Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/330-ee5a2189
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

試行錯誤

一人会派になってから、区民の皆さんと直に向き合う時間が、一層増えたように感じています。

改めて、「なぜ、あなたは議員なの?」「あなたはどんな社会を目指したいの?」という問いを突きつけられる毎日です。

私自身、議員になったその日から、いつでも一人になっても頑張る覚悟で活動をしてきたつもりですが、それでもやっぱり実際に一人になってみると、改めて学ぶことが多い。一人になったことで、本当に多くのことを学ばせてもらっていると思います。毎日がとっても、面白い。

そういう中で、自分でも気づいていなかった自身の弱みや強みを感じてもいます。

ものすごく、感覚的にものをとらえて、感覚的に表現してきたんだなあということとか・・・(^^;
でも、感覚的な表現だけじゃ、思いが相手に伝わりきらない。ここはこれから先もしばらくの課題です。

部長課長とのやりとりで時々ムカッとしても、「怒ったら負けだ、今は我慢だ・・・」と自分に言い聞かせたりだとかもしています。
腹が立ったことをブログに書かなくなったのは、腹が立たなくなったわけじゃなくて書かない努力をしているだけです

そんな、自分の感情の起伏に辟易しながらも改めて、「私はどんな社会をめざしたいのか」ということを、うまいこと言語化しようと試行錯誤しているところなのです。

2月1日の区政報告会でも、できるだけたくさん私の思いを伝えたいし、2月の定例会の予算審議も、いろんなことを言いたいから、一体どうしたら伝えられるかと、毎日考えています。


そんな中で、ふと思い出したことがあるので、書いてみることにしました。

私は22歳から福祉の仕事を始めたのですが、就職活動も、介護の大手の会社をいくつか受けました。

就職説明会の時って、その会社で働き出して1,2年目の「先輩」が、話をしてくれるんですよね。
そこで、多くの介護会社の「先輩」が言っていた言葉に、「この仕事は、お客様から『ありがとう』と言われる、とてもやりがいのある仕事です」という言葉がありました。

これに私は、ずーーーっと違和感をもっていたんです。

お客さんでも従業員でも、誰であっても、人と人の関係ですから、「ありがとう」と言い合える関係はそりゃあ良い関係ですね。言われないよりは言われた方が嬉しい。

だけどそれは、たまたまの結果であって、それ自体が目的ではないはずだ、と思ったのです。

だから、就職説明会で「ありがとうと言われる仕事だ」と説明されると、なんだか嫌だなあという心持ちがしたのです。


それと対になる話ですが、私が福祉の仕事をすると説明するとよく、「福祉の仕事をする人は、良い人ばかりだ」とも言われました。
それにも違和感があった。

私にとって、福祉とは、一人の人間が自分らしく人生を送るための権利の保障なんだと思っていたんです。
育った家庭の環境やもっている病気や障害、経済の状況など、人によって様々だけれど、そういう中で何らかの形で社会から排除されそうになる人がいる。
その「排除」をなくしていくのが、福祉の専門性であるべきだと私は思うのです。

権利を守る制度がないなら、問題を明らかにして社会のありようそのものを変革していくのも福祉の仕事。

だから、その当事者からありがとうと言われるかどうかは関係ないし、ましてや良い人であるかどうかも関係ない。
プロフェッショナルであるならば、礼を言われようが言われまいが、やるべきことをやるのが仕事だろうと思うんです。
弱い立場の人を守り、社会を変革するためには、「良い人」であるよりも他の資質が必要なこともあるはずだとも思う。

人が当然守られるべき権利が、「優しさ」等の言葉で弱められてしまっているこの社会を変えるためには、現状の「福祉の仕事」をしているだけでは叶えられないものがあった。だから私は議員になったんです。

・・・どうだろう、少しは伝わりましたかね?
ところが、これを口頭で伝えようとするとうまくいかないんだ・・・ああ、2月1日が近づいてくる(><)

でも頑張るので、2月1日、ぜひご参加ください。

午後2時~4時、勤労福祉会館です。

※かとうぎ桜子を育てる会のHPはこちら

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/330-ee5a2189
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ