と光が丘に出かける用事がありました。

昨日は「障害児者と医療ケア」ということで、嚥下や吸引の話を聞きました。とても素敵な先生でした。このことについてもっと書いた方がいいと思われたらメールください。話題はとりあえず次に移りますので。

今日は練馬まちづくりセンターのまち歩きに参加しました。
まずは土支田の農家の見学。
HI350014.jpg

体験農家、という形で、作付けのプランも方法も農家の専門の人が立てた上で、初体験の人は楽しみながらやっていくという場所です。

その後、光が丘を散策。
HI350018.jpg

HI350017.jpg

光が丘は団地のまちです。私は千葉県松戸で育ちましたが、こんな感じだった。立派な建物が林立する街。
清掃工場があって、熱を有効活用している。
団地には公団、都営、分譲、賃貸などの種類があるそうです。
分譲地域やまちのショッピングセンターには清掃工場の熱が利用されてるそうです。

まちづくりの課題。
どうしたら人と知り合えるのか。
区民館の担当の方は、講座からサークルが生まれ、それが広がるような仕掛け作りをしていらっしゃいました。

光が丘は、戦時中に一度はアメリカにとられたあと、戻ってきた土地。「与えられた土地」といえる。でも。だからこそこれからは自分達が決める土地にしていきたい。
主体性のある行動をできるコミュニティを作りたい、という思いをたくさん聞くことができました。
私は住まいは大泉で、なかなか日ごろは光が丘とは接点が少なかった。そして今日はあまりたくさんは聞けなかったけど、ものすごく共感できると思いました。「地域の拠点」づくりに日々取り組んでいらっしゃる女性に出会えて、とても良かったです。
必ず近々またお会いしに行きます!

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/23-0b5fc8a0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ