Entries

お腹のこと

ふと思い立って、「お腹」にかかわる慣用句を調べてみました。

腹が立つ。腹をよじる。腹が据わる。腹を据えかねる。腹を決める。腹を探る。腹を割る。腹が黒い。腹に一物。腹に収める。腹をくくる。

「はらわたが煮えくり返る」の「はらわた」は「腸」という字を書きます。
「断腸の思い」というのもありますね。


これを見ていると、「お腹」と「心」や「思い」、「その人のあり方」というのがとても密接につながっているように思います。

「腹いせ」というのは「腹癒せ」という漢字なんだそうで。お腹の中の怒りや恨みを癒すのが「腹いせ」ということでしょうか・・・。


ここのところの私の「腸の痛み」について、多くの方から「腸が痛くなるほどストレスがあったのね」と言っていただきました。(ずいぶん長い付き合いの人からはむしろ、「腸が痛くなるほど飲んだのね」と言われましたが・・・ ・・・そんなに飲んでません、念のため)


一般質問が終わったころからおかしかったので、かれこれ1か月になりましょうか

ようやく、だいぶ落ち着いてきました。。


疲れていたから痛くなったのか、痛いのが長引くから疲れていたのかわかりませんが、とにかくここのところは、たとえていうならば「顔を食べられてしまったアンパンマン」みたいなヘナヘナな感じでした


それで、それがだいぶ落ち着いてきたというきっかけが面白かったので、書きます。


特に福祉とか医療関係のことをいろいろと教えていただいている人で、とてもお世話になっていて、とても尊敬している人がいます。かりにAさんとしておきましょう。
Aさんには普段は仕事に関することで質問をしているんですが、今回は自分のことで、「どんな病院に行ったらいいでしょうねえ」なんて相談をしていました(^^;

私があまりにも長い期間、「顔を食われたアンパンマン」状態だったので、ある日Aさんが心配して、メールをくださいました。

どんなふうに調子が悪いのか、病院でどんな薬をもらっているのか・・・などなどをメールでやり取りした後、「きっと今はこういう状態なんだろうね」と整理してくださった。

「なるほど、では薬が合わないのかな・・・じゃあ今度病院に行ったらお医者さんに話してみればいいかな」など、身体的な不調について私が自分自身で客観化できたということが一つ大きなことだったと思います。

でも、それ以上に大きかったのが、一人で「なんだか調子が悪い・・・」と悶々としていたときに、「それは、どうしてだろうね」と一緒になって考えてくれた人がいたという安心感だったように思います。

メールで1時間ほどやりとりをしたら、そのあとになぜだか急にふっとお腹に力が入ってきて、元気になってきました。

なんだ、1時間で元気になるんだったら、私の不調の3週間は一体何だったんだ・・・と若干思いましたが(^^;
でも、薬よりも効く、「人の力」というのがあるんだな、としみじみ思ったのでした。


ストレスは、多くの場合、人と人との関係の中で起きるものだと思います。
いやなことが続くと、だんだん逆らうパワーも無くなってきて、心がヘナヘナになってくる。

でも、そうやって人の心の力を奪うのも「人の力」なんだけど、再び心に力を蘇らせるのも「人の力」なんですねー。


Aさんが私のお腹の中に1本、添え木を添えてくれたような、劇的な回復であんまりびっくりしたものだから、書きました。
アンパンマンの顔が、新しい顔になりました(笑)

お腹の力は生きる力ですね。

皆さんもお腹は大切にしましょう(笑)

※かとうぎ桜子を育てる会のホームページはこちら

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/242-ba1b1630
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ