Entries

顔のない街

6月20日にて定例会が終了します。

私はいまだに腸が痛いです。なぜか毎朝5時くらいに、腸に痛みが走って「いてぇー」と言って一度目覚めます。不健康な感じ。腸の検査をしたいです。

まるで関係ありませんが、ふと思い出した話。

私は9歳の時に中島みゆきのファンになったので、もう19年になります。

私が初めて中島みゆきを好きだと思ったときには、中島みゆきは37歳だったのに、今は56歳か。しみじみ。

中島みゆきは私の父と同じ年齢なんです。
で、議会で答弁をしてくださる部長さん課長さんも、大体そのくらいの年齢なのかなあと。
そう考えると、私が初めて中島みゆきを好きだと思った頃は、部長さん課長さんも30代だったのか、と意味の分からないことを考えてしみじみ(笑)

私が9歳の頃は、カラオケボックスがウワーッと流行り始めた頃だったと思います。

・・・思えばこれも、コミュニティの破壊のひとつだったのかな。
それまでは飲み屋さんで、知らない人同士も一緒になってカラオケをやっていたのに、この頃から、ボックスに閉じこもってカラオケをやるようになった。

だいたい、カラオケなんて、うるさくて、話ができないじゃあないですか。歌っている人の歌にきちんと耳を傾けていればまだコミュニケーションが成立するけれど、多くの場合は自分の歌いたい曲目を探すことに熱中しますしね。歌う人、曲を探す人に分断され、しかも大勢いるのに会話は成立しない。

だから私は今はカラオケは嫌いです。カラオケに行くことはあるけれど、好きではありません。(宣言。)


ま、でも、中島みゆきを知るきっかけは、カラオケだったのです。
子どものころ、家族と地域の人と皆でカラオケに行ったら、近所のお姉さんが中島みゆきの「悪女」を歌った。
「マリコの部屋へ 電話をかけて」という歌い出し。
・・・マリコって、誰だよ。
なんとなく、皆に連れて行かれたからというだけで消極的な気分で座っていた9歳の私は、この歌詞にふいと興味を惹かれたのでした。

ちょうど、CDというものができるかできないかという頃だったので、レンタル屋さんに行って中島みゆきのカセットテープを借りたのでした。小学校3年生の時。


それからずっと中島みゆきには関心があります。私も大学は国文学ですが、中島みゆきも国文学出身なんですね。「一体、何を言ってるんだろう・・・」と興味を惹かれることがとても多いのです。

1年位前に出たCDをこのところずっと聞いていたんですが、そこできまた興味のある歌詞が。

見知らぬ人の笑顔も 見知らぬ人の暮らしも
失われても泣かないだろう 見知らぬ人のことならば
(全文は以下を見てください)
顔のない街の中で 中島みゆき 歌詞情報 - goo 音楽


ニュースを見ているだけでも辛いことがいっぱいありますよね。
痛いことがいっぱいあるのに、痛いと訴えられない私達。
痛いことが多すぎて許容範囲を超えてしまっているのか、痛いと感じる想像力が欠如してきてしまっているのか・・・。

なんでだろう、と感じる理由を、上の歌詞は代弁してくれているような気がしました。
そもそも、タイトルにあるように、街や、国や、世界に顔が無いのかもしれないですね。

※かとうぎ桜子を育てる会のホームページはこちら

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/233-6fdd75d0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ