Entries

区政報告会、無事終了。

昨日、勤労福祉会館での区政報告会が無事終了しました。
予想よりも多く、30人を超える方にご参加いただきました。参加された皆様、ありがとうございました。

当日はまず、私が議員になる前、どんな思いで社会とかかわりを持ってきたかということをお話させてもらいました。
17歳のとき、ハンセン病問題に出会ったこと、介護をの仕事をしていると制度上にない支援ができなかったこと、などなど・・・そんな中で、家族状況やその人の体調など、個別の事情に合わせて必要な支援が受けられること、どんな問題が起きても社会から排除されないことが、私の目指す「平等な社会」であるというお話をしました。

なかなか、「社会のあり方」ばかり話していても具体的なイメージがつきにくいので、この1年半の間に議員として取り組んできた、いくつかの事例を挙げながら、参加者の皆さんから質問・意見を出していただく形で進めました。

保育園の委託のこと、重度障害者の訪問介護のこと、派遣村の体験から生活相談窓口のあり方について、名誉区民のこと、そして民主の会派を離脱した経緯・・・。


当日はいったいどんな方が参加してくれるのかしら、どんな意見が出るかしら、意見交換といっても発言しにくいんじゃないかしら・・・などなど、色々と心配していたのですが、それは杞憂に終わり、次から次へと挙手をしてくださる方がいて、特に後半は緊張感も解け、皆さんが主体的に参加してくださっていたように感じました。
誰かから出た意見に対して応える形でさらに別の参加者から意見が出るということも多く、面白かったです。
その雰囲気のなかで、そのうち司会進行役の川田虎男さん(日高市議)が自分の意見も言い始めたのも、面白かった(笑)


今回の会は、準備段階にかなり時間をかけました。区政報告会というだけではなく、今後の私の議員としてのあり方を整理する意味も持たせていたから。それに、一人会派になった経緯も皆さんにご報告しなければなりませんでしたから。

事前にいろんな方からも意見を聞きました。

当日は来られなかったけれど、事前の準備を、大学時代の友人が手伝ってくれていました。
まだ区政報告会の形態が見えなかった正月明けの頃にその友達に「いったいどういう順番で、何から話したら良いだろう・・・」というような悩み相談をしていたら、その子が言ってくれました。

「桜子が参加してくれる皆さんに一番伝えたい、わかってもらいたいと思っているのは何?
【なぜ民主を抜けたか】ということを伝えたいの?それとも、【桜子がこれからどんな社会を作りたいか】ということなの?」

友達は、サジェスチョンを与えてくれるだけで、答えをくれるわけではありませんでした。でも、こりゃあとってもハッとさせられる一言でした。
そうだ、民主を抜けたことそのものを伝えたいわけじゃなくて、「みんなで地域社会を良くしていきたいね」ということを言いたいんだよな~、と。

これに気づかせてもらったことで、報告会の話の内容もはっきりしてきたし、そして私の気分もすっきりしました。


それからひとつ、気になったこと。
勤労福祉会館の2階に行くのに、エレベーターも階段昇降機もないんだということ。
改修改築を順次行う中でバリアフリー化していくのだろうけど、でも勤労福祉会館って区が住民説明会にも利用しているのに、車椅子の人が来たらどうしているんだろう・・・。

社会から排除されない、というのは、心理的な部分も制度的な問題もあるけれど、物理的な排除をなくすというのは基本中の基本でしょう。物理的なバリアによって参加が制約されるのは許されないことです。

当日は、車椅子の方もお一人参加されたので、みんなで階段をヨイショヨイショと持ち上げて参加していただきましたが・・・。

IMGA0090.jpg

当日の写真です。クリックすると大きくなります。
左が司会の川田さん。右が私。
何の話のときなのか、なぜか私が爆笑しています・・・

※かとうぎ桜子を育てる会のHPはこちら

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/332-582a2938
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ