Entries

日曜日の出来事 その① 桐朋同窓会

29日の日曜日には、いろんな人との出会いがもりだくさんでした。


今日はまず、一つ目の「桐朋同窓会」について書きます。


私は、調布市にある桐朋女子中学校、高校を出ました。


私は大学を出た後にさらに専門学校にも行っているし、よっぽど学校好きなのかというほどたくさんの学校に行っていますが、桐朋は特別に「帰属意識」を感じる学校です。6年間も通っていたせいでしょうか…。


非常にユニークな学校でした。


まず入試が2日間あり、ほとんど面接で成り立っていた。


私の入試…ああ、かれこれ15年も前ですが!


一つの物語を読んで、最後に主人公が何ていったのか、それぞれ自分で考える、というような問題でした。それを、面接で先生に説明するの。


答えがあるわけではない。その物語を読んで、何を感じたのか自分の言葉で説明できるかどうか、を見られていたんだろうと思います。


理科系の問題でも、雲ができるのは、気温の関係だというようなことを聞いた後に、では部屋の外と中で温度差ができることで窓に水滴がつく仕組みについてどう考える?というような質問を、されたような…。


今までに基礎知識があったかどうかではなくて、今聞いたことの中で自分はどう判断するか、考えるかを問われる内容で、受験といえども楽しんで2日間を過ごした記憶があります。


桐朋の6年間はすべてがそうだったと思います。


周りがどう考えるかではなくて、自分は何をしたいのか。自分で考えてやった行動については、お互いに認め合うような空気もあったと思います。誰かがやってるからやるのでもなく、誰かに言われたからやるのでもなく、自分の頭で考えて正しいと思ったからやる、ということを学んだ6年間でした。


桐朋にいた間は、どちらかというとおとなしくしていたように思いますが、卒業してからしみじみ、たしかに私は桐朋の卒業生だなあと感じています。


29日は、その桐朋の同窓会でした。


私の学校は調布にあって女子校でしたが、国立に男子校がありまして、そちらとも合同の同窓会。しかも、創立以来のすべての人が対象でした。同窓会設立60周年の会だったとか。


なんでだか、私の学年は私しか来てなかった(ダメじゃないか、55期紫…)んだけど、同い年の男子校の人ともお話ができて、楽しい時間でした。


久しぶり!な先生方ともお会いできたし。


英語の先生に「あらー。加藤木さん、同じ顔のままねえ」としみじみ言われて若干複雑な気分になりましたが。。


 


いろんな人と会えて、とても豊かな気持ちになれました。


桐朋だけじゃなくて、自分がやりたいこと、やるべきことを自分の頭で考えられるような教育が、日本の中に増えていくと良いなと思います。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/32-6e6d73e9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ