Entries

大学院の公開講座

私が今通っている大学院(立教の「21世紀社会デザイン研究科」というところ)は、時々、学生じゃない人も参加できる、公開講座をやっています。

いつも、チラシをもらったり、掲示板に案内が貼ってあったりするんですが、この前、ポケーっと壁を見ていたら、こんな案内が載っていました。


◆2008年度『21世紀社会デザイン研究科公開講演会』のご案内
 四川大地震の教訓と首都圏の防災対策
 =地域コミュニティの力を生かすネットワークの構築と運用=
  2008年7月12日(土)13:00~17:00
 講師兼パネリスト:
  高橋民夫(文化放送防災キャスター)
  藤林文男(新宿区・区長室危機管課長)
  塚本俊也(東京外国語大学大学院客員教授、国境なき技師団副事務長、
         立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科兼任講師)
 パネリスト:
  水島重光(生協連合会中央地連・大規模災害対策協議会世話人)
  大塚英男(練馬区危機管理室 防災計画担当課長) 
 コーディネーター:
  福田秀人(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授)


おやおや、まあまあ、練馬区さん、我が大学院にようこそいらっしゃいませ(笑)

私も見に行ってみようと思っているのですが、明日ですので、皆さんもお時間があればぜひ(^^;

福祉の大学院ではないんです。
学生が皆、「ほかの人に説明しづらい・・・」と言っている研究科なのですが、まあ、21世紀の社会をデザインするための研究をするってことなんでしょうねぇ。(←まるで説明になっていない・・・)

一応、21世紀社会デザイン研究科のページはこちら


感想はまた来週あたりにでも書きます。

※かとうぎ桜子を育てる会のホームページはこちら

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/244-9b2ea811
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ