Entries

堂々

★2,3日前、家に帰ろうと思って自転車を自宅の駐輪場にとめていたら、どこからともなく、子猫がにゃーにゃーと言いながら走ってきました。

そして、しばらく、にゃーにゃー言いながら私を追いかけてきました・・・

ついてくるなら撫でても良いのかなと思って手を出したら、逃げられた(--;)

でも、またついてくる。

どうやら、「触らなくていいから、食い物をくれ」と言っていたらしい・・・。


まあ、中途半端にえさをあげると良くないし、やせ細っていれば気になるけどぽっちゃりしているし、まあ良いやと思って逃げてきましたが。。

★修士論文の仮提出が迫っています・・・。本提出は1月なので、取り敢えず仮提出は、分量だけクリアしたような状態で(^^;

練馬以外も含めて、保育園の保護者からヒアリングもさせていただいたので、まともなものを書いて皆さんにお返ししなくては・・・と思えば思うほど、心ばかりが重くなる今日この頃です。。

おととい、大学院に行って、先生と面談をしていました。

そしたら、同じ部屋で作業をしていた知人(中野区の議員さん)が、「加藤木さん、石川先生がお話をしたいって」といって、携帯電話を差し出してくれました。

昨年、石川先生という方の授業をとっていたんです。
立川のほうで「やわらぎ」という名前のNPOをやっているので、授業の時に、「【やわらぎ】という名前の由来は何なんですか」と聞いたら、「【や】のつく名前をつけたかったのよ」という答えが返ってきました(--;)
今となってはなぜ私がそんな質問をしたのかも謎ですが、答えもなかなか謎ですね。。

思い立ったらぱーっと動くところに共感できるものがあるのですが、他人に対するプレゼンス、というのか、態度表明のしかたが私と先生は真逆な感じがします。
私は、なんだかオドオドしてますからねぇ(^^; オドオドしながら突然ちゃぶ台をひっくり返す・・・。
逆に、石川先生は見るからにパワフルです。

で、今回も石川先生が今やっている活動のことで地域の状況を聞きたいということで、中野の議員さんとお話をしていて、そしてたまたま隣にいた私にも電話をつないでくれたわけですが。

オドオドしながら電話に出たら、「加藤木さん、まずはあなたの携帯電話の番号を教えてもらいたいのよ」と先生。
で、私は、「あ、はい、すみません・・・」となぜか謝りながら電話番号を教えた次第。

それで、ああ、どうせやるならいちいちオロオロしないで、石川先生みたいに堂々としているようになりたいもんだなと思いました(笑)

エサをくれと追いかけてきた猫もそうですが(←って、猫と先生を比較するなって?)、堂々としているのは武士らしくて(?)良いですよね。


もうちょっと堂々とできるようになりたいなとは思っているんですが、でも、へなへなしている醍醐味(?)というのも案外あるんです。
世の中には、強い人には従い、弱い人にはつけこむタイプの人っているでしょう。
私自身が弱っちい態度をしていると、つけこんでくる人がいるわけですから(苦笑)、ああ、いろんな人がいるんだなということが見分けられる面白さがあるのです。
ああ、この人は、私がへなへなしているから、つけこんでこようとしているんだな、とか、観察しているのもなかなか面白いものです。

課長とかでも、多数会派の議員さんに対する態度、うちの会派の池尻さんや北川さんのように聡明な人に対する態度、そして1年生議員で年齢も若くてへなちょこな雰囲気の私に対する態度、というのが、変わらずに接してくれる人もいれば変わる人もいるんですよね。

相手によって態度が変わる人というのは、たぶん、貧困の状態にある人とか高齢者とか、社会的に弱い立場にいる人に対してはきっともっとひどいでしょ。

だからいつも、「へー」と、観察することができるという楽しみがあるのです(^^;

でもね、せめていざというときにはもっとガツンと言える強さは身につけたいものです。
10年後には石川先生のようになることを目指して頑張ることにします。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/421-66e7e7dc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ