Entries

10年の月日

私のホームページに最近、私が昔々に書いた文章が載りました。高校生の頃の文章です。(こちらから)


10年近くぶりに読み返してみると、なんとも気恥ずかしいですね(^^;


なんだか、だいぶ世の中に怒ってたんだなあ、としみじみ…。


16歳から18歳くらいまで、なんだか腹が立って仕方がなかった時期がありました。思えば反抗期だったんでしょうね。最初、なんだかモヤモヤしていて、その怒りが、新聞の投稿になったんですね…。思春期のイライラが、「政府が悪い」という方向に向けられるというのが、我ながら変わり者だなあという気がして、なんだか恥ずかしい気分になっておりますが。。


その「怒り」が少しずつ変化していった理由は、ひとつだけではないと思いますが、一つには母の闘病と死があったのかもしれません。


母は私が18の頃に体調を崩し、しばらく闘病生活を続け、私がもうすぐ20歳になるときに亡くなりました。その頃の私にとっては、他の何を失くしてもいいから母だけは失いたくないと思っていました。


だけどどんなに願っても叶わないことは世の中にはあるのですね。


そしてそれは誰のせいにもできない。誰のせいでもない。


怒りの矛先を誰かに向けるのは、ある意味楽なことです。だけど「どうしようもない現実」というものを、誰か他人のせいにするのではなく、自分自身どうやって向き合っていくかということ、考えていくことが必要なのではないかというのが、17,8の頃とは違う、26歳の私の考えです。


 

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/30-86b78c9a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ