Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/390-09fa0844
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

結婚式

この前の土曜日は、大学の友人の結婚式でした。

式の後にちょっとしたお食事会をやるから、その司会をやってねと言われていました。
色々打ち合わせをするうちに、「なんだ、お食事会じゃなくて披露宴じゃないか!!」と気づきましたが・・・

「桜子ちゃんは人前でしゃべるのが仕事なんだから大丈夫でしょ」というわけです。

そうやって最近、しゃべり役を依頼されることが多いのですが、私が決してしゃべるのが上手じゃないということは普段交流していれば分かるだろうに・・・とほほ。

議員の仕事は、区民のみなさんや行政の人と個別にお話をすること、資料を読んで調査すること、それに基づき質問を作ること、その結果を区民の皆さんにお知らせすること、でしょう。
これをやるプロセスで、駅でしゃべったり議場で質問をしたりというように人の前に出る機会はまああるわけですが、私はこの「人前で」という部分だけは本当に自信がないのです。だって、上手じゃないんだもの。

この前、舞台の影から「携帯電話のスイッチはあらかじめお切りください」というような案内をするボランティアをしましたが、あまりの下手さ加減に我ながらビックリしました。「ほ、ほ、本日はご来場いただき・・・」とか言うわけです。開会前の会場アナウンスがテンパっているのってあんまり聞いたことないですよね。とほほ。

それでも、イベントなんかでしゃべるのを失敗しても「今度やるときはもっとましになるように頑張ろう」と思えるけれど、結婚式は「次回頑張る」というわけにはいかないから、結構必死で準備しました・・・。

我が人生最大に声を張って頑張りましたよ・・・終わった後に友人が「さすがだね」とさらっと褒めてくれましたが、冗談じゃない、どんなに努力したか(><) 29年間生きてきてこんなに大声を出したのは生まれて初めてだ。。まったく。血のにじむような努力を認めてほしいものです。


結婚式の打ち合わせに行ってみたら、まあ、ずいぶんとたくさん打ち合わせをしているカップルがいること。「この人たち、みんな結婚するの?」というトンチンカンな質問がつい口から出ました。
私の周りはまだ結婚していない人も多いから、みんなあんまり結婚しないのかと思ったら、意外とそうでもないんですねぇ。


で、準備のために結婚式の司会のための本を買って読みました(^^;
いやはや、「○家と△家の結婚」とか、これから妻は夫をもりたてていくでしょうとか、形式的に出てくる言葉の中に、なんだかモヤモヤしたものを感じました。私のこだわりとして、極力こういう言葉は削除しましたけどね。

しきたりの中にさりげなく家制度が残っている。しかも儀式については若干疑問を感じてもなんとなく不謹慎な気がして言葉に出せない。おそるべし、冠婚葬祭・・・


まあしかし、花嫁さんというのは幸せそうですね。
ここのところ、友人の結婚式に行く機会も増えていますが、みんな花嫁さんは幸せそう。

私も自分の結婚式だったら幸せそうにするのかしら・・・自分のときにも「冠婚葬祭、おそるべし」と言ってそうな気もするのですが・・・。


結婚するとなったら、ひとつ区切りとしてイベントをやることには意味があると思っているのですが、どうしたら自分らしくできるかなあ、などとしみじみ考えました。

まずは、司会は日高市議の川田虎男さんにしようと。
せっかくお客さんが円卓に座っているんだからグループワークをやったらどうだろうかと。
「結婚とは」というテーマで議論でもしてもらいますかね。
それから親戚なんだから和力は演奏をしてくれるんじゃないかなと期待。

・・・でも、これじゃあ正装している以外、普段の活動と変わらないや。

しかも、せっかく計画を立てても、肝心の相手がいないじゃないか。

知人の中には、「桜子ちゃんが子どもを産んだら、仕事の間見ててあげるからね」といってくださる方もいらっしゃいます。
こうして、外枠だけは人材豊富で準備できているんですけどねぇ。

※かとうぎ桜子のHPはこちら

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/390-09fa0844
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ