Entries

成人の日

練馬の成人式のつどいは、豊島園でやります。

豊島園のみならず、今日は街のあちこちで振袖姿の人をたくさん見かけました。

 

私の成人式は6年前。

小学校は途中で転校したし、中学からは私立だったし、「ここに行けば昔からの友達に会える」というのもなかったので、特別何かに参加することはなく。

母が亡くなったばかりだったし、他に見せたい人もいなかったので、着物も着ず。

 

高校の頃の友達と、東京タワーに上った記憶があります。

成人式と東京タワー…何の関連もありませんが。

街を歩いていたらクレープ屋さんに「振袖姿の人は半額」と書いてあるのを見て、着なかったことをちょっと後悔したのでした。

 

20歳すぎたら、何かが変わるのかしら、これからどんな風に生きていくのかなあ、と友達と話しました。

 

21歳になって、今の私の練馬の活動のきっかけとなる人や物事に出会ったり(ハンセン病の元患者さんが参議院選挙にでるのを手伝ったのです)福祉の方に進もうと決めたり。たしかにあのとき予感したように、20歳をすぎてからいろんなことがありました。

 

20歳がひとつの節目なら、21歳から自分を取り囲む世界が動き始めたかなあと。

 

今、地域の方々にご挨拶に伺っているとよく「26歳には見えない。21歳くらいかと思った」と言っていただきます。ありがとうございます。

でもなぜいつも「21歳」なんだろうかなあと。

20歳には見えないんでしょうね(笑)

 

そんなところにもなんだか、「20歳」と「21歳」の違いを感じたり。

 

20歳の頃に一緒にいた仲間と会うのは、今は1年に1度あるかどうかだなあ、なんて、あの頃の私が確実に今の私につながってはいるんだけど、一期一会のちょっとした切なさも感じたり。

「成人」の年齢は、時代によって変わったりもします。今は18歳を成人にしようか、なんて話もあるみたいですが、まあそれはともかく、いつの時代も「成人」というひとつの区切りをつけてきたということには、何かしら意味があるのだろうと思います。

 

そんなことを、着物を着て笑顔で記念撮影する新成人の皆さんを見ながら考えていた一日でした。

 

新成人のみなさんのこれからの人生が輝くものとなりますように。

ご成人、おめでとうございます。

 

2件のコメント

[C16] はじめてコメントさせて頂きます

 こんにちは!はじめてコメントさせて頂きます。 私の成人式は23年前でしたが、かとうぎさん同様、成人式当時住んでいた清瀬へは高校時代に越してきたということもあり、式自体には出席したものの、何か居心地が悪かったですね。 ですから記念品だけ頂戴し、さっさとバイトへ行ってしまいましたけど、でも、あの日のことは今でも鮮明に憶えているのです。 あの日を境に、少しだけ大人の自覚が芽生えましたけど、それから今まで、その当時とあまり変わり映えしていないんですよね。 かとうぎさんも書かれておりますが、あの頃の自分と今の自分は確実につながっているのかもしれないですね。 でも、あの頃のピュアな気持ちだけはこれからも大事に持ち続けたいと思います。 長々と失礼しました。 お身体に気をつけて頑張ってください。^^

[C17] リバーマンさんへ

コメントありがとうございます!
公開&お返事が遅くなりましてすみません。

節目をつけるっていうのって、人間の面白い習慣というのか、歴史というのか、不思議だけど、とても意味のあるものなんでしょうね。

たとえば年末年始も。
忘年会といって飲んで、1週間もしたらまた新年会といって飲んだり。
よく考えてみたら、なんでもないつい1週間の間の話のはずなのに、そこにひとつの区切れ目をつける、という。

でも、始まりがあって終わりがあるから、けじめがつくものなのかもしれないですよね。

成人式もそれに似た感じなのかなあと。

私は18くらいの時の方がもっと生意気だったし、社会の事柄にも関心があったように思いますが、でももっと社会とのかかわりが深く厚くなっていったのは、成人式が区切れ目だったように思います。

そんな風に思うとなんだか人の文化って面白いなと思ってます。
  • 2007-01-13
  • 投稿者 : かとうぎ桜子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/40-b453d8ff
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

過去ログ